熊出没注意ラーメン

昨日の晩酌の仕込み(食べかすじゃないよ~)で出てきた海老の頭と豚足の骨でスープを取ってみた。



















鍋で30分位はグツグツ。





















お~お、良い匂いがしてきました。







それから、冷めた頃を見計らって、冷蔵庫へ入れておいた。







そして本日を迎える。







これはこの間、行った北海道旅行のお土産で買ってきた「熊出没注意ラーメン」


















ズバリ、北海道チックなネーミングのラーメンは、旭川市の藤原製麺さんの商品です。






















中身には個包装の細麺と、生味噌タイプのスープ。


















袋から乾麺を出して、海老&豚足スープに乾麺を投入し、火にかけること3.5分。







最後に生味噌スープを入れてお終い。








さ~て、出来上がりです。






そして、シェラカップに入れてみる。


















何故かというと、このイラストの再現ですよ。



















早速、一口。
















この麺はツルツル喉越し良く美味し。







インスタント麺にしては秀逸です。






スープは…







うん、極上。







豚足のコッテリ感と海老味噌の奥行きが付属の味噌スープと相性バッチリ。






人気ラーメン店にも引けをとらない美味さです。






ご馳走さまでした。








※※※※※※※※※※※









今回のブログはスープじゃなくて、パッケージのイラストを再現することがメインでした。






イラストをよく見るとあることに気がつきますよね~






ゆで卵とシェラカップの縮尺です。






卵を主に考えると普通のシェラカップでは小さ過ぎる…







ならば、ロッキーカップだと丁度良いのではないか!







それから探しましたね、ナチュラムやらヤフオクやら、アウトドアショップやらね。







でも、ロッキーカップはもはや入手困難であって、比較的近いのはmont-bellのシェラカップ風のコッフェルだけです。






それじゃ、買おうかと思っていたら、家人から






『そんなことの為に馬鹿じゃない。 鶏卵じゃなくてウズラの水煮缶を使えばいいじゃん』と…







お~お、それはそうだ。






たまには批判、否定、嘲笑以外のことも言うんだね~
スポンサーサイト

WILD-1

先日、仙台で3店目の進出となる「WILD-1仙台東インター店」のオープンセールに行ってきた。













行ってきたということは当然に手ぶらで帰るわけはない。







そんで買ったのはこのアイテム。















左はLIGHT MY FIREの「 アウトドアミールキット6P」で右はULTIMATE SURVIVAL TECHNOLOGIESの「ウエットファイヤーティンダーストーブ チタン」です。









価格はミールキットが3,150円を1,290円で、そしてストーブは 2,520円を680円で購入しました。
















う~ん、お買い得。





このウエットファイヤーティンダーはフォールディングタイプのストーブです。


















固形燃料であるウエットファイヤーティンダーは一度着火すると水に濡れても燃焼を続けるので天候や場所を選ばずに使えるらしい。





このマウントのサイズはエスビットでも代用できるのだろうか。






どちらにしても風防はマストでしょうね・・・。








まあ、今度試して見よ~っと。










そしてアウトドアミールキットのセット内容はプレート2枚、スピリフリーカップ(300ml)、まな板、水切り付きマルチボウル、スポーク、ウォータープルーフボックスです。


















北欧のデザインは、公園とかのピクニックランチにも良さそうです。






カリカリの縦走登山に持って行くのも、これまた一興ですね~。







そういえばこの間、激安で買った、スパイスBOXとお揃いです。
















お~お、とてもポップなビジュアルですが40過ぎのオヤジが持ち歩くには少々、辛いかなあ・・・

tag : WILD-1 アウトドア

SOLO

「ソロ」




おお~なんという、荘厳なイメージを持つ言葉であろうか。








例えば、「ソロキャンプ」は熟練キャンパー、「ソロバックパッカー」は更に自由への旅、「ソロクライマー」に至ってはもはや孤高です。






男子たるもの『ソロ』、そんな姿が似合う男になりたいものです。








んじゃ、「一人」もしくは「おひとり様」なると、どうだろうか・・・






とたんに胸に悲しみを秘めた虚勢、もしくは孤独のイメージだ。






「一人カラオケBOX」、私も経験あるが拍手されないぶん、かなり侘しいし、誰目線で歌ったら良いのか分からない。








「一人酒」なんか、もはやヤケ酒の範疇ですね。







「一人ディズニーランド」の場合もあの耳は、やはり付けたほうが良いのか。








私は一人が似合う男(というより友達が居ないのか・・・)、しかしそんな私にもかなりハードルが高い分野があった。







それは「一人焼き肉屋さん」である。






今回は満を持しての「一人焼き肉」に挑戦である。







もとい「ソロ焼き肉」に挑むのである。






私はいま、ここのお店で使えるこんなカルビ無料券を持っているのだよ・・・ 


























一人で無料券、ましてやその内、一枚はお店からの誕生日プレゼントのハガキです。







そんなものを使うとこなんざあ、かな~り孤高である。







どのくらい孤高かというと、エガちゃんの身の振る舞いに近い孤高度合いであります。







さっそく、店内に入ると






『いらっしいませ~、二名ですかあ』と。






なんだ、あんた霊能者か?




おれの守護霊・背後霊・自縛霊・浮遊霊の類が見えんのか!えっ!





と思いましたね。






出鼻からソロ焼き肉の厳しさを知る。





でも大人の私は極めてクールに『一人です』と答えた。





通された席はこのサイズ。
















チッ、グループユースの大きさじゃん。







そして通路を挟んだ隣には若い女性の四人組。






気が利かない店員だなあ。





恥ずかしいのでそそくさとメニューに目を落とす。






とりあえず、ビールジョッキー大です。















そして誕生日の「Happyカルビ」



















そして「焼きダレカルビ」を注文。
















男らしく肉を焼く図
















焼き上がったHAPPYカルビは柔らかくて誠に美味。
















とろけるようです。





こちらはタレん網の上において、文字通り焼きダレ。














にら、キムチ、ネギ、チーズの旨みが溶け合います。






そして締めにはこれ。















焼き肉と言えば冷麺ですね。







辛みは別皿でオーダー。






これをツルツルとズルズルとやっちゃう。






急いでいる訳じゃないよ。






ただただ、美味いからズルズルしゃう。






う~ん、ご馳走さまでした。






はあ~、上手かった。






ソロ焼き肉、良いじゃない、良いじゃない。






え、お店の滞在時間ですか?!







ハイ、わずか34分間でした。

橋の下で

本来だったら、定例の秋キャンプの予定でした。





が、生憎の朝から雨で明日まで降り続ける予報。








常任理事国(キャンプチームの首脳陣)が早々に中止を宣言しました。







お~お、一気に暇になりました。







ナキウサギは寂しいと死んじゃうらしいのですが、私は暇だと死んじゃう。







外は激しい雨。







こんな時は自宅から徒歩三分の橋の下で料理でもしながら、ゆっくりするのが私流儀です。

















スーパーで買った二百円也のアメリカンステーキ肉をスキレットで適当に焼く。


















塩、黒コショウ、ガーリックで適当に味付ける。

















んで、おもむろにに口へ運ぶ。
















安肉かつ、適当な割には上手い。







これは外メシが成せる技ですね~








でも、この橋の下でステーキを食べる、このオヤジ客観的にはかなり怪しい


















そして懸案だったあれを試す。







それはこのカップめん。
















最近は色々なタイプが出てきてかなり旨い。







そしてプライベートブランドであれば80円位で買えるのでかなりリーズナブル。








でも山やフィールドに持っていくとゴミがでる。








それなら中身だけをジップロックに入れて行けば良いのであるまいか。







んじゃ、やったみた。







320ミリリットル程度の水を沸かす。


















沸騰したら中身を入れる。


















本来ならコッフェルの蓋をして三分待つとこだが、柔らかくなるまで煮てみた。








火にかけること一分二十秒
















そして、たぶん出来た。







早速、一口。

















お~お、普通に上手い。






これなら三十秒位火にかけてから、蓋をしてほっといても上々の仕上がりになるはずですね。







中身は潰して持って行っても重量は変わらないのだから、質量さえ気にしなければザックの雨蓋に入れておけばオーケーですね~







今度は山で試して見ようっと。

tag : スキレット

タブレット

ついに買っちゃった





docomoの防水タブレット





























ARROWS Tab LTE F-01D








iーpad2と迷ったんですけど、防水が決め手でした。






これでブログのクオリティも飛躍的に向上するのか!






って、そんな訳ないか…

tag : タブレット アローズ

北海道土産で晩酌

今日の晩酌はこの間行ってきた北海道土産で一杯。






まず買ってきたのは合同酒精株式会社の黄金譚(こんかねたん)です。

















北海道の特産物を物語仕立ての焼酎にした紫蘇焼酎である鍛高譚(たんたかたん)シリーズのコンブ版です。








そして二品目は札幌ススキノの絶品居酒屋で出会った鮭醤油。

















同じものではありませんが千歳空港で買いました。









裏ラベルを見ると監修は、あの発酵学の大家というより、臭いものやゲテモノ大好きオジサンの小泉武夫教授。
















なんか少し不安でありますが、なにはともあれ、焼酎はロックで。


















そして肴を並べていただきます。

















今日もお疲れ様、俺。







今宵の肴はこれまた小樽市の居酒屋で食べた「イカゴロルイベ」を自家製で作りました。




















作り方は、新鮮なイカを裁き、ゴロに一塩。







それを大葉に包み、さらにイカの身で巻きました。






それをラップに包み冷蔵庫に入れて凍らせる。





以上。








刺身は目鯛、モンゴウイカ、そしてサンマを軽く酢で〆た後に表面をバーナー(SOTOのバ-ナー)で焼き色を付けました。















いよいよコンブ焼酎を一口ゴクリ。
















あっ、コンブだ・・・・






薄い出汁を飲んでるみたい・・・・








まあ不味くはないけど・・・・。







コンブはうまみ成分のグルタミン酸ソーダが豊富ですからねえ・・・ 







でもこちらのイカゴロルイベは大成功、向こうで食べた味がそのまま。


















とても美味しいのだ。







そして家人に怒られながら作った、あぶりサンマ。















おお~お、これは美味極まりない。







サンマの脂身が焙られることにより旨みが増しています。







これは上出来です。






例の鮭醤油ですがススキノで食べた醤油は、なんの臭みがなくて、旨みだけが凝縮されていましたが、お土産で買ってきたやつは、臭いが気になりますね。






かなりナンプラー寄りの仕上がりです。







やはり小泉教授ですから、臭いは残しましたね~





刺身では厳しいけど、煮物に使うとグッドかも。







コンブ焼酎は今度のキャンプに持っていこうかなあ~。






追伸、お刺身の三分の二は子供1号2号に強奪されました。







もし、あの量を一人で食べたら痛風になってしまいますよ。

初めて。

震災以来、初めて海釣りに来ました。


























毎年、仲間とこの時期までに十回は夜釣りと称して岸壁に集まり酒を飲み明かしたものです。







だからみんな置き竿。






中には竿すら出さない仲間もいる。








『俺たち岸壁に釣りに来たんだっけ?飲みに来たんだっけ?』と酔目で言うのはお約束。






多分あの地震以来、宮城県の海で夜釣りをする豪胆な人間は居ないのでは無かろうか。







ホームにしている港は津波で甚大な被害があり、いまだに海が荒れた翌日にはご遺体が打ち寄せられています。








ここは津波の被害は少なくて、ぼちぼち釣り人が戻っているらしいのです。




























今時期は何が釣れるのか分からないし、近くにあった釣具屋も営業再開していないので全く情報ありません。








とりあえず、カレイ仕掛けにGULP!を付けて投げておく。



























二時間位、昼寝して帰ります。















tag : 海釣り

ふりかけ

ダイソーで、これ買いました。

















吉野家の牛丼ふりかけ付ごはん。






お~、初めて見た!






もし、美味しければ山食で使えるかも~








中身はレトルトご飯とふりかけの小袋が入ってます。















ご飯は規定時間をレンジでチン。








そしてスバヤクかつ、しかるべく、ふりかけをふりかける。



















と、ここから五分放置してみた。

















それは何故かと言うと、ふりかけ特有のジャリジャリ感を無くすためなのでR。







すると段々と良い香が漂ってきます。






お~、牛丼スメール。







早速、一口。















う~ん、微妙だなあ…









当たらからずも、遠からず。








それなら、こうだ。



















何だか更に分からない状態に陥ってしまいました。



















遠目に見ると新しいカレーのようにも見えなくもない。







んじゃ、一口。
















うわっ、普通の卵かけご飯だ…


BANFF

今日、『 BANFF MOUNTAIN FILM FESTIVAL 』を見に行きました。


















この映画祭は世界最高のアウトドア映画もであり、世界中から厳選された250本以上の作品からグランプリ及び受賞作品を選出。








そしてその中から厳選さるた作品がワールドツアーにて世界6大陸32ヶ国で上映されます。











そしてこのイベントはpatagoniaが主催しています。


















私見たのはプログラムB


















一作品目は『 LIFE CYCLEL 』







スーパーハイビジョンで撮影された超絶のマウンテンバイクの映像です。



















二作品目は『 LIVING THE DREAM 』








人生をロッククライミングに捧げたクライミングバムの短編映画です。






三作品目は『 DEEPER 』















エクトリマースノーボーダーが信じられないくらいの絶壁を滑り落ちます。








失敗=死のヒリヒリするほどの映像です。







四作品目は『 SALT 』






南オーストラリアの塩湖であるエア湖で長期に渡る撮影を敢行します。






ありとあらゆる苦難の中、最大の障害は塩でした。








そしてメインは『 CROSSING THE DITCH 』







オーストラリアとタスマニア島、ニュージーランドに挟まれ約2200キロに渡って広がるタスマン海を二人のオーストラリアの青年が、そびえ立つ10メートルの波の壁、想像を絶する嵐、サメの大群が群をなす海、そして強い潮の流れに悩ませながらタスマン海を征服するまでの記録です。
















これ、良かった。









最高でした。







結末には思わず涙ぐんでしまいました。






いや~、不覚にも涙を流したのはハクション大魔王の最終回以来です。








でも、会場が明るくなったら結構、涙を拭いている男性がいました。

tag : BANFF

思い出した!

昨日のブログ記事繋がり。






昨日、BEーPALの『新しいテントで新しいキャンプをはじめよう!』特集を見ていたら思い出した。







3月11日の東日本大震災の前にポタリングに行ったんですよ。







そして偶然に、あるフリーマーケットが開催されていました。







会場の中央にあったのはこれ。
















MSRのパビリオン








生産中止でプレミアムなシェルターです。









とても格好良い!






中も広々していましたよ。


















凄く欲しいけど到底買えないから、友達の誰かが買わないかなあ…







ネットオークションでも20万円超え。








独身だったらなあ…













くらばら、くわばら

スタバでお昼休み中ナリ。







いつも近くに座ることが多い、常連さんである人気作家「伊坂幸太郎」さんも、新しい映画を仙台で撮影しているので忙しいのか、最近はお姿を見ていません。








最新号のBE-PALをパラパラめくる。

















今回の特集は「新しいテントで新しいキャンプをはじめよう!」です。
















ヤバイ、まことにヤバいタイミングでの特集記事。






来週の10/22~10/23はアウトドアチームで震災以来はじめてのキャンプです。








毎年はこの時期までに3~4回の野営をしていましたが、今年は自粛の雰囲気でした。







だから久しぶりのキャンプ。







楽しくないわけが有りません。






それに加え、『なんか新しいソロテント欲しいなあ~』と思っていた矢先にこの記事です。






また、散財なのか…







ヤバイ、ヤバイ、くわばら、くわばら、くわばたおはら。

体育の日パート2

我が家では、ささやかな誕生祝い。







小学生の長女と次女が、スポンジから焼いたバースデーケーキを用意してくれました。







小さい頃から私が、クッキーやケーキやマフィンなどを、遊びで焼いてあげていたので、お菓子作りが趣味になったようです。




















3歳の長男はつまみ食いしてお姉ちゃんに怒られてばかりの様子。






涙を堪えるため、仮面ライダーに変身していました。









私はいつも本ばかり読んでいるので、長女はお手製のブックカバー

















次女は栞なんですが、表はpatagoniaのフィッツロイ、


















裏は山道具のイラスト。















みんな有り難う。







本当に子供は親のことを良く見ているものですね。

体育の日

今日10月10日は旧体育の日です。







体育の日は一年で一番晴れる確立が高い特異日です。





そして私の誕生日でもある。






でも小渕内閣のハッピーマンデーのせいで10日が体育の日では無くなって久しいですね。






そして宮城県の秋の風物詩といえば「芋煮会」です。





我が住処の広瀬川でも、あちらこちらでグループがワイワイガヤガヤやってます。



































本日は快晴ナリ。


















私も家族で15分程流域を歩いてデイキャンプです。









ビールが上手い。

















眼前では鮭が背鰭を見せながら川を遡ります。







自宅前の川ではフライマンがスペイキャストでラインを操っていました。















あのお…、そこのポイントは多分、釣れないよ~







俺もさんざんやったけど駄目だったし。

松島マラソン2011

松島マラソンに出場しました。





三年連続の出場。






本来は「松島ハーフマラソン」なのですが、本来のコースが津波で甚大な被害が出たのでコースが縮小されてマラソンイベントになりました。






今年はその名も「がんばろう東北、松島マラソン」です。









私も震災以来、全く走ってませんし骨折した足の指も不安でしたから、マッタリと走りたいものです。







でもスタートラインにつくと駄目ですね~






アドレナリンが出まくりで高揚してきます。







いよいよスタートなんですが、私の前にゲストランナーの千葉真子が来て、カメラやら鬱陶しくて、サッサと前方に逃げちゃいました。








レースは快晴の中、気持ちよく走ってきました。






タイムは前年よりキロ五秒遅かったけど満足な走りができました。







やはり走ることは純粋に楽しいですね。







以下は画像の羅列です。
































































































tag : 松島マラソン

ジビエの宇宙

ジュンク堂で注文していた本が届きました。






その本とは飯田辰彦著『ラストハンター』です。


















この本は静岡県で割烹「竹染」を営みながら猪、日本蜜蜂、鮎、鰻、スジエビ、鴨、鹿を独自の方法で獲り続ける異能のハンター片桐邦雄の物語です。








帯には「舞台は遠州・天竜、猟と漁の極意」








「ジビエの世界」等々、魅力的な言葉が踊ります。






私のブロ友さんにも、そっち方向の方々がいらっしゃるので興味がありました。









そして秋の夜長には読書とお酒。








今晩はジン&トニック(敢えてジントニックとは言わない)です。
















さあ、その世界に浸りますか…









スリーブレスTシャツ

来週の10月9日は「松島マラソン」に出場します。







しかし全く走っていない。







震災以来、走る気になれませんでした。







毎年はだいたい4月頃から定期的に走っていましたが…






今回の松島もエントリーするかギリギリまでウダウダしていました。






※※※※※※※※※※※







こんな時はいつもの手を使うのです。






その手とは「何か買ってモチベーション上げちゃう作戦」







そして買ったのは







patagoniaの「 AIR FLOW SLEEVELSS TSHIRT 」です。















色も鮮やかなオレンジ。






いつもはブルー基調のウエアが多いため、自称「ブルーサンダー」ですが、今回は「オレンジデビル」であります。







こんな格好で走ってきます。







プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード