本当に偶然だなあ~

私の仕事は営業部門なんですが、完全に内勤なので外出することはほとんどありません。






でも先日、どうしても外出しなければならない用事がありました。








その帰りに馴染のPatagonia仙台ストアに寄ったら偶然に限定セール中でした。












そして偶然にお昼休憩時間で、さらに偶然にも持ち合わせがあったので買っちゃいました、これ。














GEDC0223_convert_20130223212833.jpg







「 TRAVERSE JKT」 トラバースジャケットです。









価格もお手頃でした。









GEDC0218_convert_20130223212908.jpg











私服は殆ど、ここんちの洋服を着ています。













GEDC0224_convert_20130223212938.jpg













さあ、これをどのようにして家人に見つからないで自然にクローゼットに入れるかだ・・・・










いつものように、『えっ、これ昔から持っていたじゃん』計画でいくか・・・









まあ、そんなこんで気分がよいので晩酌の肴を作ろ~











材料はこんな感じ。









GEDC0230_convert_20130223213007.jpg













まず、アナゴを二つに切り分けてグリルに入れる。












GEDC0232_convert_20130223213042_20130223215033.jpg
















ホタテはバター焼きにするので、調味料をあれやこれや。












GEDC0234_convert_20130223213238.jpg













それからこれは何か。











GEDC0240_convert_20130223213415.jpg








スーパーで120円で買ったのは「プチプチえび辛子マヨネーズ」










GEDC0237_convert_20130223213521.jpg










それじゃ、作るよ~






ホタテに小麦粉をまぶす。











GEDC0241_convert_20130223213603.jpg








そうしたら、油で焼き色が付くまで焼き、味醂・砂糖を入れてさっと煮込み、バターと醤油を入れて水気が無くなるまで煎り付けます。














GEDC0243_convert_20130223213648.jpg












GEDC0247_convert_20130223213747.jpg










GEDC0250_convert_20130223213905.jpg














さあ、諸々と完成したのでアップ行きます。












GEDC0251_convert_20130223213937.jpg











GEDC0254_convert_20130223214009.jpg











GEDC0257_convert_20130223214049.jpg










では、頂きます、お疲れ自分。









GEDC0259_convert_20130223214132.jpg



















ホタテのバター焼きバター焼きは、小麦粉をまぶしたことで味わいが深くなります。










GEDC0265_convert_20130223214203.jpg















このマヨネーズプチプチは、んん~ん、イマイチ・・・










GEDC0266_convert_20130223214232.jpg











「アナゴの白焼き」は美味いね~










身はふっくら、皮はパリパリ、これ最高!











今夜も自宅で泥酔確実です。












さあ、明日は何をして遊ぼうかな~




スポンサーサイト

ドライライスレシピNO.15

今回はドライライス(自家製乾燥米)を使ったレシピNO.15『小松菜とキノコのトマトリゾット』をご紹介します。











材料はこんな感じ。




GEDC0145_convert_20130217190354.jpg






各乾燥品と白ワイン、チーズ。









乾燥品を詳しくご紹介すると、










GEDC0147_convert_20130217190418.jpg










左下から時計回りに、乾燥シメジ(自家製)、乾燥トマト(市販)、乾燥小松菜(市販)、そして中央は固形ブイヨン(使うのはこの半分の量)です。












こちらトマト味のドライライス(自家製乾燥米)です。













GEDC0148_convert_20130217190441.jpg










早速、調理に掛かりますが、どのバーナーにしようかな・・・








GEDC0150_convert_20130217190508.jpg










作り方は凄く簡単。










チーズとワイン以外の材料を入れるだけ。












GEDC0155_convert_20130217190535.jpg










これに適当に水を入れる。











GEDC0157_convert_20130217190606.jpg










それからバーナーを中火で点火。










GEDC0164_convert_20130217190639.jpg














沸騰後の1分ではお米にわずかな芯が残る感じまで戻ります。














GEDC0166_convert_20130217190703.jpg










コッフェルが焦げないようにかき混ぜます。











GEDC0167_convert_20130217190818.jpg









このみの柔らかさに煮込んでゆく(ここまでで3分位)











GEDC0170_convert_20130217190853.jpg










そして白ワインを少々加えます(無ければ入れなくてもOK!)。











GEDC0172_convert_20130217190916.jpg








ここで少量の塩を入れて味を調える。










GEDC0173_convert_20130217190941.jpg












火を止めてから、仕上げにチーズを入れる。










GEDC0175_convert_20130217191005.jpg







そして余熱でチーズを溶かします。







GEDC0176_convert_20130217191028.jpg











そうして完成です。











GEDC0178_convert_20130217191053.jpg











GEDC0181_convert_20130217191125.jpg










ほらこんな感じです。













GEDC0185_convert_20130217191229.jpg














手前味噌ですが、非常に美味いです。











1回当たりの単価は50円位でしょうか。









実際にフィールドに持っていく場合には、全ての乾燥品と塩を入れてジップロックに1回分ずつ小分けしておきます。








GEDC0140_convert_20130217190326.jpg











レシピままだまだありますから追ってご紹介します~










tag : 保存食 災害食 山飯 ワンバーナークッキング

焚火会2月例会~バレンタイン企画

週末はタマさんの秘密基地で焚火会例会でした。






まあ、季節がらバレンタイン企画です。







そんなこんなで料理は私。










一品目は女子や子供たちのために「スモア」











GEDC0097_convert_20130211222630.jpg











この材料で、マシュマロを囲炉裏の炭火であぶる。








そうしてトロトロのマシュマロをクッキーではさみハーシーズのチョコソース(必ずハーシーズです!)をかければ完成。










GEDC0098_convert_20130211222718.jpg






さあ、女子や子供が夢中なうちに料理を作り始める。











あれやこれやを仕込む。












GEDC0100_convert_20130211222918.jpg












GEDC0102_convert_20130211222951.jpg















こんな感じで炒めていきます。












GEDC0104_convert_20130211223022.jpg



















豚の塊を茹でていく。












GEDC0106_convert_20130211223138.jpg
















そうしていると玄関前で歓声や驚きの声が上がる。













私も行ってみるとイタチがゴロリ。











GEDC0107_convert_20130211223210.jpg











なんでも養鶏場で鶏を大量殺戮したイタチが捕まえられたらしい(料理に忙しかったのでうろ覚え)。












食えんのかこれ・・・





















そんでこんな感じで煮込んでゆく。












GEDC0108_convert_20130211223242.jpg















さあて、一品目完成。













「インゲンの酒盗炒め」












GEDC0110_convert_20130211223327.jpg


















そしてこれは「ラッシー」













GEDC0112_convert_20130211223402.jpg















ラツシーといえばカレー。













今回はタイカレーの「イエローカレ-」です。












GEDC0113_convert_20130211223500.jpg














さらに、こんなプレートに盛れば気分は増します。










GEDC0116_convert_20130211223534.jpg














お次は卵黄を凍らせて自然解凍させた「黄身時雨」、これに山葵漬けと荒塩を添えます。













GEDC0119_convert_20130211223638.jpg















室内は老若男女、各界のエキスパートが集います。















GEDC0120_convert_20130211223714.jpg













GEDC0121_convert_20130211223739.jpg














女性たちはモモクロを踊りまくる、お子様たちはゴールデンボンバーを踊ります。











我が三号もピョンピョン跳ねて踊る。









金爆の『女々しくて!女々しくて!切ない、いいよ~』の部分ね。












可愛いね~、我が息子よ。












ハイ、ゆで豚あれこれ完成。









GEDC0122_convert_20130211223811.jpg









中華系(花山椒)の風味が秀逸です(のはず・・・)

















これは「マグロ、沢庵、納豆、塩大蒜」










GEDC0125_convert_20130211223849.jpg









お酒が進むはず・・・、たぶん。

















これはどうだ、ベトナムの「フォー・ガー」













GEDC0129_convert_20130211223919.jpg












鶏でじっくりとスープを取りました。















パクチー(香菜)とライムの味がベストマッチ。










他にも色々と作りましたが画像をとるのを忘れた。















今回も疲れた~














私の料理は酒飲み用なので、味付けが濃いので酒を飲まない方には味が濃すぎのかのかもしれません。











すみません、女子や子供。















庭では焚火の周りで子供たちが歓声を上げる。










GEDC0131_convert_20130211223949.jpg











我が家の1~3号もご機嫌です。











朝、二日酔いでフラフラと起き上ったら、外は雪でした。










GEDC0133_convert_20130211224019.jpg
















秘密基地の森も静まり返ります。















GEDC0134_convert_20130211224047.jpg
















朝ごはんは女子たちが担当。










すげ~、大家族の朝食です。














GEDC0135_convert_20130211224115.jpg













今回も楽しめました。








次回の3月10日は関西のシンガーである「加藤愛さん」を招いたシークレットライブ。













すんごい、楽しみですね~
















tag : 晩酌

プラティパス PLATY PRESERVE

お正月の初売りの時にWILD-1で買ったのはこれ。








CHINOOk(チヌーク)のフォールディングタンブラー。





1_convert_20130201221809.jpg








そうそう、ワインのあれね。












でもさ~、そうするとさ~、欲しくならない!











欲しでしょ、これ、そう














プラティパスのワイン専用バック。







2_convert_20130201221856.jpg










はあっ・・・、またやっちゃった・・・













まあ、いいや。
















そんなこんなで、今日の晩酌はワインで攻めるぜ~












買い込んだのはこんな材料。









3_convert_20130201221933.jpg










まずは一品目の「洋風づけマグロ」












マグロをいい感じに切る。










4_convert_20130201222018.jpg
















醤油、味醂を入れたらワインを加えて和えます。












5_convert_20130201222056.jpg













これを冷蔵庫に1時間程いれて味を馴染ませる。













6_convert_20130201222136.jpg















次は「豆腐とクリームチーズのディップ」











材料はクリームチーズ、絹ごし豆腐、乾燥青ネギ、乾燥バジル、黒コショウ、塩。














7_convert_20130201222212.jpg










クリームチーズと豆腐をよく混ぜ合わせる。














8_convert_20130201222248.jpg












そうしてあれやこれや混ぜたら完成。











9_convert_20130201222335.jpg










さあ、ワインをプラティパスに入れ替えますか~












10_convert_20130201222426.jpg














そんな感じて、晩酌の準備完了。








11_convert_20130201222508.jpg









さあ、恒例のアップ。









「洋風づけマグロ」は汁気を切った後でプチトマトと混ぜ合わせます。









12_convert_20130201222611.jpg









13_convert_20130201222648.jpg









「豆腐とクリームチーズのディップ」にはクラッカーを添える。











14_convert_20130201222730.jpg












15_convert_20130201222914.jpg












んじゃ、食べますよ!












16_convert_20130201222958.jpg


















そうですか、そうですか、美味いね~










マグロとワインは思った以上にいい感じ。









ワインの代わりにバルサミコでもokですよ~。










お豆腐ディップは豆腐の水気を切ることがポイントです。











17_convert_20130201223036.jpg














ワインにピッタリです。















たまにはワインの晩酌もいいですね~







でも、本当にアウトドアでチヌークとワイン専用プラティパスを使う機会が訪れるのかなあ・・・・







tag : 晩酌

プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード