間違いなく、そこに潜む

我が家は広瀬川の川沿いにあります。












川まで本当に50歩なんです。




























先日、通勤途中に川を見ていたら川鵜に追われて大きな魚体がジャンプ!









なんだ!レインボーか!!













我が家の前の流れは鮭や天然鮎が遡上するし、一昨年は直下の堰で渇水の影響でサクラマスが大量死したと新聞に出ていた。










そして毎年ゴールデンウイークには下の堰にニジマスを大量放流しています。









だから、大きな魚体がいても不思議ではない。













今日は夕まずめを狙って釣りはじめます。









































フライかルアーかを迷いましたが、ロングレンジで広範囲を探れるルアーにしました。








































































雰囲気はビシビシとあります。


































早速、パイロットルアーで第一投。










すると、いきなりガッンと当たり。















バシッとフッキングしてリールを巻き上げると…














なんだよ、ウグイかあ~



































油鰭じゃないじゃん。













山女魚、せめてレインボーでしょ…













それからも、次々にウグイさん。












































































































魚の引きを味わうには楽しいですが、これじゃなあ…











先日に見た、あの大きな魚体はウグイのはずはない。














次はフライでリベンジです!!
スポンサーサイト

戸神山

朝、リーダー宅に集合。









リーダーは開口一番、『さっと登って、昼飯は美味しいラーメンでも食べに行こう!』











え…、ラーメンですか…










何だかなあ…











まあ、いいや『郷にいれば、ひろみに従え』、もとい『郷にいれば郷に従え』です。












『お任せします~』と私。













本日の山は「戸神山」と言う山で低山なのですが、独立峰なので眺望抜群の山らしいです。











ここの白沢浄水地から入山。

































鬱蒼とした登山道を葛折りに登って行く。
















































会話がないなあ~、このパーティーは。












手作り感満載の標識が多数。












































雑木林に混じり杉林があり、鳥の囀りも多い。



































しかし、ここは熊が多数生息する場所なので緊張します。










湧き水がある場所で休憩。


































さあ、ジェットボイルでコーヒーでも!









と、思いましたが、みんなは本当に湧き水を飲むだけです。











何だかなあ~











そうして、ガシガシ登る。











大して会話もない。

















ここから、最大の難所である『熊落ち坂』




































いや~、ここはハードだった。







































これじゃ、熊も落ちるよ~













この坂を登りきったら頂上。












ピークハントです。













































ザックを下ろし、水を飲む。





























汗が噴き出します。
















さすがに眺望が良い!























































































仙台市内が一望です。












これは凄い。














息を整えながら、見入っていました。












そうしていると、リーダーから『さあ、降りるか!』











えっ、15分も経ってませんが…















忙しい山だなあ。














そして、ガシガシと下山。












そして、びゅ~んと遠刈田温泉の共同浴場へ。




































ふう~っ、気持ち良い。













と、思っていたら、10分も経たずに皆さん上がっていった。










私は温泉に行くと、出たり入ったりで一時間は楽しみます。














『ゆっくり入っててください。』と言われましたが、そう言うわけにも行きません。











今度はラーメン屋さんにGO-


































ここは美味いらしいです。













そしてワシワシ食べる。






























今日は全体的に駆け足なのだ~

どうしたものか…

明日は、はじめてのメンバー5人と登山です。









先日、打ち合わせがてら、そのメンバーで飲みに行きました。











色々な話をしながら、目的の山や集合時間を決めて行きました。






























話が一頻りしたときに、私が『ところで、皆さん食事はどうするのですか?!』と聞きました。










なんなら、私が作りますか…、との思いもありました。











すると、








『コンビニ弁当を食べる』








『別に食べなくても大丈夫』










『食事に手間をかけるなんて馬鹿らしいですよ』









と、










「はあ…、そうですか…、私は手間をかけますが…」











とは、心の声。














気を取り直して、『コーヒーとかはどうなんです?』と聞きました。














すると、













『別に飲まないな~』








『ポカリ飲むからね~』









『インスタントで十分ですよ』












はあ~『私は豆を挽いてコーヒー入れますが…』、これも心の声。













この方達は、山の楽しみ方が私とは違うようです…












このメンバーは私がブログを書いていることは知らないし、ましてや料理好きということも知りません。












乾燥米(アルファ米的)を手作りしていることなんかも…














むしろ、私がアウトドア派ということも知らないかも。















一応、スーツの時はピリッとしてますから。


















それなのに、私が山で凝った料理なんかを作ったら、なんと揶揄されることか…











因みに私はブログをやっていることを周囲には言ってないのですよ。












むしろ、言いたくない。












別に恥ずかしいとかではないのですが…











以前、アウトドア派が集まるシンポジウムがあって懇親会に参加しました。











その時、私が広瀬川沿いに住んでいますと言ったら、『それじゃ、晴釣雨読というブログを見たことがありますか?』と言われました。















『あ、それは私です』とは言えるはずもなく。











嬉しいやら、気恥ずかしいやら、複雑な気持ちでした。













結局は曖昧な愛想笑いをせざる終えませんでした。












まあ、考えた末に、あたり触りのないものを。






















ピーナッツとレーズンを混ぜてトレイルミックスに。





























横にあるのは、カロリーの高いピーナッツビスケット。











そして、アルファ米、サラスパ、うずらの卵、ジャージャー麺のソース、キムチスープ、そしてスティックコーヒー。































日帰りにしては、量が多いですが、メンバーで初心者が一人いますので、その方の用意が行き届かない時は、差し上げようかと。














さあて、どんな山行になることやら~































※※※※※※※※※※※














帰り道、夕焼けがとても綺麗でした。

























ホーボージュンが言うところの「宇宙色」です。













今夜は目玉が目玉ナリ

今日もお安い食材を発見。








バイ貝と目玉。





























そう、めばちマグロのオメメであります。



































決してゲテモノではないのだ。











んじゃ、料理開始。









バイ貝は塩で洗い、貝殻のヌメリを丁寧に取る。































そして、メンツユ、酒、生姜で煮込みます。




































いい感じに茹でたら、「バイ貝の旨煮」の出来上がりです。




































































お次は「ドコサヘキサエン…」、もとい「マグロの目玉煮」です。














目玉オヤジを洗う。














br clear="all">


















醤油、砂糖、味醂、酒を濃いめに味を付けて、プルプル部分が堅くならないように、さっと煮る。





















あっ、目が合ったちゃった?


















いい感じになったら、出来上がりです。
















































てなわけで、晩酌の準備完成!






































それじゃ、今日もお疲れ俺。












バイ貝は、美味いです。






















































掛け値無く美味い。












貝類は唾液線を取らないと酔うこともありますが、美味いものは美味い。













さて、今夜の晩酌の目玉の目玉です。













お~お、プルプルで味わい深い。



































これをゲテモノだと思って、箸をためらうなんて勿体無い。













最高に美味い。











居酒屋でも、めったにお目にかかれません。













お肉もこんなに大きくて、食べ応え十分です。






























ビールの次はと…












これ、1号からの父の日プレゼント。


































毎年恒例の酒器です。




































少ないお小遣いをコツコツと貯めて買ってくれました。













有り難う、1号。













泡盛をハイボールで。






































今夜は心地よく酔いそうです。





























乾物パスタ

今週も本当に忙しかった。








だからこんな気持ちの良い場所に、心底癒されたりします。





































では、山メシ研究でもします~




















本日は全て乾物で作る「乾燥椎茸のぐつぐつパスタ」です。



































材料は干し椎茸、乾燥ニンニク、サラスパ、醤油、ごま油。

































まずは椎茸とニンニクをメスティンに入れて火にかける。
































沸騰したら火を弱めて三分程度煮込み、椎茸の旨味を引き出す。


































そうしたらサラスパ投入(もし面倒臭くなければ、別にサラスパを二分茹でてから、入れた方が絶対に美味しく出来上がりますよ!!)


































醤油を大匙1





























ごま油小匙1



































それで、パスタが丁度良くなるまで、ぐつぐつ煮込む。














ハイ、出来上がり~






























本当は乾燥ネギや乾燥分葱を振りかければ更にグットです。




































今日は更に。













ノンアルコールビールにトマトジュース。
































両方入れて軽くステアするとレッドアイの完成です。











































因みにビールとジンジャーエールをステアすると「シャンディーガフ」になる。










レッドアイもシャンディーガフも、上手く作る秘訣はギンギンに冷やしてから合わせることです。














ハイ、もろもろ完成。
































んじゃ、頂きますか~












うん、美味い!!




























椎茸の旨味がたっぷりでニンニクとごま油で中華風のパスタですね~






























ラー油を少しかけたら更にウマウマかもね!












ノンアルコールレッドアイもギンギンに冷えて、美味い!






































食べ終わって、ベンチにごろり。































夏よ、早く来い!







鶏アラ

いつものデパ地下でお手頃な食材を発見。















さっそく酒の肴を作ります。














材料は鶏手羽の食べずらい部分(鶏あら)、八角、ニンニク、赤唐辛子、砂糖、醤油、酒、味醂。




























鶏以外を全部鍋に入れます。





























沸騰したら火を弱めて鶏あらを投入。



























そのままの煮込む。










色が良い感じなったら火を止めて自然に冷めるまで放置。



























ハイ、飴色に完成です。






























これだけでは寂しいのでもう一品。












今度は「レタスの湯引き」です。










材料はレタス、オイスターソース、黒胡椒、醤油、酢、酒。


























鍋が沸騰したらサラダ油を少し入れる。



























こうすることによってお湯の温度が上がり、レタスを短時間でさっと茹でることが出来ます。












引き上げて、盛りつけて、オイスターソース、醤油、酢、酒を混ぜたソースを掛けてから、黒胡椒パラパラする。





























ハイ、晩酌の準備完成。


























今夜の酒は激安マッコリです。
































さあ、では早速。














レタスは最高、これならレタスを二玉は軽く食べられちゃいます。

































そんで、飴色のこ奴。





















































うう~ん、美味い。











しみじみと美味い。












八角入れたことが正解ですね。











酒の代わりに紹興酒を使えば、本格的な中華料理になりそうです。










さあ、週末は何して遊ぼうか~









※※※※※※※※※※※









今回はこれで終わりではないのだ~











鶏アラを煮た汁も無駄にしません。











ゆで卵を投入して、弱火で煮詰めてゆきます。






























そうして、冷めたらもう一品完成。






























これも、堪らない美味しさです。














焚火会

先週末は友人の木工アーティストであるタマさんの秘密基地(アトリエ&ギャラリー&別荘)で焚火会をしました。












ここはいつ来ても居心地が良いです。













ギャラリーですから作品の展示や、







































壁にはトンボやら、






























チョッパーやら、


































囲炉裏の自在鉤やら、
































盛りだくさんです。













でも私を引きつけるのはビールサーバーです。

































飲食店でもないのに常設ビールサーバー。











う~ん、気分上々。












私の本日の役目といえば、当然に料理でございます。











いつもの魚屋で買ったヒラメを捌きつつ、
































肉の塊にクレージーソルトをキツメに塗りこみグリルする。































刺身は他に鯛を松皮作りにして、ツブを捌いて「季節の刺身盛り合わせ」の完成。





































今度はセルクルを使い目玉焼きを、どんどん作る。






























そうしてバーガーの材料を盛りつける。






























レタス、キャベツの千切り、ピクルス、トマト、玉ねぎのみじん切り、そして目玉焼き。













バーンズはイングリッシュマフィンで横に、あるのはスライスチーズでその反対側にはハンバーガー袋です。





























この辺りは小技には抜かりが無いのだ~。











肉塊は良い具合になりましたよ~

































牡蠣も焼いちゃう。




























ハイ、もろもろ完成!






























肉塊から肉を削ぎ落とします。



























そして、自分の好きな具と切り落とした肉を挟んで、晴釣雨読流肉塊バーガーの出来上がり。



































さあ、好きなだけどうぞ~




























そしてこれも、晴釣雨読流スモークつけ麺です。











生麺と半熟味玉を香りが付く程度にスモークします。










後は麺を茹でて、しっかりと完璧にヌメリを取り除く。










具はスモーク味玉、メンマ、白髪ネギ、茹で豚の柚胡椒和え、海苔、魚粉を好きなだけ。
























































スープも自家製です。














こうして果てしなく焚火会は続くのであります。

メニュー決定しましたよ。

超ハードで長かった、一週間が終わった。








帰りにいつものデパ地下でお買い物。













本日は生食用馬肉とササミを購入。



























最近は肉を生食することに肩身が狭いが、馬肉は超管理下に置かれているから安心です。










チャチャと料理完成。














一品目はトリワサ。



























二品目は馬刺にニンニクと下ろし生姜を添えて。
































今日の酒は泡盛の「島唄」をハイボールで。


























んじゃ、頂きます。


























今や安心して食べられる生肉は馬刺だけなんだよね~










ても、お高いんですよ。









これで、1200円です。


























トリワサは、まあ、自己責任です。










最近は生食用肉の事故が多いけど、前までは普通に飲み屋や焼肉店で食べてました。









前も危なかったてこと??































そう言えば、明日は友達の別荘(秘密基地)で焚き火パーティーです。















料理担当は私。












事前に告知したメニューは以下の通り。









1.肉塊ハンバーガー









2.季節の刺身盛り合わせ







3.もっこ家スモークつけ麺(全部のせ)










さあ、楽しくなりそうです。















物欲フライフィッシャー~エピソード0

渓流釣り方面の友人を連れて最近OPENした「酉屋喜兵衛」に行きました。










まずはお通しにエシャロットが出る辺りは料理に期待が出来そうです。































メニューを見ると鶏肉料理を中心に秋田の郷土料理なんかも有ります。

























そして沢山の地酒。












まずは焼き鳥のタレから食べる。





























お~お、美味いじゃん。










そして定番の皮ポン酢。































今日、一緒に飲んでいるこの友人。













何度も一緒に釣行しているフライマンなんだけど、渓流では全く釣れない。











完全にOUT、いわゆる圏外です。













でも、エリアではかなり強いのだ。











かたや私。












フライで渓流デビューするものの、キャステングが上手くいかず、ランインが真っ直ぐ飛んでもリーダーがターンオーバーせず、上手くターンオーバーしてもピックアップのバックキャストをすれば枝にフライが絡まる。













う~ん、イライラする!!











てなことでルアーに浮気することしばしば、いや浮気相手宅に入り浸り自宅には帰らない状態が続いていた。












それでも渓流ルアーでは完全にメソッドを物にしていると自負しております。












でも最近は再びフライマンに戻るべくリハビリの最中なのである。












そんな我らの会話と言えば












『おまえはキャステイングは上手いが、魚のいる場所が知らないじゃない』









とか












『ストーキングが下手だし、フォルスキャストも多すぎ!さらには一か所の場所に粘り過ぎなんだよ~』









と私が言うと、すかさず













『フライを諦めた人間からそんこと聞きたくないですね~』










とか












『そんなことで、ルアーに走るなんて、まったく短気が過ぎますよ~』











などと彼がのたまい、全く持って不毛な言い合いになる。













ここからこの店一押しの唐揚げや焼き鳥塩が運ばれてきた。
































これも何杯目の日本酒だったっけ???





















最初にビールジョッキでそれぞれ5杯は飲んだ。








そして、多分これ6回目位の日本酒だったか…
















お店の人が『よくお飲みになりますね~』と言っていました。












友人が『おれ今日はあまり持ち合わせが無いんです』と今更。












『おお、良いよ、良いよ、支払はフライロッドでさ~』










と完全に酩酊間近の酔い眼で答える私。












『ならさ~エリアでも使える5番ロッドだな。でも、俺はあんまり安いものは持たないぜ~、そうだなカムパネラやSAGEやORVISがいいや』












と酔っぱらいはデヘデヘ笑うのだった。







※※※※※※※※※※※











続きは5月19日付けの当ブログ記事「物欲フライフィッシャー~エピソード1」をご覧下さい。

何とかしなければならない。

先週のジビエパーティーではバーニャカウダソースを作るために自宅に備蓄していた、「業務用アンチョビ」を使いました。










業務用だからなにせ量が多い。










大量に余っているし、いまさら冷凍も出来ない。

















さあて、どうしたものか。













考え中…












考え中…











あっ、そうだ、昼飯に河原でパスタ作ろう~















んじゃ、材料。












水菜、パスタ、白ゴマ、鷹の爪、ニンニク、アンチョビ。



























本日のクックウエアはtrangiaのストームクッカーです。











まずは水菜、ニンニク、アンチョビを切る。






























trangiaに塩を入れてお湯を沸かす。





























沸騰したらパスタを茹でていきます。





































アルデンテになったらスバヤクお湯から上げる。













そうしたら更にスバヤク、フライパンにオリーブ油でニンニクを炒める。

































はい、鷹の爪投入。



































はい、アンチョビ投入。































パスタのゆで汁で延ばす。




































そうしたらパスタと和えちゃう。































白ゴマも和えちゃう。

































最後には水菜も和えちゃう。

































はい、完成。


























速攻で御座います。











さあ、一口。



























美味い!











味はアンチョビの塩味が絶妙で水菜のシャクシャク感が堪らない。










今日はこれで決定!















さあ、また忙しい一週間が始まります。











































サイクルエイドジャパン2012

相変わらず忙しくて先週末の出来事すらブログアップ出来ませんでした。









今回は先週の日曜日に行われた「サイクルエイドジャパン2012」です。


















私は南下ルートSTAGE3/松島~仙台 65キロに出場しました。


















当日朝8:00にスタート会場に到着。












































おお~お、ブルーのSHIMANOのサポートカーだ、格好良い!!



































とりあえず受付を済ませてゼッケンを貰う。

















私はD662でした。










































スタートは車両点検を受けた者から順次スタートです。












長~い長~い、点検待ちの列。






































やっと自分番がやってきました。

















9:50スタートです。








































































これはロードレースではなくサイクリングイベントなので信号や法定速度は遵守です。











スタート地点の松島は松尾芭蕉も絶賛した日本三景のひとつです。

















絶景に心奪われながら快調に飛ばします。











いや~ロードの方々は速いですね~。














チームを参加している方々はトレインでどんどん追い抜いて行きます。
















みたところ参加車両の内、ロードバイクは70%、私のようなクロスバイクは25%、残りはMTBや電動自転車、中にはママチャリでエントリーするツワモノもおりました。




















そして順調に約20キロ地点の第一エイドへ到着しました。




















































































体はまだまだ余裕です、と言うか全くダメージ無し。













エイドではお水、バナナ、ウィダー、飴、スニッカーズ、そして味噌汁を摂取する。



































水はサイクルボトルに入れ替えます。















ここから第二エイドまでは24キロです。

























































しかしここからがキツかった。




















山間部の約10kmのアップダウンの連続で中には壁かと思うほどの激坂もありました。














死ぬかと思った、いや半死していました。










ヘロヘロになりながらも第二エイドに到着です。



























ここでもお水は重要品ですのでしっかりとサイクルボトルへ詰め込んだ。




































ここで思わぬ出会いが。










ばっちりとサイクルウエアが決まっている男性から『失礼ですが晴釣雨読さんですか?』と言われました。











どうやら私のブログにちょくちょくコメントを下さる方で、私のバイクで分かったようです。











出会いは不思議ですね~、とても爽やかな男性でしたので連絡先を交換したら良かったのにと後から後悔です。
















さあ、これれからゴールにまで20キロ余りです。











気合を入れて頑張るぜい!












でもこのステージも坂坂坂です!









死ぬ・・・、足が・・・、乳酸が・・・、軽い目まい・・・。









キツっ。
















それでも仙台の看板が見えてくると脚にも力が入ります。














ペダルを踏む、踏む、踏むぜい!

















ラストは中心部市を走るコースでした。












もう少しで終るかと思と、やったという感じより、まだまだ走り足りないと言うのが率直な気持ちでした。

















マラソンとは違う質の疲労ですね。













そんなこんなで13:00ゴール到着。





































走行時間3:10:01 











平均時速21.5キロ








最高速56.5キロでした。
















ここは、南下ルートと北上ルートのグランドフィナーレの場所ですから、ドンドンとゴールしたバイクが集結します。











これだけバイクは集まると壮観だし、格好良いバイクばかりで気分もアゲアゲです。



































ゴールしたサイクリストは牛たんカレーを食べられる。


























ここで自転車芸人の団長率いる安田大サーカスのネタが披露され大笑いでした。






























これも参加記念のTシャツです。













































帰りはこれに着替えて帰りました。












あ~あ、楽しいイベントだったな~。











このようなサイクルイイベントが東北でも頻繁に開催されるのでれあば、私もロードレーサーを買うんだけどなあ~
プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード