ファンキーチキン

会社の大先輩であり、アウトドア仲間でもあるVEGAさん(ブログタイトル「vegaさんのアウトドア放浪記」)と飲みに行きました。






場所は仙台中央郵便局そばにある小さな焼き鳥屋「ファンキーチキン」です。














本当は先日に拙ブログで紹介したチャイナドレス串揚げ屋さんの「将軍」に誘ったのですが、







『将軍はおととい行って来たぜい!』






とのことで、行き先を変更。 






さすがVEGAさん行動が早い。






ここの「ファンキーチキン」も以前から気になっていたお店の一つです。







店構えもいい感じ。
















店舗面積はなんと2坪。






早速、何はともあれ、当然、猛然にスバヤク、ビールの注文です。







お店オリジナルのグラスに注がれます。
















『う~ん、美味し、冷たし、心地よし!』







メニューは色々ありまが、分かりませんので、常連さんから美味しい物を聞いたり、美味しそうな料理を見たら『あれと同じの下さい作戦』で臨みます。














店内は、招き猫やレトロ調のポスター等々が飾られて雰囲気も良し。







壁には様々なお酒の一升瓶が所狭しと並べられています。
















中には「ヤマセミ」なんて名前のナチュラリストの私達には気分揚げ揚げの焼酎もありました。
















料理はデミグラスソース味の「牛もつ煮込み」、
















箸が止まらない「ガツ酢」、
















焼き鳥盛り合わせ、














そしてお店の看板メニューである「宮城森林鶏のつくね」を食べた。















どれも美味しくて、どんどんお酒が進みます。







その証拠にお会計をしたら客平均単価が2,000円程度らしいのですが、私達は一人当たり3,000円でした。





飲み過ぎましたね~





ここ、帰り道にあるので通ってしまいそうです。






※※※※※※※※※※※






ちなみに今回の画像はほとんどぼけていますね・・・。







店内が暗かったり、酔って手元が甘いせいもありますが、これが携帯電話のカメラの限界なんですかね~






当ブログ画像の全てが携帯電話カメラで撮影しています。






オリンパスのイケてる防水デジカメもあるのですが、






ブログを投稿する肝心のネット環境が整備されていないのです。






我が家はなんといまだにアナログ回線なんですよ!






PCもそこそこ新しいデスクトップなんですが、ネット接続はアナログ回線のダイアルインなので、はなからネットを諦めています。





そろそろ、ネット環境を整備しようかな・・・
スポンサーサイト

tag : 焼き鳥 仙台市

mont-bellクラブ

ブロ友である『バクパパ』さんから教えて頂いた情報の『mont-bell club フレンドフエスタ』に行ってきました。
















今年は新潟と被災地の仙台と二カ所での開催。





私はmont-bellクラブには入会していませんでしたので、入口で年会費1500円を支払い入会を済ませる。







しかしほとんどのクレジットカードも年会費無料なのに今時、年会費に1500円を取るのはある意味凄い。







まあ、いいや。






早速、アウトドア義援隊の腕章をした熊がお出迎えです。













日曜日の午後に行ったせいか、人出のピークは過ぎたようです。


























イベントはアウトレット商品の山盛りコーナーがありましたが、残念ながらあまり欲しいものがありません。























と言うか、お値打ち感がまるでない。






どんな古い商品でも上代の二割程度お安いくらい。







なかには、凹んだステンレスマグカップが五百円のように『えっ!こんな物にお金払うの?!』という商品も多い。






それでも子供連れにも楽しめるようにクライミングピナクルやスラッグラインのコーナーもあり子供の歓声が上がっていました。
















東日本大震災のボランティアの様子を記録したアウトドア義援隊コーナーもありました。
















結局、激安コーナーで見つけた、日焼けして、かつ肩口に汚れのある『シェルパ斉藤のTシャツ』八百円と、『子供用のカヌージャケット』3300円(かなり不良品)を購入しました。















全体的には『???』でしたが、既にmont-bellクラブに入会している方であれば、十分に楽しめて満足なイベントですね。







来年も仙台で開催してくれないかな?!







開催してください辰野勇社長。

tag : モンベル

初の串かつ屋さん

串揚げ屋さんに行ったことがありませんでした。






仙台には馴染みのない分野だったし(因みに炉端焼きは仙台発祥)、関西発なので、ウザイ敷きたり(ソース二度漬け禁止など)があるようなので敬遠していました。







今朝方、家人から『軍資金を出すので飲んできて宜しい』と軍資金と言うにはいささかオーバーな表現の些細な野口をドヤ顔で渡された。






そうですか、そうですか、有り難く頂きます。






てなことで今晩、自宅への帰り道にある「将軍」に行って来ました。







なんでここにしたのかと言うと、以前に通りかかった時に店内をチラッと見たら、お店の従業員の女性全員がチャイナドレスを着ているのですよ!!!







しかし決して興味本位や下心があって行ったのではなく、関西文化と4000年の歴史を誇る大国、はたまた日本経済を下支えする関西圏とGDP世界一の中国がどのように融合しているか確かめに行くのです!







だからお店を前に学者風の顔をしながら入ってみた。















青チャイナドレスから『こちらへどうぞ~』とカウンター正面を案内されたので『うむ!』渋く頷いてみた。







目のやり場に困るので、すばやくメニューに目を落とす。














そしていかにも興味なさげに『生!』と答えてみた。








カウンターには噂の二度漬け禁止のソースが鎮座している。






店内を見回すと、単独の男性客が多いように感じるのは気のせいか。

















串揚げも一本100円程度とお安い感覚です。





キャベツが盛られたシルバーのバットが自分の前に置かれたので、即食べようとしたら『串カツと一緒にどうぞ』と言われた。






『ケッ、うるせえいバカ』と頭の中で言ってみた。









ここから何本か頼むのですが、正直何が何やらどれがどれやら分かりません。






































































何故かというと、串揚げを渡してくれる揚げ担当に男性の声が小さくて何いっているのか分からん。







『おま○ど○さま○す、○○揚げです』ってほとんど分からん。







『ケツの穴から手差し込んで奥歯ガタガタ言わしたろうか』などと頭の中で言ってみた。







くだんのチャイナは、目のやりどころに困る青チャイナと、目に入らない赤チャイナの2名でした。






トイレの横には倉庫的な部屋があり扉が全開になっていましが、そこに10着位のチャイナドレスが、これでもかと、ぶら下がっていました。





う~ん、深い。





深すぎるぞ関西文化。










これはまだ分析するまで時間が掛かりますので、何回か通わなくてはなりませんね~。






あっ、肝心の串揚げは美味しかったです!






お会計も生3杯と串揚げで2千円強とリーズナブル。







でも家人からの軍資金ではたりませんでしたケド・・・






そう言えばYMOの曲に『中国女』ってあったな~




中学生の時に聞いて衝撃的だった。




しぶりに聞いてみたくなりました。

ビエイラ・デ・カストロ

今日、仕事場に行ったら上席から『これお子さんにあげて~』とこれ貰いました。







ミレニアム・ミニパックを1箱で30パック入り
















『おお~すげ~、有難うございます。遠慮なく頂きます!』








そしてすかさず、このお菓子をググッてみた。







これはビエイラ・デ・カストロ社(ポルトガル)が製造しており、それをリョーカジャパンという会社が販売しているらしい。














『おお~ポルトガル、おお~バスコダガマ』など貧弱な発想。







さらにネットによると、こお菓子は卵・乳製品を使っていないとのこと。

















見た目はオレオのパクリです。
















食べてみるとあまり甘くなくて食べやすいです。
















これで動物性のクリ-ム等が不使用なんて驚きです。






それにしても、このクリームなんだろう??






分からん。






恐るべしポルトガル、恐るべしフランシスコザビエル

三個目になった。

釣りの帰り道に温泉街にある町営共同浴場に行きました。





本当に今回の釣行はちょっとビビりました。







そしてWILDー1に偏光サングラスを見に行った






高い…






確か無くしたあのメガネもかなりの高額でした。






買ったのは独身時代でしたから、お金があったんですね…




これから暫くはメガネ屋さん巡りが続きそうです。





※※※※※※※※※※※







今日は父の日なんですね~





一号二号からプレゼントを貰いました。














沖縄の「カラカラの酒器セット」です。














カラカラは沖縄の泡盛を入れる徳利で、倒れないようにこの形になったそうです。







当然、そんなに高価ではありませんが、二人でお小遣いを貯めていたらしいです。






子供にとってお酒好きの父に酒器を送ることは、子供たちなりの定番のようで、これで三つめになりました。















右側のお猪口は二年前に貰い、青いお猪口は昨年のプレゼント。








今年のカラカラは多分、子供達には冷酒セットにでも見えたのでしょうね。







そして家人からは宮城県石巻市の名酒「墨廼江」を貰った。















墨廼江は酒蔵の創業当時、蔵のあった付近には墨廼江川が流れ、水の神を祭る墨廼江神社があり、付近も墨廼江を呼ばれていたため、この名前になったそうです。






墨廼江酒造さんは今回の東日本大震災地震で大きな被害を受け、醸造用タンクからもろみがこぼれ、酒米は水浸しになり、今期の新たな仕込みは無理になったとのこと・・・。








家人も子供達も私に酒を与えておけば御機嫌だと思っているのでしょうね~。








ハイ、当たりです。







おかげで超御機嫌。







早速頂きますか!







あそうそう、肴ですが私の大好物の「ケンタッキーフライドチキン」を『好きに食べて良し』と、どお~んと目の前に置かれました。















『この流れでは、お造り盛り合わせだろう~』と言いましたが、私の顔はほころんでいたはずですね。







みんな有難う、頂きます。















ちなみに子供3号(3才)からは仮面ライダーカードを貰いました。







絵柄がV3なことが泣かせます。






※※※※※※※※※※※







ちなみに何故、翌日に昨日の記事を送信したかというと、昨夜ブログ記事を作り終えて送信するだけだったのですが気分良く泥酔してしまい送信できなかったのです。

かなり絶体絶命

渓流釣りに来ました。






朝四時に身支度を済ませ渓流に入る。

















今日は厳しい区間を釣り上がるので、水に落ちるとヤバいウエダーは辞めて軽快なスパッツにした。
















これだと、もし水に落ちても泳げば良いだけ。





ズボンも速乾性のパンツを履き、その下にpatagoniaのネオプレーンパンツを履いた。





本当に泳いでも平気です。





日中は気温が上がる予報の快晴の渓流はとても気持ちが良い。






















早速、釣り上がるがそこここに先行者の痕跡がありイマイチ反応が鈍い。





一旦車に戻り林道を上がり再度入渓するが、今度は先行者に追いつく始末。





う~ん、楽しめない。





更に林道を上がり源流ポイントへ。





流れが狭く、落差のある段々ポイントが多い。





それでもポツポツと反応が出始める。







そして絶好のポイントを前に、気を静めるために小休止。













が、ここでアクシデント発生!






画像にある度付き偏光サングラスを流れに落としてしまった。





私のサングラスは跳ね上げ式(サングラス部分を跳ね上げると普通のメガネが出てくる)で重量があるので、流れないはずと高をくくっていたが、落とした場所の川底を探るが見つからない。






そして流れに沿って、細かく探るが見つからない。






と、ここで血の気が引いた。





そう周囲が見えない。






偏光は水の中の様子が分かるので魚を見ることが出きるし、流れや淵の深さも分かる。






偏光が無いと深さが分からないし、そしてメガネ自体がないので視力も失われる。







ここはゴルジュ帯。






周りは落差のある岩壁ばかり。







ここからは大変な脱出行となった。






川の深さも分からず、取り付く岩壁のルートがハッキリしない。





ただボヤケた岩壁が眼前にあるのみ。





そこを手探りで上がっていく。






川音が遠ざかってゆくので、高度が出てきているはず。






ひたすら目の前のポイントに集中して壁をよじ登る。






そして、やっと、やっとのことで林道にでた。







『ふっ~う』と一息大きく息を吐いた。






思わず座り込む。






本当にヤバかった。






その後に現実がやって来た






『あのメガネ高かったんだよな~、また買わなければ釣りできないな。どうしょう…』






まっ、怪我が無かったので良しとしますか。

tag : 渓流釣り

トマトの出汁

昨夜、家人から『明日は、買い物があるので、個人的な外出は控えなさい』との命令が出されました。






『御意!』







大人しく、かつ従順に買い物に付き合っていたら、『お昼は豪勢にします』と珍しく優しい扱いを受けた。






そう言う訳で、お昼からしゃぶしゃぶの食べ放題に行きました。























いわゆる鍋は太極(タイチー)鍋で左右に別々の出汁を入れて頂きます。















我が家は「トマト出汁」と「鯛出汁」をオーダー。
















お肉は牛肉と豚肉がど~んと来ます。

















後は野菜を取りに行く。














注目はやはりトマト出汁じゃないでしょうか。






最近はトマトすき焼きやトマトつけ麺など、料理の新コンテンツとしてトマトが使われることが多いですよね~






さっそくトマトの出汁で、しゃ~ぶしゃ~ぶ。

















そして軽くチャポンとポン酢に潜らす。
















うん、トマトの酸味と甘味がポン酢の酸味が絶妙なバランスでとても美味い!




お肉を次々と平らげる。





空のお重がどんどん積み上がる。




もっとも一つのお重の肉の量はわずかで、大人の二口分位でしょうか。





でもお重が積み上がることに満足感が出てきます。





いわゆる『見ているだけでお腹が一杯になってくる』





更にお肉を集中的に食べるからお腹に溜まるのも速い。






あっ~という間にお腹一杯。












ご馳走様でした。






多分、全く元は取れてませ~ん。







あっ、鯛出汁の画像を撮るの忘れた!





まっ、いいっか。







トマトの出汁しゃぶしゃぶはキャンプ料理にも応用できそうですね!

14巻

岳の最新刊である14巻を買いました。






さっそく、フォアローゼスでハイボールを作ります。















このバーボンは、昔よく飲んでいました。






高校から始めたラグビーを大学生の途中で辞めて(体育会はイヤだったので社会人のクラブチームでプレイしていた)、そこからタバコとお酒と車とアルバイトに明け暮れるような、ただれた生活をしていました。






その頃の酒といえば、I.W.ハーパーとフォアローゼスでした。





水のように薄い水割りをガブガブと飲んでいたっけ。







どちらというとフォアの方が、お洒落感があったような気がします。






最近のCMでそのI.W.ハーパーとフォアローゼスのハイボール缶が売り出されたので懐かしく思ったわけです。

















そしてこれも最近売り出されたWILKINSONのジンジャーエール。

















普通に売っているジンジャーエールはただ甘いだけですが、このWILKINSONは生姜の味がガツンと利いていて爽やかな味です。






これを冷凍庫に入れているロンリコでジンバックに。






う~ん、今晩も泥酔方面か…

ラーメン☆ビリ-

先日の拙ブログで『二郎系ラーメンは好きじゃない』という趣旨の内容を書きました。






後日、ある筋から(その筋じゃないですよ・・・)、






『ラーメン☆ビリ-を食べないで仙台の二郎系ラーメンを美味い不味いと言ってはダメ』とのお話を受けましたので、






『ハイハイ、今度行ってみますから~』と答えた。







てなことで、前日のポタリング時に『んじゃ、今日のお昼はビリーに行ったろう~』と思った訳です。







その「ラーメン☆ビリー」は仙台JT跡地に完成したSC「フォレオ仙台宮の杜」内にあります。















このビリーなるネーミングは日本のよくある名前「二郎」に対して米国的に「ビリー」と言うことらしい。
















まあ、「スミス」でも「ジョン」でも似たようなものですが。







券売機は店舗入り口にあります。
















メニューは「ラーメン」と「つけメン」のみですが、そこにトッピング??が色々あるようです。















私の注文はラーメン+ニンニクです。







野菜やアブラ、カラミ??のマシ?マシマシ??なんかがありましたが、前回の「日の出ラーメン」で酷い目にあいましたので、いたって普通のオーダーです。





あまり待つことなくラーメン登場。














おっ、かなり普通の様子です。













このスープは二郎系ということで油が多いのですが、美味しいと感じるギリギリのラインに抑えていて飲みやすいです。














麺は平打ち太麺?で存在感があり、もっちりとした食感です。






初めて食べる肉厚のチャーシューは見た目よりあっさりと味付けされいてとても美味しいです。















飽きることも無く、一息つく暇もなく、あっという間に完食しました。















前言撤回します。





『仙台の二郎系ラーメンの中には美味い一杯もあります』






仙台のジロリアンの皆さんごめんなさい~

あてなしポタ

今日なにも予定なし。





起きた時間が遅かったので、いろいろなことが手遅れ。





それじゃ、あてなくブラブラとポタリングでも行ってきますか~







行って見たかったフライフッシングショップ『プロショップ オノ』














欲しいロッドが沢山あります。





たまたまやっていた商店街のお祭り。














フリーマーケットもやっていました。





それで、な~んか買っちゃいました。





ポカリのポリタンク。
















さて、どう使おうか…





お昼は知人から勧められていた、ラーメン屋さんに行きました。







そこは『ラーメン★ビリー』













二郎系ラーメンです。
(詳しくは次のブログで…)














またプラプラと。






アウトドアショップの「ゆうゆう館」













物欲が沸き始めたので、早々に退散です






こんなところに機関車の基地がありました。














子供3号がプラレールに目がないので、私も影響で少しは詳しくなりました。






そして、また発見!






吉野家の移動販売車。














初めて見ました!







被災者支援かな?






以前もチキンラーメンの移動販売車も走ってましたから。






でも、なんか格好良いです。






さあ、そろそろ自宅へ帰りますか。

岩ガキ

今日は金曜日。






仕事帰りにいつものデパ地下へ。








お値打ち肴を見っけ~







岩ガキとメダイのサク。















いそいそと帰宅してお肴作りです。









まずは残っていた豚ガツにエリンギを加えて、あれやこれや味付け。

















当然にメダイはお刺身に。

















そしてイワガキには「貝あけ」を添える。

















あれやこれやした豚ガツに仕上げに白ゴマをパラリと。

















はい、んじゃ、一週間お疲れさま自分。
















メダイは醤油につけると脂がタップリと濃厚で小気味の利いた味。














いわゆる『オツですね~』てな感じ。







そして初め食べるイワガキ。






東北の日本海側では沢山採れるらしい。






まずは定番の酢醤油で。














そしてオイスターバーのようにケチャップで。














結果、いずれの食べ方も最高でした。








濃厚かつクリーミー。






まさに海のミルクです。






最高に旨い。





価格がお高いのは、察してしかるべきです。






と、ここで子供1号2号に肴を奪われる。






いつもの『ねえ、ねえ、それ美味しそう~』てな感じで強奪されます。







仕方がない。







次にパッとショードパスタでサラダ風に一品を作る。














お酒も変えて悪名高きRONRICOをジンジャーエールで割ってラムバックを作る。






このRONRICOはアルコール度数がバカ高いので、二杯程度でイチコロです。







多分、今日も自宅で泥酔です。

ミニフィールドワーカー

お昼はスタバでコーヒーブレイク。








そして本日10日はBE-PALの発売日です。







なにやら今月号は発刊30周年記念号で付録が豪華らしい。















なかを確認すると「ロープワークブック」と箱が入っていた。















その箱を開けてみるとなんと、CHUMSのオリジナルマルチツールが入っていた。














これまでのBE-PALの付録はロクな物が無くて、





正直、『これいらね~』








ってな感じでした。








でもこれはかなり良いです。








名称は「ミニフィールドワーカー」というらしい。







ハンドルの質感も本格的です。







広げると結構なツールが収納されています。














毎日の携行を考慮してナイフブレードはありませんが、これで必要にして十分。






このツールは本気使い出来そうですね~。






これでレザーマンを買わなくても済みそうです。

韓国風もち~ずラーメン

先日の登山のお昼ご飯で作って、「韓国風もち~ずラーメン」のレシピを紹介します。





このレシピは先月号のビーパルの付録である、シェルパ斎藤の「ワンバーナーで作る超簡単旅ごはん」のレシピの一つ「韓国風力もち」が原型です。














材料は…








韓国の辛いインスタントラーメン(茹で上がり5分)、溶けるチーズ、スライスもち、卵


















作り方




1.沸騰したら初めから麺とスープを入れて煮込む
















2.二分経ったらスライスもちを好きな分だけ投入















3.三分経ったら卵を割り入れる















4.四分経ったら溶けるチーズを好きな分だけ投入















5.ハイ、五分経ちました、出来上がり~















※※※※※※※※※※※






では早速頂きます~






味は、おもちのグルテンとチーズのお陰で辛さもマイルドです。





でも後味はしっかり辛くて後を引く味です。






お餅もトロ~リ















チーズだって負けていません。
















半熟卵は割って混ぜるのも良し、かぶりつくのも良し。














ご自由にどうぞ~





何だかかんだ書きましたが、シェルパ斎藤のレシピをアレンジしたのは、この卵を入れただけだったりします。





卵が入っていると全部美味しく感じちゃいますね~

tag : ワンバーナークッキング 山食 キャンプ

初登山パート2

山頂の見えない急落を登り続けると、目の前がパッと開ける。







9時23分に山頂へ到着。
























この滑降コースは急坂が続く上に、山頂がほとんど見えないのであまり人気がありません。








山頂でコーヒーでもと思いましたが、虫の来襲により五分も居られません。






帰路は最もメジャーで人気のある「水神コース」を下ります。






頂上直下には「さいの河原」というとても眺望の良い場所がありますので、そこで小休止。







そこは斜面に開けた場所にあるので風通しが良いので、あまり虫がいません。






今日のコーヒーは豆から挽くのではなく、スターバックスのインスタントコーヒーのVIAです。














眼下の景色を眺めながらゆっくりと頂きます。

















周りに咲くお花も綺麗ですね~














そして沢山の登山者にすれ違いながらどんどん下ってゆきます。










いや~、昨今の登山ブームは本当なんですね~






山ガールの多いこと、多いこと。






最新のカラフルなウエアを身に纏っていて、とても素敵です。





そして大部分の女性がKAVUのハットを被っていました。







そちら系の雑誌でイチ押しなんでしょうか?






沢山のランドネ女子でハットがKAVUじゃないのは、ただ一人だけ。






その方が被っていたのはコロンビアでした。








まあ、そう言う私もKAVUの愛用者ですが…







そんなこんなで水神に到着。















ここからは、とても気持ちの良いなだらかなトレイルが続きます。

















気分はすこぶる上々です。








来て良かった~






そうして11時04分に登山口に到着。
















休憩を含め往復3時間でした。







そして東屋でちょっと早い昼飯です。







メニューは救援物資で貰ったアルファ米の「炊き込み御飯」と「韓国風もち~ずラーメン」です。














少し食べ過ぎかな…






因みに「韓国風もち~ずラーメン」は次のブログで紹介しますね。








tag : 登山 山食 山岳食

初登山

朝起きたらこう思いました。







『そうだ、山に行こう』






急いでシャワーに入り、ギアをドカドカに車に放り込む。
















目的地は仙台近郊にある「泉ヶ岳」です。







登山口の駐車場からは山頂が見えません。















ルートはコースタイムが2時間10分の「滑降コース」にしました。
















7時50分にクライムオン。
















勾配がキツい登山道をひたすら上る。






汗が吹き出る。






疲れて足を止めると、あっという間に虫に取り囲まれて誠に不快である。






だから登り続ける。






8時31分にやっと頂上が見えて来ました。














目標(山頂)が見えると、がぜんモチベーションが上がります。







8時43分に眺望が良いのが謳いの「見返平」に到着。














見返りしてみたら、こんな眺望でした。















まあ、そこそこ。






そしてまたすぐに、眺望も頂上も見えないロープ付きの急坂が続く。














まもなく頂上直下のはず。







振り向くと、流石に良い景色でした。
















※※※※※※※※※※※






パート2へ続く

内臓系で晩酌を!

今日の晩酌系は内臓で攻めてみたい。





昔、「じゃりんこチエ」という漫画で、






「ホルモンは本来は捨てるものホオルモノ(放るもの)から名が付いた」






というくだりを見て子供ながらに






「ヘッエ~!そうなんだ~」






と思ったものです。









長じて、結婚前に家人の父とお酒を飲んだときに、父曰く







「ホルモンを食べると健康になり体に良いからホルモン(あの、ホルモン注射のホルモンね~)と言うのだ」







とのたまうのを聞いて、失礼ながら





『ケッ、たぶん間違ってるよアンタ』







と思ったものです。






小学校高学年の頃、ホルモン屋さんで飲んでいる父から、





『食べにおいで!』




と、よく呼び出されたものですね~









まあ、そんなこんなで内臓系には目がないのです。






※※※※※※※※※※※







今日の一品目は









『豚ガツの中華風』

















茹でた豚ガツと茹でたモヤシをボールに入れ、胡麻油、醤油、砂糖、塩、粉唐辛子で和えるだけ。




超簡単。






あとは仕上げに小口ネギをパラパラと。







二品目は






『親鳥キンカンの含め煮』















親鳥キンカンを醤油、砂糖でさっと焼いてからお酒を入れて水気が飛ぶまで弱火で煮転がす。







3、4品目は作りおいた







豚ミミと

















鶏ハムとキュウリに担々ソースをかけて中華風にしたもの。
















そして今日の酒はですね






「銀座のすずめ 琥珀」





です。

















これは凄く美味しいのです。







裏のラベルの説明には、





『ケンタッキー州の蒸留所より取り寄せた、バーボンウイスキーの樫樽に貯蔵した焼酎』とある。














なのでスモーキーでとてもグッド!







大好きな味です。







今宵は友人から貰った、私の一番大好きな漫画のアニメ「MASTERキートン」のDVDを見ながら、ゆっくりと飲みますか~







それじゃ頂きます。


















ユニクロコラボTシャツ

ユニクロの企業コラボレーションの自転車Tシャツを買いました。







JAMIS、コルナゴ、リドレー、SPECIALIZEDなどイケてるTシャツがありましたが、私は自分が乗っている「GIANT」にしました。













価格は創業セールのため1,500円のところ990円でお買い得。








素材はドライメッシュ素材なので快適です。






昨年はPINARELLOとGIANTを買いましたが、GIANTの図柄はマウンテンバイク(私はクロスバイク)でしたので、今年はシンプルでナイスです。















これからのポタリングに重宝しそうな一着になりそうです。







プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード