パドリングジャケット

これ、自宅近く古着屋さんで買いました。














GEDC2274_convert_20140225221021.jpg



 






これはカヌー用のパドリングジャケットです。













以前、patagoniaのカヌー・カヤックのラインアップにLOTUS DESIGNS(ロータスデザイン)といカテゴリがありまして、LOTUS DESIGNSと言うパドリングギアを作るメーカーがパタゴニアと提携したという感じでしょうか。


















ネットサーフによると2006年まではパタゴニア(patagonia)のパドリングジャケットもライフジャケットも全部
ロータスデザイン(LOTUSDESIGNS)のロゴで販売されていたようです。














GEDC2278_convert_20140225221818.jpg






















GEDC2277_convert_20140225221232.jpg

















GEDC2279_convert_20140225221854.jpg











前みごろや、両袖のガスケットも全くヘタレも劣化もありません。
















GEDC2280_convert_20140225221918.jpg











裏を返しても止水シームも全く問題無し。













GEDC2281_convert_20140225221936.jpg









ポケット周りも擦り切れも全くない。
















GEDC2282_convert_20140225221957.jpg











なんだよ、新品同然じゃん!!!














これは掘り出し物でした。











なんと言っても、価格は250円。











ハイ、250円











だから250円ですよ!!!!














この価格設定はなんだろう!!!
















アウトドア系を扱う中古ギアや古着屋さんではこうはいかない。











やはり街の古着屋ってのが鍵です。











だってパタゴニアは若者にとってはお洒落アイテムですから、同じパタゴニアといえどもパドリングジャケットは不要なんでしょ。










でも私のように実践アウトドア派にとってはナイスイテムです。


















すでに持っているPatagoniaパドリングパンツと合わせるとこんな感じです。













GEDC2284_convert_20140225222030.jpg










良いね、良いね~



















でも昨年、カヤックに乗れたのは二回だけですけ、川遊びにも使えそうですねえ~


















スポンサーサイト

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

tag : パタゴニア シーカヤック アウトドア

冬の泉ヶ岳

朝に起きたら快晴。







本日に予定していた家族関連業務もどうやら中止らしい。










寝癖の髪でアクビをしながらコーヒーをすする。









『あっ、山に行こう!』











で、早速、相棒のコーヒー屋にメール『今から取材に行くぜ!』










てな訳で、押取り刀で山へ向かう。














今回は始動が遅いので、仙台市の近郊にある泉ヶ岳へ向かう。















これが泉ヶ岳の全容。












IMGP3380_convert_20140223231319.jpg


















現地に到着し登山口へ向かう。












IMGP3351_convert_20140223230217.jpg













この時点で11:30。











無雪期のコースタイムは登頂まで二時間。











ここで相棒と約束。










『14:00まで登るけど、もしピークが目の前でもタイムオーバーならそこで引き返すことにしよう』













登り初めが遅いのはもとより、ここらへんは二時になると風向きが一変するので注意が必要です。
















そしてハイクアップ。








しばらくは踏み跡が明確でスノーシューは不要でした、というか軽アイゼンのほうが良かったかも。

















IMGP3352_convert_20140223230304.jpg















やあ~、気持ちが良いですね。















IMGP3353_convert_20140223230337.jpg















IMGP3354_convert_20140223230403.jpg













順調に上り詰め工程半分の距離にある「水神」に到着。















IMGP3356_convert_20140223230447.jpg












ここでのタイムは12:37













IMGP3357_convert_20140223230528.jpg















ここでは休憩せずどんどん登る。














だんだん斜度がきつくなる。



















IMGP3358_convert_20140223230558.jpg














IMGP3359_convert_20140223230635.jpg












ここまで来ると、だんだんと眺めが良くなります。












IMGP3361_convert_20140223230656.jpg














急坂をガシガシ登って行くと、工程の5/3に位置する「大岩」に到着。
















IMGP3364_convert_20140223230818.jpg















そして頂上直下の「さいの川原」に到着。














IMGP3369_convert_20140223230845.jpg














そしてここから頂上へ!















IMGP3370_convert_20140223230912.jpg














後続するコーヒー屋もお疲れの様子です。





[広告] VPS















息を切らせ、ハアハアしながらやっとピークハント。











IMGP3372_convert_20140223230948.jpg















[広告] VPS















IMGP3373_convert_20140223231007.jpg











タイムは13:29、上々なタイムです。

















IMGP3374_convert_20140223231043.jpg



















10分程遅れて相棒も登頂。












[広告] VPS


















しかし吹雪いてきたので山頂では休憩せず、息を整えただけで下山する。


















[広告] VPS

















[広告] VPS




















下山も超ハードでナルゲンに入れたドリンクも残り僅かです・・・
















IMGP3375_convert_20140223231107.jpg

















やっと、工程半分の水神まで下山すると先行したコーヒー屋が本領発揮すべくコーヒー豆を挽いていました。

















IMGP3376_convert_20140223231131.jpg













なにはともあれサントリーのオールフリーで乾杯!















IMGP3377_convert_20140223231208.jpg













そしてゆっくりと挽きたてのコーヒーを二杯飲んで、ユルユルと下山開始。


















ここらへんになると気持ちの余裕げ出来てきて周囲にも目を配ることができました。














IMGP3378_convert_20140223231227.jpg













IMGP3379_convert_20140223231247.jpg













カリカリの冬山じゃなくても十分に楽しいね~

















雪解け前にまた来たいですね~



















テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

tag : 泉ヶ岳 スノーシュー 仙台市 アウトドア

ヤフオクしかない・・・

家人への丁寧なロビー活動の末、2台目の自転車購入の許可がでました。











GEDC2273_convert_20140216141615.jpg












欲しい自転車は決まってまして、それはイタリアの気鋭のメーカーであるKUOTA(クオータ)のKHARMA EVO(カルマ エヴォ)です。




























フルカーボンフレームでエッヂの効いたエアロ形状がイカしたラテンのバイクです。











でも、許可が出やすいように価格を過少申告していたので10万円足りない。













車体は無論、ペダルやビンディングシューズも必要ですから。











何とかしなければならないけど、お金がない。















考え中・・・、考え中・・・、考え中・・・












あっ、そうだ、不用品をヤフオクで売ろう~

















ってなことで、屋根裏部屋で物色しました。












するとBarbourのゲームバック(魚や猟果を入れるバック)や、












GEDC2247_convert_20140216134314.jpg












アメリカ海兵隊のレーション(野戦食)















GEDC2244_convert_20140216134252.jpg













歯科医の友人が新婚旅行の際にフロリダで買ってきてくれたALFA ROMEOのフロントプレート(ナンバープレートのところに取り付ける)









GEDC2242_convert_20140216134218.jpg














これはアルファロメオの前に乗っていた「 FIAT ABARTH 」のABARTH(アバルト、英語ではエイバース)エンブレム。














GEDC2249_convert_20140216134358.jpg










それから昔、家人にあげたヴィヴィアンウエストウットの時計。












GEDC2269_convert_20140216134827.jpg

















GEDC2272_convert_20140216134936.jpg
















でも妊娠の為、わずか半年で使わなくなりました。(体質が変わり金属が苦手になったらしい)
















GEDC2271_convert_20140216134901.jpg













そしてこのBOXも発掘。














GEDC2248_convert_20140216134335.jpg












これは以前、喫煙者だった頃に使っていた喫煙具達です。
















GEDC2252_convert_20140216134418.jpg












皆さんお気づきのように、私はコレクターですから、この他にも
















ダグラスライターや












moblog_f2632f10.jpg











巻火薬で発火するスピットファイヤー















moblog_42919363.jpg










ベトナムジッポー等々、30個は所有していましたがタバコを辞めた時に大部分を友人へあげちゃいました。








それで手元に残ったのがこれだけでした。












例えばこれはタケオ・キクチの革巻トノー型ライター。












GEDC2256_convert_20140216134458.jpg










結構、気に入ってました。














GEDC2258_convert_20140216134521.jpg














そして、これは1950年代製の「 DUNHILL ”オート・ローラライト”セミオートマチック 」です。











GEDC2260_convert_20140216134547.jpg












GEDC2268_convert_20140216134743.jpg









ガスではなくオイルライターです。












GEDC2263_convert_20140216134608.jpg











セミオートマチックとは『フリント回転ローラーを回すと同時に自動的に上蓋が開く』ということ。










GEDC2266_convert_20140216134629.jpg









いわゆる、蓋を指で開けるマニュアルタイプではなく、蓋を閉めたまま、ローラーを回すと蓋も開き同時に着火もする
他のメーカーにはない機能なのです。











GEDC2267_convert_20140216134725.jpg











しかもこのモデル以降のダンヒルにも採用されていないほど珍しいライターです。














このライターはフランスに語学留学していた友人がお土産として蚤の市で買ってきてくれました。









壊れていたのですが、私が日本で修理に出しました。












その修理代は50,000円もしましたが、修理業者曰く『5万円出しても直す価値がありますよ!』と言われました。











まあ、バブル終末期でしたから。













そんなこんなで、なんとかしてあと10万円を工面しなければね~














最悪の場合は、もう1ランク下のモデルであるKUOTA KORSAにするかだな・・・











YOUTUBEにあったKUOTAの動画




























二つ目のオーバーホール

オーバーホールに出していた時計が戻ってきました。













GEDC2228_convert_20140209172124.jpg












これ「BREITLING COLT AUTO(ブライトリング コルト オート)」 Ref.A13035.1 Ser.4267 です。














GEDC2231_convert_20140209172155.jpg









このコルトを買ったいきさつは以前のブログでも書きましたが、当時乗っていたアルファロメオ スパイダーという真っ赤なオープンカーに似合う時計として購入しました。


















私はブライトリングの「クロノマット エヴォリューション」というモデルをもう1台もっていますが、比べてみるとコルトのケース径はエヴォリューションより一回り小さいですね。
















GEDC2234_convert_20140209172221.jpg















GEDC2237_convert_20140209172253.jpg












今年、オーバーホールが必要な時計は「オメガシーマスター」と「タグホイヤー フォミュラー1」の二本。



















機械式時計の維持はお金が掛かるな・・・












ちなみにこのコルトは子供3号(現在5歳)が成人した時にお祝いで渡す予定です。











GEDC2239_convert_20140209172318.jpg









コルトを購入したエピソードはこちらから!!




ブルーマオマオのHPはこちらから。













テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : ブライトリング BLEMAOMAO

活性にごり酒

いや~、今日もハードなお仕事でヘトヘト・・・











でも今晩は楽しみがあるので、アゲアゲで帰宅です。











そのアゲアゲ要因とはこちら!











GEDC2190_convert_20140209171452.jpg














これは純米活性にごり酒、あさ開の「十一代目源三」です。








ネットをサーフすると活性にごり酒とは、活性とあるので火入れしていない状態で、つまりは酵母が生きているらしい。











そして、 火入れしていない酵母が生きているものは瓶詰め後も発酵が進んでいき、 瓶に細工が無いと中のガスがどんどん増えていきますので保存や取扱には注意が必要とのこと。














だから瓶首には開栓注意の札と、










GEDC2191_convert_20140209171510.jpg











瓶の後ろには、何やら物騒な注意文言がある。











GEDC2193_convert_20140209171529.jpg










さて今晩はお酒が主役なので肴は簡単に作れるもので。













こんなの駅地下の魚屋で購入しました。













GEDC2175_convert_20140209171316.jpg













カジキマグロとホタルイカ。












チャッチャッと作る。










さっと湯通ししたカジキとホタルイカの刺身二種と、








GEDC2176_convert_20140209171352.jpg









ホタルイカの酢味噌和え、










GEDC2180_convert_20140209171414.jpg











カジキマグロのユッケ風(白ゴマが無いのがご愛嬌)、














GEDC2182_convert_20140209171432.jpg













さあて、準備完了です!












GEDC2200_convert_20140209171548.jpg












いよいよ活性にごり酒!!












GEDC2205_convert_20140209171639.jpg










うう~ん、美味い。









ドブロクのようではあるが、ドブロクより爽快感があります。







美味~い









普段の日本酒は辛口ばかりですが、これはこれで美味しです。













肴はお手軽の割には、このお酒との相性が良かったです。














GEDC2206_convert_20140209171705.jpg












GEDC2209_convert_20140209171733.jpg













GEDC2214_convert_20140209171816.jpg














GEDC2211_convert_20140209171754.jpg












うう~ん、今晩も自宅泥酔決定ですね~。











さあ、明日も頑張ろう!!












テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : 晩酌 仙台 あさ開 日本酒

大雪ですが・・・

二日酔で朝起きたら大雪で大変なことになっていた。











GEDC2218_convert_20140209171841.jpg











仙台市では観測史上3番目の積雪だって!












ここに家を購入してから7年になりますが、初めての雪かきです。














こんな日は家で大人しくしていれば良いのだけれども、男には行かれければならない理由があるのだ。









それはPatagonia仙台ストアのSALEなのね~












Patagoniaはひと揃持っているので、そのモデルが新しいかどうかの違いだけであまり触手が動くものがありませんでした。













でも、こんな日に行ったのだから何かを買わなければ~













そんで、買ったのはこれ。















GEDC2221_convert_20140209171904.jpg















「Beanie Hat」と、













GEDC2222_convert_20140209171929.jpg
















 

「MW Merino Glive Liners」です。













GEDC2223_convert_20140209172006.jpg











このグローブライナーは10年くらい前にハワイのパウダーエッヂで購入して以来、春秋のシーズンに重宝していましたが、使いすぎで穴が空き、その穴を何度も縫って使ってましたが、ついに装着するには恥ずかしいほどボロボロになりました。








ビーニーも既にもってますが、











GEDC2226_convert_20140209172055.jpg

















このビーニーは色合いが良いので、雪のフィールドだけではなく早春や晩秋のポタリングでも重宝しそうです。





















遅七草

これ自家製の乾燥米でして、自分勝手に「ドライライス」と名づけました。








IMGP3315_convert_20140201183723.jpg










普段はこのように一食分をジップロックに入れて冷凍しておき、登山の時などではザックに放り込んでおきます。











IMGP3321_convert_20140201183838.jpg











これはトマト味のドライライスと乾燥トマト、乾燥シメジ、乾燥小松菜、コンソメ、塩を入れたイタリアン風ですが、このようなレシピを沢山考案して楽しんでいます。












ちなみに昨年の3月に扶桑社から全国発売された「かんたんサバイバルごはん」にも、私のレシピが紹介されていますよ。












IMGP3317_convert_20140201183819.jpg











ところで先日、こんなのスーパーで発見。















IMGP3324_convert_20140201183859.jpg











いいね~、ドライフードだね~









んじゃ、行きますね!











IMGP3325_convert_20140201183925.jpg














この他にはこんなの用意します。














IMGP3327_convert_20140201183944.jpg












作り方は簡単。











トランギアに白米のドライライスとドライ七草を入れる。









IMGP3328_convert_20140201184001.jpg













適当に水加減。















IMGP3331_convert_20140201184019.jpg











んで、火器に点火して沸騰したら弱火にし、焦げないようにかき混ぜる。

















IMGP3332_convert_20140201184037.jpg














IMGP3334_convert_20140201184106.jpg










沸騰後3分でこんな感じになる。
















IMGP3338_convert_20140201184135.jpg















塩で味付けをして、













IMGP3340_convert_20140201184202.jpg









好みの柔らかさになれば完成。














IMGP3341_convert_20140201184233.jpg













あとはこのまま食べるなり、シェラに取り分けるなりしてください。













IMGP3346_convert_20140201184329.jpg














IMGP3344_convert_20140201184255.jpg










早速、一口!









IMGP3349_convert_20140201184345.jpg













七草って初めて食べましたが、まんま草の味です・・・・




















その他のドライライスレシピはこちらから!
































プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード