第4回風の草原リレーマラソン

11月23日に開催された「第4回風の草原リレーマラソン」に参加してきました。














DSC_0070_convert_20161123230135.jpg















このレースは一周1.2Kmのコースを37周して42.195KMを走るチ-ムレースで、まあ駅伝ですね。













DSC_0046_convert_20161123225704.jpg
















参加の種目は「男女混合の部」で参加は97チームでした。















私のチームは宮城県に所在地がある協同組合連合のチームで、12名の下は20歳から最年長の私までの幅広い年齢層で構成されてます。















私の走順は12周目、25周目、アンカーです。


















当日の気温化5度と非~常に寒い。


























なのでこれを投入。




























自分には箱根駅伝の公式グランドコート、息子には寝袋を。




















DSC_0044_convert_20161123225643.jpg





















DSC_0052_convert_20161123225900.jpg





















私が走っていないときは、これに包まっていれば息子は寒くないでしょ!
























とりあえずは「宮城風いも煮鍋」を食べて体の中から温めます。


















DSC_0067_convert_20161123230101.jpg


















DSC_0057_convert_20161123225917.jpg















10時から開会式ですが会場は結構な人数がいました。
















DSC_0070_convert_20161123230135.jpg




















DSCN0806_convert_20161123230307.jpg



















DSC_0049_convert_20161123225740.jpg





















DSC_0049_convert_20161123225740.jpg






















DSC_0050_convert_20161123225806.jpg



















昨年よりも多い感じですね(昨年は男女混合チームは70チームくらいでしたので)。

























そして11時に号砲が鳴る。
















スタートランナーは勢いよく走り出します。

















皆、速い、速い!
















すして12週目の私の番。










軽いアップダウンのコースを調子よく走り、次の走者へタスキを繋ぐ。




















タイムは4:25












おお~、なかなか。
















次の出番までは40分はあるので息子と遊びます。


















彼は広い場所が好きなのよ。

















DSCN0802_convert_20161123230150.jpg

















そして芝生が好きで、すぐに寝転がる。






















DSCN0804_convert_20161123230228.jpg
























DSCN0803_convert_20161123230207.jpg










まあ、親に似て外遊びが大好きです。

















DSC_0058_convert_20161123225940.jpg

















DSC_0060_convert_20161123225952.jpg




















そして25週目を4:40で走ってきた。























アンカーの出番は、これまた40分後ですのでお昼にします。


































今度は「山形風いも煮鍋」にしました。























DSC_0066_convert_20161123230044.jpg




















DSC_0063_convert_20161123230025.jpg





















DSC_0062_convert_20161123230009.jpg


























ざっくり言うと、宮城風は豚肉に味噌味、山形風は牛肉に醤油味なんです。























お昼を食べ終わるといよいよアンカーの出番です。



















トップギアで走り、無事にゴール!


















結果は2:45:59で13位でした。























DSC_0069_convert_20161123230119.jpg
















我々より上位は中・高・大学の陸上部のチームですから、大健闘かと!





















仕事色が強いレースでしすが、来年も走りたいです。

































スポンサーサイト

tag : 風の草原リレーマラソン

Patagonia R1(USED)

自宅近くの古着屋でこれ買いました。











Patagonia R1












DSC08627_convert_20161120163424.jpg



















価格は1,980円でした。
















R1は非常にヘビーローテーションで着ています。













最初の1着目はハワイのパウダエッヂで購入し、二着は3年に買いました。





前回のR1購入記はこちらからどうぞ
















このR1は何着あっても困らないくらいに使い勝手が抜群です。












見たところ毛玉やへたりはなく、




















DSC08631_convert_20161120163531.jpg




















DSC08632_convert_20161120163546.jpg


















デロ~ンとなっていないし、





















DSC08633_convert_20161120163608.jpg





















リブの張縮もしっかりしています。























DSC08634_convert_20161120163626.jpg





















これはお買い得でした。












これまでののと比べます。
























DSC08629_convert_20161120163446.jpg
























DSC08630_convert_20161120163501.jpg





















後ろの切り返しを見ると初代R1のようにバックに切り返しがないことをみると5~6年前のモデルでしょうか~











DSC08636_convert_20161120163709.jpg

















どちらにしても、これから散々、着倒ことになるでしょう!



























テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

第6回仙台リレーマラソン

仙台リレーマラソンを走ってきました。











DSCN0801_convert_20161119120434.jpg









私は10KMをファミリーでタスキをつなぐ部門にエントリー。
















息子の友達のお父さんと4人でゴールを目指します。











早朝にKoBoスタ宮城の隣にある、陸上競技場に向かいます。












DSC_0009_convert_20161119120532.jpg



















DSC_0010_convert_20161119115945.jpg

















本日は快晴でとても気持ちがよいです。

















DSC_0013_convert_20161119120032.jpg





















この競技場は仙台ハーフマラソンのゴール地点ですので、気分が高揚してきますね~

























DSC_0011_convert_20161119120003.jpg




















DSC_0012_convert_20161119120017.jpg













まだ、受付終了の一時間前ですが、皆さん準備に余念がない。
























DSC_0014_convert_20161119120052.jpg
















少し早めについたので友達家族を待ちます。

























DSCN0793_convert_20161119120158.jpg
















DSCN0794_convert_20161119120218.jpg











今回は一周1.2KMを周回するコースです。

























布陣は私がスタート&2周、息子にタスキを渡し1週、息子が友達にタスキを渡し1週、友達がパパさんにタスキを渡しアンカーとして3周を走ります。























息子は準備ok!


































DSC_0015_convert_20161119120108.jpg




















同じ学年のはずなのに友達とは頭一つ違います。




























DSC_0017_convert_20161119120122.jpg



















さあ、スタート担当として整列しますか~

























DSCN0795_convert_20161119120241.jpg






















DSCN0796_convert_20161119120302.jpg



























DSCN0797_convert_20161119120321.jpg


























DSCN0798_convert_20161119120338.jpg




















自撮りでパチリ。




















DSCN0799_convert_20161119120355.jpg



























DSCN0800_convert_20161119120412.jpg
























そしてスタートですが皆さん速い速い。






























すべてのカテゴリーが同時スタートなのですが、大学や高校の駅伝競争部も沢山います。


























速い速い・・・





















何とか着いてゆくと2周で10分を切ることが出来ました。



























そして息子にタスキを繋ぐ(何か嬉しい~)



















小学二年生の息子も手を抜くことなく、全力で走ります。

























顔が真剣そのもの!













私の顔も自然とほころびます。






















友達も大健闘。

















そしてパパさんも走る走る!
























凄いぞこのチーム。



























そしてあっという間にゴール!















結果は小学生ファミリー部門、33チーム中6位でした!























DSC_0023_convert_20161119120140.jpg






















楽しかった~
























また来年出ましょうね!









































テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

tag : 仙台リレーマラソン

第3回ツール・ド・いわき2016

第3回ツール・ド・いわき2016に参加してきました。










いつもの通りに、事前の物欲を満たす。











11月の福島県いわき市は寒い可能性があるので、MAVICの薄手のグローブ購入。




















DSC_0039_convert_20161112211720.jpg
















そして今回は6名で走るので、ボトルを買い揃えチーム感を出します。















DSC_0002_convert_20161112211659.jpg


















まずはNOBUさんちに集合し自転車を積み込む。









DSC_0041_convert_20161112211753.jpg










スタート地点に集合です。





















DSC_0042_convert_20161112211809.jpg




















DSC_0043_convert_20161112211824.jpg













小名浜アクアマリンパークをスタート&フィニッシュとして、海岸部と山間部を巡り被災地の「今」といわき市の豊かな自然を肌で感じるレース。










私は五カ所のエイドステーションを通過するロングコース120Kmでエントリー























私と、





















DSC_0045_convert_20161112211921.jpg




















NOBUさんは、エントリーが早くNOが一桁だったので最前列からのスタートです。


















DSC_0044_convert_20161112211858.jpg













程なく、皆と合流するために待ちましたが、最後のメンバーが500番台だったのでなかなか姿を現しません。






















次々と通り抜けるライダー達。

















そこから軽快に走りエイドステーション1(やすらぎの杜 駐車場)に到着しエイド食をいただきます。















DSC_0046_convert_20161112212003.jpg



















DSC_0047_convert_20161112212020.jpg





























DSC_0048_convert_20161112212037.jpg














チェレステ千葉はすでにヘロヘロ状態です。
















DSC_0049_convert_20161112212057.jpg











そしてここから、すこしアツプダウンが続き、自然とチームの間隔が長くなったので、私は最後尾につき初心者のチェレステ千葉のフォローに入る。














励ましながら何とかエイドステーション2(鶴の足湯)に到着し、熱いカニ汁をいただきます。


















DSC_0050_convert_20161112212113.jpg


















食べるときは元気一杯のチェレステ千葉。





















DSC_0051_convert_20161112212127.jpg














カニ汁で息を吹き返しアベレージ30Km巡行で走り、順調にエイドステーション3(平中央公園)に到着。





















DSC_0052_convert_20161112212145.jpg




















DSC_0056_convert_20161112212324.jpg























DSC_0055_convert_20161112212254.jpg























DSC_0053_convert_20161112212208.jpg















チームみんなでパチリ。


















DSC_0054_convert_20161112212227.jpg








ここから30KM先のエイドステーション4(ワンダーファーム)に13時までに着けば足切にはなりません。


























只今、午前11時。



























余裕です、チェレステ千葉も変顔する余裕がある。



























DSC_0057_convert_20161112212345.jpg












相変わらず殿についてチェレステ千葉をフォロー。






















スピードがあまり上がらなくなったので、チームメンバーは先に行ってもらいました。


















遅いながらも頑張って走っていると、チェレステ千葉がパンク!


























しかも、チューブもなければポンプも持っていないとのこと。













ボランティアライダーが直ぐに来てくれました。




















私はチューブを1本持っている。



















私がパンクしたら確実に二人ともリタイヤ。














そこで確実に完走するためにもサポートカーを待つこととした。





















来ない来ない、すぐ来ると言っていたサポートカーが全然こない。























やっと来てくれてタイヤチューブを調達し修理をした。

























足切地点まで15KM。

























タイムリミットまで20分だが、時速40KMで走れば間に合う。
























チェレステ千葉に『 20分間は泣き言を言わずに俺に付いてこい! 』と言い渡す。

























そこから踏む踏む。


















そして何とかワンダーファームに到着しました。


























時間13:05でしたが、大目に見てくれて次に進むことが出来ました。
























ここからは最難関の山岳ステージです。



















最後尾からのアタックのため、リタイヤを想定してかスタッフの女性サポートライダーが付いて来ることになった。

























足切り地獄で体力を使い果たした、チェレステは登りでは時速10Km切るほどスピードダウン・・・・・


















皆で励ましながら次のエイドを目指す。













下り基調ながら平地は時速40KM以上のスピードで走る。


















すると先行しているライダーを次々と抜かしてゆく。











やっと、エイドステーション5(サイクリング公園)に到着。













良かった、沢山のライダーが残っていました。



















ホッとして記念写真です。









DSC_0062_convert_20161112212430.jpg
























DSC_0058_convert_20161112212410_20161112213447643.jpg























サポートしてくれたスタッフの女性ライダーが『 皆さん今の山岳ステージの平均時速は22Kmでしたよ!!!!!、登りの速度を考えると異常な速さですよ・・・・・ 』と。



















これで16:00のフィニッシュまでには確実に間に合います。




















景色を楽しみながら、最後の難所である三崎マリンタワー前の激坂を上る。















そして夕焼けをバックに記念写真です。





























DSC_0063_convert_20161112212449.jpg




























DSC_0066_convert_20161112212515.jpg

























15:45に無事完走。






















DSC_0068_convert_20161112212538.jpg




























今回はトップとビリの両方を楽しむことが出来ました。



















また来年も走りに来よう!





























DSCN0781_convert_20161112212602.jpg












































テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 第3回ツール・ド・いわき2016

久慈川サケ有効利用調査

二日間、久慈川サケ有効利用調査に行ってまいりました。























仙台発は25:30です。



















そして5時に茨城県の久慈川に到着。






















DSC_0007_convert_20161112210238.jpg



















夜明け近くの川は静かですが、雰囲気がヒシヒシと伝わるようです。

















DSC_0004_convert_20161112210130.jpg




















DSC_0006_convert_20161112210219.jpg


















まずはタックの準備を厳かに行う。

























DSC_0005_convert_20161112210200.jpg
















そして午前七時、開始のフォンの合図で釣り開始!



















DSC_0008_convert_20161112210309.jpg
















漁協の人がどこでも釣れるというので、空いていた下流の常磐線鉄橋の下でキャステイング。



































真剣にキャスティング。




















そしていると、上流側で歓声と、魚が盛大に跳ねるがしてポツポツと釣れ始めたようだ。
















我ら、河口側の4人はルアーを変えても、塩サンマをこまめに変えても、はたまた、赤イカ大将に変えても全く反応がない・・・


















何なのだ・・・と、ボウーゼンとなったままお昼を迎えました。





















DSC_0009_convert_20161112210333.jpg























まあ、仕方がないからコーヒーでも飲みますか~





















DSC_0010_convert_20161112210352.jpg





















偵察にとブラブラ歩き、サケとファイトするアングラーに声援を送る(心の中では、ケっこの野郎、バレテしまえ~、バレテしまえ~と呪文を送る)











本部テントではこの日の調査結果を貼り出す。



















DSC_0014_convert_20161112210537.jpg
























DSC_0013_convert_20161112210434.jpg
























お昼の時点で参加者70名で39匹が釣り上げられた。
























我ら4名、投げるも投げるもコツリとも当たらない。






















そうして1日目調査終了の14:00を迎える。
















そばしボーゼンとし、ボーゼンとしたまま本部が振る舞うサケ汁をいただく。






























DSC_0011_convert_20161112210414.jpg




















疲れた心と体に染みわたりシミジミと美味い。


























その日の宿は漁協が指定したホテルに泊まるのですがチェックインまで時間があるので、なか港の周辺施設を散策します。






















DSC_0019_convert_20161112210621.jpg













皆でスマホを駆使し、夜の宴会するお店を探す。





















条件は①地の魚が食べられるお店②飲み放題があるお店である。












特に我らは激しく飲むので飲み放題はマストなのだ。





















そして探し当てたのだホテルからタクシーで20分程度の「大みか駅」の前にあるお店になった。













DSC_0020_convert_20161112210640.jpg






















早速、皆でビールで乾杯し30秒で飲み終わる。






















次ぎ次ぎ注文する。






















DSC_0022_convert_20161112210725.jpg


















DSC_0026_convert_20161112210749.jpg
















DSC_0027_convert_20161112210828.jpg











 


沢山飲んで、沢山食べたが、ヘロヘロになりまともな画像がありません。





















そしてホテルへの帰りのタクシーを捕まえたら運転手が行きと同じ人というミラクルも体験。

































翌朝である。




















二日目は初日の反省を活かして早くから受付に並び、初日に数が出ていたポイントに陣取る。






















厳かと朝飯を食べて、
























DSC_0030_convert_20161112210849.jpg

























心静かにタックルを準備する。















DSC_0031_convert_20161112210909.jpg

























いよいよスタートの7:00ががやって来た。























DSC_0032_convert_20161112210929.jpg
















ファーストキャストすると10秒後、ガツンと当たりがあり強烈な引きがあった!















巨大なタモを手にした漁協のオジサンが走ってくる。






















『兄ちゃんこれはデカいな~、釣り上げたら本日最初の一匹だよ!』と・・・






















焦りと照れ隠しから曖昧な笑顔でヘラヘラしていたら、突然とスッポ抜けた・・・・・・






























バラしたのだよ、昨日の呪いの呪文が自分に跳ね返ってきました。


























ホントにホントにボーゼンです。



























そして、隣の仲間であるジムニーザキヤマがヒット!






































がっ、奮闘するもテトラに潜り込んでしまい痛恨のバラシ・・・・・・

































ううっ、残念・・・・・




























お互いボーゼンとして顔を見合わせる。
















そして、日が高くなって来た頃、





















ジムニーザキヤマが初ランディング!















DSC_0036_convert_20161112211012.jpg




























いや~、頑張った!



























結局、我らチームの成果は、私1バラシ、ジムニーザキヤマ1ゲット1バラシ、ベガ氏1バラシ、山岳隊長0当たりと散々でしたが、チーム坊主は何とか免れました。


























そして穏やかな気持ちのまま、調査最終の14:00を迎え、本日のサケ汁を頂く。





















DSC_0035_convert_20161112210955.jpg





















うん、シミジミと美味い!






















昨年行った、釣れ過ぎる寒河江川より、こちらの方が楽しいかもしれない!















来年は必ずリベンジしますよ~

























テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

tag : サケ釣り 久慈川

鮭資源有効利用査の準備

毎年の今頃は、我らアウトドアチーム「 閖上テトラーズ 」恒例のサーモンフィッシングの時期です。



















東日本大震災以前は、宮城県気仙沼市の小泉川でしたが、漁協施設は津波で消失しました・・・




























その後は山形県の寒河江川。



























そして今年は茨城県の久慈川です。












日程は11月3日~4日。

















会社も有給取りました!

























一年ぶりにルアーケースを開けてみると・・・























IMGP2716_convert_20161031224105.jpg

























うあ~、グチャグチャ!

















とにかく、フックをシャープニングします。





















IMGP2718_convert_20161031224123.jpg
























そして今年はこれらを追加。



















IMGP2719_convert_20161031224139.jpg



















サケ釣り本場、北海道では定番である「 浮きルアー 」





















IMGP2721_convert_20161031224211.jpg



























そしてタコベイト。























IMGP2720_convert_20161031224155.jpg

























さらにルアーを1個100円でゲット。


























IMGP2722_convert_20161031224232_20161031231209364.jpg


























作成、作成~




















IMGP2724_convert_20161031224248_20161031231210bff.jpg























IMGP2726_convert_20161031224321_20161031231212500.jpg
























ルアーはPEとナイロンをチョイス(いつの間にか、ナイロンの巻きがこれしかない・・・)
























IMGP2727_convert_20161031225820_20161031231213e45.jpg























ロッドはシーバス用の902です。












IMGP2730_convert_20161031225839_201610312312151cb.jpg





















もっと長いロッドが欲しいのですが、貧乏なので買うことが出来ません。


























久慈川はメスも採捕OKなのでイクラがゲット出来るかも~



















まあ、メスでも持ち帰りOKってことは、それだけ釣れないということでしょうが・・・



















テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード