コネクティブトンネルタープ

我が家の1号は小6女子。








今でもパパにベッタリですが、もう少しで親離れ。










本当は去年に沢山キャンプをする予定でしたが、東日本大震災でそれどころではありませんでした。








だから今年がラストシーズンです。









虫の襲来する季節や寒い時でもキャンプをしたい。







だからこれ買いました。




























コールマンのコネクティブトンネルタープ。








ヤフオクで中古品を15000円で落札しました。











本当はゴールデンウイーク後半に予定しているキャンプの予行練習を兼ねて、自宅前50歩の広瀬川河畔でデイキャンプです。








早速、中身を出す。





























うわっ、部品多いな…










まあ、しゃないから設営開始。











汗をかきながら、とりあえず完成。






























お~お、中は広々~
































すげ~、お買い得だったかも!









と、ここで、2号から冷静な指摘がある。








『パパ、穴あいてる!』









えっ!









指をさす場所を見たら、天井に小さい穴が対で二カ所、左右同じ場所にあるので合計四カ所。

































雨漏りしないかなあ…










そして、スクリーン部分に大きめな穴が。

























虫が入らないかなあ…











オークションには瑕疵要項は記載されてませんでしたが…








まあ、仕方がない。









諦めが早い私。









しかし、設営に時間が係り過ぎ。









10時から初めて完了は11時30分。
































慣れないとはいえ、ポールを9本、張り綱12カ所、ペグ22カ所もある。









これは大変だよ…










これも、まあ、仕方がない。










とりあえず、家族を読んで焼き肉でも。





























テントから外を見ると、キャンプ場にいる気分です。


































少し引いて画像を撮りますが、この場面だけ見ると、東北随一の大都市である仙台の駅から、徒歩30分、自転車10分の距離とは思えません。

































この目の前のスポットに鮎やサクラマス、鮭が遡上して来ます。











さすがは、杜の都仙台です。










本当に偶然ですか、ラジオから、さとう宗幸の『青葉城恋歌』(知っていますかねえ~)が流れてきました。










※※※※※※※※※※※












その河原でこれを見つけました。








































「アミガサタケ」でしょうか…









ダブレット端末で調べましたが、色が違うような気がしないでもない…
























結構、大きめなんですよ。

























周辺を探したら、五十本はありました。











う~ん、食べられるのかな…
スポンサーサイト

予定は塩麹

昨日は今晩の肴の下ごしらえをしておきました。












私のブログ仲間では塩麹が話題ですので、それを使ったレシピ2種を。










材料はホタテ小柱、鯵、酢、柚子胡椒、自家製塩麹。



























まずはビニール袋にいれたホタテ小柱に白麹を入れる。

























そして柚子胡椒も。



























そうしたらモミモミ。

























続いてまたもやビニール袋に入れた鯵に塩麹を満遍なくまぶす。


























これまた優しくモミモミ。

























これらをバットに入れて冷蔵庫にて一晩放置します。

























そうして今朝は鯵に酢を注入~。





































さあて、今晩の出来上がりは如何に・・・

外めしレシピ二種

本日は所属する「エコキャンプみちのく」で来週末に行われる東北最大の音楽フェスティバルである「荒吐(アラバキ)」の説明会がありました。




























私は早めに行って、極上サイトでまったりです。






























当然にキャンプ場であれば、シングルバーナーレシピを楽しまなければ~








今回の材料は、トムヤムクンのインスタントラーメン、ホタルイカ、パクチー




























ラーメンは5パックで198円、パクチーは見切り品30円、ホタルイカは100円でした。










本日の火器はSOTOのフォールディングストーブにtrangiaのメスティンTR-210。






















フォールディングストーブはこんなに小さいんです。











このサイズは東日本大震災でも大活躍でした。













このサイズにデザイン、本当に日本の技術は卓越しています。


















































このシステムだと、収まりがgood!





























さあ、レシピ開始。











沸いてきたらホタルイカをザバザバと投入します。





























先にスープを入れてしまう。
































お~お、すでにトムヤムクン色です。












そこそこしたらラーメンを規定時間茹でる。






























仕上げにパクチーを入れたら完成!






























ビールはアサヒドライzero



























さあ、いただきます!





























お~お、美味い美味い。









まごうことなき、トムヤムクン。








辛さ酸っぱさが最高で、それに対するホタルイカの甘味がベストマッチ!











何ともこれは美味いなあ!










ホタルイカ単体でもビールが進む(ノンアルコールですが…)









お~お、プリッ、プリ

























いや~良いね、トムヤムクン。












いや、敬意を表してトムヤムクン君と呼ぶよ。












私にとってこんなことは、アグネスチャンちゃん以来のことです。

















案の定、あっという間に完食です。




















ラーメン自体は量が少ないタイプなので二品目の雑炊に行きます。










「トムヤムクン雑炊」の材料は、ラーメンの残りスープ、オニギリ、卵、パクチー。




























スープに水を加え、中身と海苔を外したオニギリ投入。































オニギリをほぐしながら煮込んでゆきます。





























良さげになったら、メスティンの蓋で溶いた卵を投入。

































パクチーを入れたら蓋をして、しばらく蒸らします。





























ハイ、完成!






























ほら、卵がトロトロ~



























美味い。








これだけを作って食べたい位です。








いや~、気持ちなあ、美味いなあ。








このまま、天幕張って泊まりたいですね~








お取り替え

過日のブログ「Regulator」ではpatagoniaのR1を買ったという記事を書きました。













購入日は3月31日(土)ですが、それから2~3回は着ましたね。












でも先日のこと、良く見たら袖口が、縫製か何かの影響なのか糸飛びしていました。












糸や繊維がビロ~ンです。











ほら、ビロ~ン。









『ワイルドだろ~』と言っている場合ではない。






























『え~っ!たった数回しか着ていないのに!!』













※ちなみに『え~っ!』の部分は千原ジュニア的に。











今までの10年来着ていた初代R1はとても丈夫で長持ちしたのですが・・・・。










patagoniaの謳い文句、











「万一、お受け取りになった時点でパタゴニア製品にご満足いただけない、もしくはご使用において十分な機能がないなどの問題点やご不満がございましたら、お買い上げいただいたショップ、またはパタゴニア日本支社までご返却ください。



製品のお取り替え、もしくは修理をいたします。


製品のお取り替えが不可能な場合にはご購入代金をご返済いたします。」










とある。









じゃあ早速、仙台店ストアに持ち込んだ。











フロアスタッフから










『柔軟剤は使ってませんか?』









と言われましたが、使ってません。











そうしたら『新品交換します』と一発回答。











そんな訳で本日受け取りです。























まあ、買ったばかりだから新品への交換は、当然と言えば当然です。











でも、あまりに酷い劣化具合です。













R1の耐久性は落ちたのかな・・・






新品なのか?

最近オープンした中古屋さんを覗いたらこんなもの発見!












迷わず、即買いです。






























全部で7,600円也。












これはコールマンのイージーロールなんです。


























4,000円でした。










もしかして新品かな・・・。










足の底を見ても汚れ一つない。


























天板も綺麗です。























これかなりお買い得かも~。













そんでこれは1脚1,800円のスリムキャプテンチェア。





























まあそれなりの使用感はありますが許容範囲です。










ゴールデンウイーク間近ですよ。










う~ん、キャンプ行きたい。











去年の分も楽しまなければ!

外めし事始め

ブログ仲間の「いとみっつん」さんが、外めしの記事を書いてました。











『お~お、最近は気温も上がってきたので我が家もデイキャンプでもしようかなあ~』と思ったのであります。









そんな訳で、玄関を出て五十歩の距離にある清流広瀬川の河川敷でデイキャンプをしました。










さあ、本題の外めしレシピ。










名付けて『サバのトマトカレーパスタ』









アレンジレシピです!









材料はトマト缶(前回の肴の余り)、サバ缶、カレー粉、パスタ(当然にスーパープロント三分)



























因みに火器はSOTOレギュラーストーブ、コッフェルはMSRのアルパインクッカーです。









さあ、作りますよ~










トマト缶にサバ缶をあけて、サバを潰しながら煮詰める。



























いい感じになったら、カレー粉をいい感じになるまで入れる。

























一味ピンとこなければ、塩で味を整えてください。









そしてパスタをコッフェルに沿って円を書くように押し込みながら茹でる。









































アルデンテになったら皿に盛りソースをかけたら完成!

























お味は…

























うん、美味い。











前回の肴レシピでトマトとカレーを合わせました。








そして食べたことないですが「サバカレー」という缶詰めが話題になったことがあります。








だからマズい訳ありません。








簡単だし美味いよ!









※※※※※※※※※※※










自宅前にいるのだから、当然に子供1号~3号も一緒です。








パスタもみんなで味わう。









追加で、ささやながらバーベキュー。


























子供達は全く足りないらしく、1号が子供達が食べる分のインスタントラーメンを作り出す。



























それでも足りなくて、ラーメンの残りスープで、おじやも作る。



























次から次にこんなことが出来るのは、自宅が近い恩恵ですね~








ほら、今度は家人がビールを抱えてやってきた。























肴の下拵え

酒の肴を買い込みました。






























これで全部で千円ちょっと。


















これは豚ガツ。

























そして豚耳。




























これはお値打ちのナマコ。



























それじゃ、肉類を下拵え。









豚ガツを茹で




























豚耳を茹でる。


























これで、10日分の肴の材料をゲットです。




























ほんじゃ、今日の分。







ナマコを裁いたのですが、残念ながらコノワタは入ってませんでした。































輪切りにしたピンク色のナマコは一度、酢で洗います。


























一品では淋しいので、冷蔵庫にあるもので肴追加。









ピータン、木綿豆腐にタレは、醤油・味醂・ごま油・酢・豆板醤。

























これを混ぜたら「ピータン豆腐」です。









晩酌の準備完成。




























今回は特に紹介するほどじゃないです。









ナマコ酢
























ピータン豆腐。


























どれも美味し。










さあ、明日は何をしようかなあ~

ニューアイテム

フライフィツシングアイテムのお話。










フライフィッシングではオモリは使わず、ライン自体の重さによってフライを投入するんです。










私のフライフィッシングは源流部が主ですのでロングキャストはめったにしない。











だからラインは#2や#3の軽くて細いラインを使用しています。
























そうするとロッドの方もLENGTH7‘6#2-3なんてのになる。



























でも先日、エリアにいった時に『もう少しバワーが欲しいな~』と思ったのも事実。











実はもう一本ロッドがある。












このロッドはLENGTH7‘#4-5なんです。





























かなり短いのですが源流部でのショートキャストには都合が良いのです。














が、あまりこのロッドを使ったことがありません。











エリアで使うには短すぎますが仕方ない。












そんなわけで買い足したのはDT4Fのライン。
























これはダブルテーパーの4番のフロ-ティングラインで、源流部にも兼用できます。












渓流解禁はしたものの東北ではまだまだ魚の活性が上がらないので、どうしても魚を釣りたいときはエリアとう選択もアリです。













そして次のアイテムは友人は作ってくれたこの「ラニヤード」です。

























盛夏で暑い時や管理釣り場へ行く時なんかはフィッシングベストを着ようかどうしようか迷ったりしまいます。












そんなときに便利なのがこのラニヤードで必要最低限のアイテムを首からぶらさげるネックレスみたいなものです。






















シャツのポケットにフライボックスやリーダーやティペットを入れて、このラニヤードを首からぶら下げればお手軽に釣りが出来るというものです。












う~ん、良いかも!

tag : 渓流釣り フライフィッシング

早春の渓流

昨日の予報。







日曜日は気温11℃ 快晴







こんな日は釣りに限ります。









気温が上がり活性が高くなるだろう時間に川に到着する。











このpatagoniaのウエーディングシューズも10シーズン目ですから表面はボロボロだし、ソールも三回交換しました。








でも、お気に入りの一足です。



































さあ、セットアップ完了。










この川はN川の本流筋ですが、あまり水深はなく沈み石も沢山あるし、何よりもブッシュを気にしなくてもよいのでキャスティングが楽々です。

























川に入り観察するとミッジサイズのユスリカがたくさんハッチしている。







石の上には16番位のストーンフライもいた。













しかしプールや溜まりにライズは見受けられない。











水温は7℃です。





























う~ん、どうしたものか…













とりあえずビーズヘッド・ヘアズイヤー・ニンフ(ロッドのハンドル部分に不格好なフライがあります)で様子を見ますか。































今年初めてのカッコウの鳴き声、快晴の空、川面を渡る心地よい風。








最高に気持ちがよい。











キャスティングも楽しい。










なあ~んにも反応がないんだよね。








フライボックスから一番小さなフライをセレクト。






























18番のパラシュート。










ミッジサイズは持ってないというより、そんな小さなフライをタイイングする技術がありません。










パラシュートをラインにのせてラチュラルドリフトを心掛ける。









瀬の中の緩流帯、岸よりの淀みを狙ってフライをプレゼン。














フライが大き過ぎるんでしょう。












何にせよマッチザハッチには程遠いようです。

















それにしても生体反応が感じられません。










まあ、いいや川を変えますか。












次はもう少し標高が高い場所にある里川のT川にしました。






























綺麗な川ですね~













それにブッシュもあまりしつこくないです。











フライフィッシングは楽しい。


































ここでも何度もキャスティング。

































結局はノーフィッシュでしたが、気分は晴れ晴れです。













これからのシーズン本番が楽しみですね~












トヨタ86 デビュー

SUGOサーキットで今日と明日に行われる「宮城県オールトヨタ モータースポーツフェスティバル」に行ってきました。


























子供1号~3号を連れてきました。









今年は4月6日に発売された「トヨタ86」の御披露目イベントです。










申し訳ない位に86には興味がありませんが「仮面ライダーフォーゼ ショー」をするらしいので、3号のためにも是非とも行かなければなるまい。









早速、白バイに跨りどや顔の3号。





























お~お、お~、是非とも公務員になってくれ~







そして86登場。

























確かに格好良いですね。



























タコメーターを中央に配置したパネルはかなり本気ですね~

























マニュアル6速のショートシフトノブもレーシー(ハンドルにもシフトレバーらしきものがあった…)














車内はかなり狭く実質はツーシーターですね。






















後ろ姿も格好良い。























会場ではトヨタレーシングチーム(GAZOO RACING)のドライバーによるトークショー。

























そして「D1」エクストリーム走行。


























(タイヤが勿体無い…)











レーシングカーの展示もある。























来場者のお目当ては「プロドライバー同乗体験 サーキットサファリ」です。










下りのコーナーをドリフト走行でドリドリとパスして行きます。









お~、すげー









































































そんな私は屋台コーナーをフラフラ。




























一度は食べてみたかったジャンボハンバーガーを買いました。





































残念ながら、お味は「ただデカいハンバーガー」、それだけです…






























肝心な「仮面ライダーフォーゼ ショート」は、なんと明日の開催でした…







今日は「スマイルプリキュア!キャラクターショー」だった。













スマン、3号よ。










パパだって「2012 SUGOレースクィーン発表会」を見たかったぜ。









どうする、明日も行くか?!

ミーティング

私は「生活感が無い」と良く言われます。









そんな私でも3児の父ですから子供達へのケアは欠かせません。











1号(小6女)2号(小4女)3号(3歳男)の構成ですが、1~2号はだんだんと難しい局面を迎えつつあるようです。













母親との関係や兄弟のこと、学校や友達のこと、そして興味があること。










家庭で聞いても母親や姉妹の手前、あまり素直に話せないようです。











ですから定期的に一人ずつ外へ連れ出して食事をします。










先月は1号の希望である「回らない寿司屋」と「パパがいつも行く焼き鳥屋」に行きたいと言うのでハシゴしてきました。











今回の2号の希望は「姉と争って食べなくて済む焼き肉屋」です。










そんなわけで、自宅近くの商店街に最近できた「ホルモンヒロ」に行きました。

























メニューはこんな感じですが、全体的にややお高めです。























取りあえずお肉を3種類オーダー。











思いのほか大きなお肉でしたのでハサミでカットです。


























さあ、存分に一人で食べな~、追加もドンドンしちゃって~。



































パパはビールをグビグビ。









天真爛漫な次女ですが彼女なりに、悩みや葛藤があるんですね・・・。











そんじゃ、君もハシゴしますか。











ここも最近できた「たまご本舗」でタコヤキを食べる。































この『伊達の夢たまご』は、ストレスが無い様に放し飼いにした鶏に、添加物がない餌を与えて育てています。


































その鶏たちが産んだ『伊達の夢たまご』でタコヤキをつくっているそうです。












昨日もローカルのTV番組でも紹介されてました。









この卵は、世界で唯一の美しい青い殻に包まれたアローカナ種の卵です。


























昔、「どっちの料理ショー」でも紹介されていました。









たこ焼きも焼きたてです。

























凡人の私には、あまり違いが分かりませんが、多分美味しいのでしょう~

































2号は他の兄弟も居ないので、安心して独り占めしてパクついてます。













おう、好きなだけ食べな。



春の新作

先日のフライエリアは5匹までキープ可能なのです。









私も2匹の魚をキープしてきました。










さあ~て、どうしたのもか。








考え中、考え中。









10年くらい前に甲斐崎圭(一年の大半を山や海などのフィールドで取材する作家、『漁師料理探訪』、『海山遊食大全I・旅する胃袋』他)が出演したTV番組で黒部渓谷の「平の小屋」を特集したときに「イワナのトマト煮込み」という料理が紹介されていた記憶があります。







でも、作り方が全く不明なので自己流にアレンジです。











題して『ニジマスのソテー、トマトカレ-味』









材料は処理したニジマス、トマト缶、オリーブオイル、バーター、黒胡椒、小麦粉、カレーパウダー、塩。


















先ず、ポリ袋にニジマスと小麦粉を入れて満遍なくまぶす(結局、カレー粉は混ぜませんでした)

















カレー粉が無駄にならないように、腹の中と表面にまぶします。









かなり強めに振りかける。
















フライパンにバターとオリブオイルを入れてじっくりと揚げ焼きにする。




















この位まで焼き色を付けました。

















そうしたらトマト缶半分を入れて、塩と黒胡椒で味を整える。
















仕上げには乾燥ハジルを振りかけて出来上がりです。







これだけではさみしい(量では無く絵的にね~)のでお肴追加。









『自己責任の鶏ワサ二種』








材料は鶏ササミ、醤油、みりん、ワサビ、鷹の爪、自家製塩こうじ。

















沸騰したお湯にササミを入れて、氷水で冷やす。




















普通の半分を醤油、みりん、ワサビで普通の鶏ワサに。























もう半分は自家製塩こうじと鷹の爪で『ササミの塩こうじ漬け』にしました。




















そんなわけで、お肴完了です。




















本日のお酒は焼酎ハイボールです。











では恒例のアップに行きますかあ~































































それでは実食しますね。










普通の鶏ワサはいつもながら美味いです。













これ鉄板。









そして新作の『ササミの塩こうじ漬け』は、驚くべき美味さ。




















塩こうじは良い仕事しますね!!ナイス。









ちなみにササミは表面に火を通してますが、残念ながら食べるのは自己責任ですね。











なんといっても昨今は、お肉の生食や半生に対しては完全な逆風ですから・・・









さて、メインのニジマスに行きます。


















一口パクリ・・・









うぉっ!!!










これ美味い!誠に美味い。








まずソテーしたニジマスの表面はサクリと食感最高。








白身はフンワリとしていて、上品な脂が小気味良いです。
















そしてトマトの酸味とスパイシーなカレー粉の相性がこんなに良いとは!










これは今まで食べたニジマス料理で一番美味い!








レシピは簡単ですし。









う~ん、キャンプ料理にも使えそうです!

エリア

今日から新年度ですね~








朝起きたら快晴でした。









本日はコーヒー屋とフィッシングエリアに行く約束です。








宮城県は3月1日から渓流解禁ですが、今年は寒さが長引いたので釣れる気がしない。








そんなわけでエリアで初釣りをして景気をつけようとの魂胆です。








場所は秋保フィッシングエリア(A・F・A)。







































受付で二時間コース、2100円を支払う。










久しぶりのフライのセットアップですから手間取りました。





























ファーストフライはエリア爆釣との誉高い「タコエッグ」














今日は微風で気温高し。









ポンドの水面も穏やかです。













































放水に合わせてラインを出し、水の力でポンド中央へ送り出す。




































いや~、誠に気持ちがよい。








何回かコツコツ当たりがありますが、なかなか乗らない。








う~ん、フライが合わないかな!?










相棒のコーヒー屋は早くも二匹を釣り上げてるから、活性は低くないのよね…











すると、ガッンと当たりがありサッとロッドを立てる。








や~っと、一匹。






































ギンギラですが、ニジマスです。










相棒がテンポ良く釣り上げてるのでカラーを聞くと黒系との返答。













自分のフライボックスを見ると♯12のデカいニンフ(ウーリーバガーみたいな)しかない。











でも、やむ終えまい。














放水も止みましたので、ポンド中央に向けてフルキャスティング。













が、ロッドとラインが非力な3番なのでロングキャスティングが難しい。








コーヒー屋は6番ロッド5番ラインを使ってるのでラインがスルスル延びていく。









チェッ、などと舌打ちしていると、ガッンと手応え。










やっと二匹目がゲット。




























ボカシ入れてませんが、遠目だから人相わからないでしょ?













お~お、良かったよ、釣れて。








その後は水面近くで魚がギラリと見えたのでマラブーを引いてみましたが、釣れませんでした。











あっという間に二時間経過。







釣果は私が二匹、コーヒー屋は十五匹(自己申告だけどね~)。







ロッドを並べ、一息つきながら相棒と釣り談義。

























久しぶりに楽しみました。








次は渓流へGO-です。







トイレの鏡でパシャリ。

































これもギリギリで人相わからないでしょ?


プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード