鶏ハムで晩酌

今夜は先週末に作った肴で晩酌です。






鶏ハムにはドライバジルを振りかける。
















ミミガー(豚耳)には醤油・酢・胡麻油・豆板醤の漬け汁の中に暫く漬け込み水菜と合わせて天盛りにする。















そしてお酒は「黄桜 日本酒ハイボール」にします。














これ初めて飲むんですよね~









では早速、『お疲れ様自分!』

















まずはハイボールを注ぐ。
















見た目あまりシュワシュワ感がありませんね・・・ 
















でも飲んでみるとスッキリした味わいでシュワシュワも丁度良い感じ。






アルコール分も8%とライトなお酒です。






ただ、日本酒の炭酸割りなので、以前にこのブログでもご紹介した発泡性日本酒の『すず音』もような芳醇な味わいには程遠いようですね~。







でもコストパフォーマンスでは大変GOOD!です。








そして本題の「鶏ハム」です。

















ハムです。







思った以上に普通のハムです。






こんな簡単にできるなんて正直驚きました。






とても美味しい~






今度作る時はもう少し塩味を強くして数種類のハーブと(特にレモングラス)一緒に漬け込むか、もしくは軽くスモークしてみたいです。







そしてミミガー。














コリコリとした食感がたまりません。








そして肉の部分も噛むほどに美味しさが滲み出て来るようです。







私は男性なのであまり関係がありませんが、コラーゲンもたっぷりです。







今回は合計で800円程度で作れましたので、お手軽な味ですね~。








今週はこれで楽しめます。
スポンサーサイト

tag : 晩酌

鶏ハム

気になっている肴がありました。





それはブロ友である、むぼ@暇人さん(ブログ名:しじゅうでわるいか!)、同じく、ケイシムさん(ブログ名:ファミリーキャンプはじめたよ)の記事で紹介されていた『鶏ハム』です。





ネットでレシピを見たら作り方が色々あるようですね~






今夜、酒の肴の作りだめでもしますか。






先ずは早速、『鶏ハム』





作り方




1.鶏の胸肉から皮を外し、酒、クレイジーソルト、蜂蜜を良くモミモミしながら漬け込む






















2.上記をラップで筒状に成形して、さらにアルミフォイルで包む













3.沸騰したら三分煮たら、そのまま八時間放っておく


















お次は『ミミガー』






1.豚ミミを酒、生姜を入れたて煮込む
















2.20分煮て、冷ます












以上。






出来上がりは明日の晩酌で。

ハンコック

私の愛車は「ランドローバー ディスカバリー」と言います。














道なき道を進むレースである『キャメルトロフィー』の車。





1号が生まれた時にそれまで乗っていた、アルファロメオスパイダー(趣味用)、トヨタ カリブ(通勤・野遊び用)、三菱 ミニカ(家人用)の三台を下取りして買い替えしました。





それ以来、タイヤはミシュランを履いていたのですが、タイヤを新しなければならないのに車検が重なりました。






またしても車検に30万円近くかかり、流石にタイヤまでお金をかけられません。






悩んだ挙げ句に韓国製のタイヤである『ハンコック』にしました。
























タイヤパターンが多少レーシーですが、なかなかです。








値段は驚く程にお手頃でした。






タイヤ交換して最初に行ったのは、馬鹿の一つ覚えの「WILDー1」














今日の目的は、四回目のソール交換から戻って来た、ダナーライトの引き取り。















そしてこの本を購入。














震災や津波の影響で、多分暫くは仙台での海釣りは無理でしょう。








なのでこれからは山がメインになりそうです。






本をパラパラしてみると知らないお山も結構あります。





全部に登れたら良いな~






なんか、今日のブログはなんのテーマ性もありませんでした。





まぁ、いつものことですが…

Marmot

先日、大型ショッピングモールをうろうろしていたら、あるジーンズショップが震災復興支援セールをやっていた。







下着代わりにスーツの下に毎日着ているヘインズのTシャツでも買おうかと中を覗いてみることに…







そうすると店内の一角に特別セールと銘打って、アウトドアブランドのアパレルがありました。






まあ、たいして目ぼしい物は無いのだろうと思ったら、なんと掘り出し物発見!







それはアメリカはコロラド州生まれのアウトドアブランド『Marmot(マーモット)』のWIND SHELL JACKET(ウインドシェルジャケット)です。







なんと、ほぼ半額!







多分ですが今季のモデルかと…







ハイ、即購入しました。
























このジャケットは耐久撥水性、防風性に優れた背面ベンチレーションや袖口のリフレクトファスナー、スナッグレステープなど細部にまで機能を持たせた高機能ジャケットです。(一部、ネットより抜粋)













素材はただのナイロンなのですが、汗がこもらないようにベンチレーションも装備されています。















収納のスタッフバックは付属しておらず、かつ、ポケットに折りこめるタイプでは有りませんが、フード部分に丸めこむと、そこそこのサイズになります。













春夏のトレッキングや自転車には最適ですね~

今宵は渓魚三肴

今夜の肴は当然に岩魚と山女魚。





まずは『岩魚とキノコのムニエル』






三枚におろした岩魚を食べやすい大きさに切り分けてシオコショーして小麦粉をまぶす。














それを焼いて、酒と醤油とバターで入れて蓋をする。














キノコを同じ味付けで炒めたら完成。














皮目の照りが美味しそう~












二品目は『山女魚ごはん』







白焼きにした山女魚を昆布と入れて醤油と酒で炊き上げる。























炊き上がったら昆布と山女魚の頭や骨を取り混ぜ混ぜ。















山女魚の風味が溜まりません。














最後は直球ストレートの『岩魚の塩焼き』
















もはや鉄板です。







お酒は宮崎県の焼酎『高千穂』







今朝は3時に起きて行動開始したので、もはや眠いですが、心地の良い疲労感です。





さあ、頂きます!














渓流に行きましたよ

今朝は今年初の渓流釣りに行きましたよ。





解禁日は3月1日ですが、東日本大震災により渓流に行けず終いでした。






朝4時半に仙台市近郊の渓流に到着。














今回は友人と二人で入渓します。






まずはゆっくりとコーヒーを飲む。















山の中は霧雨混じりであまり良い天気とは言えません。
















今日の私はフライではなく渓流ルアー。






このルアーは凄いのです。













必ず釣れます。









ルアーを覚えはじめの頃は沢山のルアーを買いましたが、今はこれだけです。





このルアーにしてからは、ボウズが無くなりました






友人はフライで釣り上がる。

















まずは始めの一匹。














小さな落ち込みから16センチの山女魚が出てきました。






渓流の女王と言われる山女魚はパーマークもクッキリ。







そして、ごく小さく何でもないポイントから32センチの岩魚が釣れました。
















こんな尺岩魚と言えども、つり味はノッソリとしている。





最初に釣り上げた16センチの山女魚の方が鋭い当たりが味わえます。







いや~、渓流釣りは楽しいです。






今の仙台市は海釣りなんか出来る雰囲気ではありません。







私も震災以来、アウトドアらしいことは自転車を抜かせば何も出来ませんでした。







魚に見つからないよう、ストーキング(金髪の老人ロックンローラじゃないですが…)していると渓に溶け込んでゆくようです。








以前、気配を殺し息を潜める私の横に野兎が近づいて来たことが有りました。





少しは木化け石化けの世界の入り口位には立っているでしょうか。






その後、立て続けに28センチの岩魚と18センチの山女魚を釣り上げた。






と、ここで激しい雨が降る。






ここの場所はゴルジュ帯で左右の壁はスラブ状で、ちょっとヤバい。







やむなく釣りを諦めてポイントを潰しながら川をしばらく遡行して、何とか這い上がれそうな壁を発見。






そこから青色吐息でようやく林道に辿り着いた。






お~お、かなりヤバかった。





でも良い釣りが出来ました。






私はキャッチ&リリース派ですが、その年の最初の釣行と、フィッシュキャンプ(源流をキャンプしながら釣り上がる)では釣果を有り難く頂きます。







今日の釣果はこんな感じ。

























楽しかった~






雨が降らなければ、あと五匹は行けたかも…






と、釣り師の大見得を。













えっ、友人の釣果ですか?!






ハイ、久しぶりの川歩きを楽しんだようです。






彼曰くフライは釣果を求めるのではなく、自然を愛でる為にあるらしいですから。

tag : 渓流釣り ルアーフッシング 仙台

つけ麺のこと

今日はお休みです。






家人より『たまには、1号や2号の授業参観に行くように』との命令に従いお休みを取りました。





3号を保育園に送り届けてた帰り道にスーパーに寄り店内をブラブラとしていました。






すると分かったのは、インスタントでも「つけ麺」がブームなんですね!







百花繚乱、沢山の種類が有りましたよ。





値段はピンキリでしたが、私は一番お安いこのラーメンを購入しました。

















二人前で298円也。

















なんて素敵なお値段。







では早速。







麺を茹で水洗いし、スープはお湯割りで。
















付け合わせには、前に作って冷凍しておいた簡単チャーシューをトースターで炙りにしたものと、酒の肴用に仕込んでおいた半熟の味卵を添えました。















美味しそう~
















麺はツルツルしてのど越し良く、スープも濃厚ですが後を引く味です。
















スープ割り用だしで、最後まで美味しく。












とても満足!





ご馳走でした。







さっ、学校に行く時間までの一時を満喫しますか~

二郎系

最近、仙台には「二郎系ラーメン」なる物が増えて来ました。







二郎ラーメン自体を食べたことがないので、何をして二郎系なのかはサッパリ分かりませ。








しかも、注文には「コール」なる行為があり





『増し、増し』






だとか何とか言わなければならないらしい。








なんか、いかにも





『俺、常連だかんね!』的な感じがして鼻持ちならない。






と言うか、






『アホか!ケッ』








と思ってしまう。







でも、食べないで文句を言うのもアンフェアなので食べに行きましたよ。






行ったのは、「日の出ラーメン」で「仙台二郎」を注文しに行きます。


























ここのラーメン屋さんは剛つけ麺やガッツ麺DXで人気らしいです。






まっ、いわゆる






『おれんちのラーメンは全部濃厚だぜ』








ということ。






お店の前には仙台二郎の張り紙があり、日の出流二郎系らーめんと書いています。















麺大盛り、にんにく増し、豚増しいずれも無料ともある。






例の『増し、増し』ですね。






取り敢えず、券売機で仙台二郎 750円也をチョイス。

















席に着くと店員が何か尋ねたげでした。








私は取り敢えず






『麺は大盛で脂は増量してください』







とコール無視。







待つことしばし。








そして仙台二郎登場。















なんだ!このもやしの量は…





麺をすくい上げてみると、ゴワゴワしています。















チャーシューはトロリとしている。
















んで、スープなんですが、かなり濃厚。















と言うより、ショッパい。







ただただ、ショッパい。






ひたすら、ショッパい。





麺をすする度に水を飲まなければならない。







スープもオイリーで舌がおかしくなる。






結局、残してしまいました。















はたして、これ、ラーメンなのだろうか…






うう~ん…






思うに、「二郎系ラーメン」というジャンクフードの類いなのではあるまいか。







二郎系ラーメンフリークの皆様申し訳ございません。





どうやら、私には敷居が高かったです。

無着色

スーパーの食品売り場を覗いていたら、強烈にオーラを放つ食材あり。





ハイ、この明太子。















これ千円ですよ、千円。










私の毎日の酒の肴は『安くてなんぼ』なのにこれは高い。






でも、な~んか気になる。






間違いなく、そこの売り場を五回は行ったり来たりしましたね。






正直言ってあまり明太子を食べたことがない。






多分、本当の明太子は食べてない。






私は北海道出身ですから、美味しいタラコは沢山食べて来ました。





でも北海道には明太子を食べる文化が無いのです。






なので、すご~く気になったのですよ。






結局、買ってしまったのですが家に帰ってからビックリ。






なんと、三腹しか入ってない!













これで千円ですか…





恐るべし九州の文化。




無着色だから高いのでしょうか…






確かに食べたことがある明太子はドギツイ赤色ばかりですが。






でも、美味そう。






これはなんと言ってもご飯です。













日頃は炭水化物を摂りませんが、今日はご飯ですね。





晩酌は肴無しで、これだけです。







酒は新潟の八海山で。







復興の松島~その2

松島海岸には伊達正宗が建立した重要文化財の五大堂があります。



























ここから見える赤い橋は『福浦橋』と言い、ここをカップルで渡ると良いことはなく『縁切り橋』と言われるらしいです。














海岸沿いに並ぶお土産屋さんも津波の被害が有りましたが、それでも再会しているお店も数多く有りました。















ちょっと一息ついて、キリンフリーを飲みながら、『タマゴン』を一串。













天気は快晴で気温高し。






でも流石に海風は冷たいですね~。






こんな時にはpatagoniaのアルパインジャケットが重宝します。














気持ちの良い、海沿いでしばしお昼寝を楽しみました。
















お昼は『松島庵』の大ざるにしました。

























この蕎麦は昔から大好きで松島に来ると必ず食べにきます。






はぁ~あ、お腹一杯!






ちなみに7月21日は『日本三景の日』らしいです。







宮城県は復興の途中にあります。







皆さん、是非とも松島にそして、宮城県に遊びにきてください。














そして出来れば、お金を沢山使って下さい。






お願いします。






復興には経済が、お金が回りだすことが必要です。






自粛なんてしないで下さい。






外にでて遊びましょう!





美味しい物を食べて、欲しいもの買って、酒を飲みましょう。





そして東北に来て下さい。





宮城県民が、福島県民が、岩手県民が皆様が来てくれることを願っています。






◎走行データ



走行距離:64.41キロ


走行時間:4.03.00


平均時速:15.9キロ



最高時速:48.3キロ





今日も、ゆるゆるポタリングでした。

復興の松島~その1

早朝に釣りに行こうかと思ったら寝坊した。





朝7時、無風快晴、家に居たくない。






こんな時は自転車に限ります。







行き先は津波の被害から復帰しつつある日本三景松島に決めた。






松島へ向かう国道45号線は仙台港沿いに有ります。





途中の多賀城市に入ると、道路が隆起陥没していて走りづらい。






















そこはまだ、あちらこちらに津波で運ばれた車が放置されたままでした。





空いているお店もありません。














静かだなあと思ったら、誰一人の歩行者が居ませんでした。





朝が早いことも有りますが奇妙な感じです。







パンクをしないように走る。





間もなく、塩釜の観光桟橋に到着。







ここには多くの観光遊覧船があります。





マリンゲート塩釜も大変な被害が有りました。















ここの岸壁ではメバリングが出来るのですよね。






釣りしたいな…






この隧道を通るとそろそろ、松島です。














なんかこんなトンネルを通と黒澤監督の『夢』を思い出して、少しヒンヤリします。






トンネルを抜けるとそこはもう松島です。














高い場所から風光明媚な島々が見えて来ました。























気持ちが良い~






山を一気にに下ると松島水族館に到着。














ここも当然に津波の被害があり、主だった哺乳類は他の水族館に疎開中です。





でも再開しました!






家族連れの楽しそうな笑顔が見えます。





嬉しいですね~





ハイ、松島の核心部に到着。














僅かながら観光客の姿が見えます。







来ていただいて、有難うございます。

tag : ポタリング 松島 パタゴニア

つけてみそかけてみそ

以前からどうしても食べてみたい調味料がありました。






それがこの『つけてみそかけてみそ』です。

















この調味料を初めて見たのは『秘密のケンミンショー』です。






それによると、とにかく名古屋県民はこれが大好きで、何にでもかけてスベカラク味噌味にしちゃうらしい。






名古屋と言えば、手羽先、ミソカツ、味噌おでん。







そして名古屋城に名古屋嬢。






まあ、とにかく凄そうです。








パッケージの裏をみると「つけたり、かけたり、あえたり、アイデアいっぱいの万能みそだれ」とある。
















んじゃ、早速食べてみますか。






まずは冷や奴にかける。















かなりドロッとした感じで胡麻も入っているようです。






そして当然にトンカツにたっぷりとかけてみた。
















酒は当然にビール。






でも、まだ日が高いので自分の部屋に上がり一杯です。
















多分このまま、泥酔方面に…

スパッツ

先日、街中をブラブラしていたらアウトドアショップの『キャラバン』で震災復興セールを開催していました。















コロンビアやティンバーランド等がテナントとなっているこのビルは震災以降、建物点検のため長らくクローズのままでした。









早速お店に入ると、ワゴンがあった。







アパレルも沢山あり、SALEWAのバックプリントが格好良い速乾性Tシャツなんか500円!ですよ。







欲しかったのですがサイズがMとLしかないので残念でした。









でも掘り出し物を見つけました。




それはですね・・・







この『ショートスパッツ』です。

















すでにISUKAの『ロングススパッツ』を持っているのですが軽登山には、ちと使いずらい。






私のロングスパッツの使用状況は冬のフィールドでパンツウエアの上に装着して雪が入り込まないようにしてます。






これからの時期は登山をすることが多いのですが、歩き方が悪いのかズボンの裾と靴が擦れ合って、雨が降っていなくてもかなり裾を汚してしまうことが多いのです。





でも軽登山にロングスパッツは大げさでしょう・・。







しかも私は足が短いので、ロングを使うとかなり暑苦しい。








だからショートスパッツを買おうかなと常々思っていました。







これなら山で雨が降った時もレインパンツの中に巻けば靴の中に雨が入り込むことを防ぐことが出来ます。






大きさはこのぐらいでかなり小さい。















ロングスパッツと並べると一回り以上コンパクトです。















ロングを広げるとかなりデカイ。
















ショートと並べてみると一目瞭然です。
















う~ん、ショートは良い感じ。






まあ、これを1,000円足らずで購入できたのですから、我ながら良い買い物でした。








早速、山を登りに行こう。






あっ、でも、ダナーライトがソール貼り替え中で、靴が無かったのだ・・・

焚き火料理塾

本日は昨日購入した、木村とーる著『焚き火料理塾』をご紹介します。















ネットから抜粋しますと、四万十塾 塾長でもある木村とーるとは






信州・美麻村、エコビレッジプロジェクトに用意された水道も電気もない山小屋で環境にやさしい暮らしを実践。







阪神大震災後、神戸元気村で活動ののち、現在は四万十川沿線に在住。地球の時間で旅をしよう!!をモットーに一年の半分以上は野外で過ごすアウトドア派。






全国あっちこっちの川を神出鬼没にリバーガイドする。








カヌートレックを通して環境問題・永続可能なライフスタイルを提案する”四万十塾”の塾長として四万十川の畔を拠点に活動中。









水を透して多くのメッセージを伝えてくれる。







身長193cmの偉丈夫!!







とのことです。








ビーパルやフィールドライフの紙面でもちょくちょく登場します。







この本はその名のごとく焚き火を滅源として主にフライパンをメインとして作る123のレシピを紹介しています。







メニューは料理の熟練度により体系化されていて、







例えば『新米クラス』には、














ホットサンド・パンケーキ・じゃがパンケーキ・マフィン・アボガ豆腐サラダ・カリーう丼・煮卵・バナナのチュー・りんご蒸しパンなどが、









そして『団欒クラス』は

















パスタ3種・ライスコロッケ・芋もち・卵&チーズガレット・丸ロールキャベル・ミートローフ・鰯巻き・えびせん






さらに『鉄人クラス』ともなると、
















じゃがいもとカリフラワーのカレー・ナン・もちピザ・カキのチャウダー・テールスープ・野菜のタルト等など…









正直、








『おっ、これは凄い!!』







と言うような目新しいレシピはありませんが、 各料理にはユニークな名前が付けられていて楽しいです。








私も昔は、源流釣りキャンプで焚き火を使っていましたが、最近はバーナーに頼ることが多くなっています。









この震災の影響でキャンプにも行ってませんから、次回のキャンプはスノーピークの焚き火台Lを使って作ってみようかな・・・









あっ、そうそう。震災つながりですけども、木村とーる(木村徹)氏は被災地の宮城県石巻市で炊き出しのボランティアとして朝日新聞の県内版に紹介されていました。
















木村さん、有難うございます。

tag : 被災地支援 炊き出し

どうするべきか…

本日10日はビーパルの発売日です。






毎月楽しみにしているのですが、先月号は震災の影響で入荷されませんでした。





まあ、当然でしょうけど。













今月号の特集は『ジンセイを変える山登り』





付録は『シェルパ斎藤のワンバーナーで作る超簡単旅ごはん』です。






お~お、楽しいそう。






それではお昼休みのスタバで読みますか。





あっ、そうそう、見ることができなかったバックナンバーは取り寄せた方がよいのだろうか?






どうしようか…

お久しぶりで肴

今日は久しぶりの酒の肴のお話。





何故って?






それは震災以来、我が家に避難していた家族が自宅に帰ったからですよ~






まさか、皆さん居るときに自分だけの肴を作って酒を飲むわけにはいかないですからね。







そんな訳で、震災後のお初肴はブロ友であるケイシムさんの『ファミリーキャンプはじめました』の記事にある、





『醤油のみのチャーシュー』





を真似してみました。





んじゃ、簡単レシピ。







豚バラ肉を















茹でて、















ジップロックに醤油を入れて二時間置くだけ。














そいじゃ、酒宴に。






出来上がったチャーシューには和がらしを添えて。
















そして、初めて出会った『サラダかぶ』を塩とバジルをふりかけて、オリーブオイルを。














酒はビールですね!















久しぶりの肴です。






いっ、た、だき、ま~す!

tag : 晩酌

グシャ…

前日の友人家族とのバーベキューの朝のこと。






『あっ、バーベキューグリル洗っておくのを忘れていた!』






と、思いました。







前に使ったまま、ほおって置いたので脂でドロドロのはず。








急いでクレンザーと金束子を持ってゴシゴシ荒い、駐車場の前に干しておきました。






ふっ~と、一息。







コーヒーを飲みながら、バーベキューのメニューを考える。







ゴーデンウイーク期間中はスーパーが早く開くはずなので8時半には家を出ようかな。






新聞をジックリと読みコーヒーを二杯飲む。







さあっ、時間です。






愛車のランドローバーは長期間の車検整備から戻ってきたばかり。







快晴で気分も上々、キーを回して出発!







その瞬間、フロントから『ガコガコガコ』とイヤな音が!







ナンダナンダ!




???







『あっ!バーベキューグリル置きっぱなしだった!!』







外に出て、ブツを見た。
















うわっ、グッシャリ。






金槌で修復を試みるが、元には戻りません。

















どうしようかな…






よし、買っちゃおう!と、WILDー1へGO-








結局、同じグリルにしました。















最新型は薄いんですね~














なにやらコールマンのテーブルと上手く合わせると、バーベキュー台が出来るらしいです。





新旧二台を並べてみました。














新しい方は、本体がメッシュになっているのですね。









うん、良い感じ。







これで本日のバーベキューはクリアできそう。






後は家人のチェックをどうクリアするかです。





怒られるだろうな…

GWその2

5月3日~5日の3日間、所属しているNPOの『広瀬川市民会議』が主催する『広瀬川で遊ぼう』が開催されました。






例年は3日間で六千人が訪れる人気イベントです。






今年、私はこのイベントをアウトドア系にしようと計画し、かなり実現可能だったのですが、震災でイベント自体が中止になりました。








しかし、わずか二週間前に『被災した子ども達に遊んでもらおう』と急遽、開催の運びになりました。








なので広報は全く行わず、規模もかなり縮小して開催しました。








広瀬川の両端に鯉のぼりを渡します。




























そして出店やフリーマーケットが華を添えました。






アクテイビティとして、大人数が乗ることができるカナデアンカヌーである『Eボート』






































そして釣り堀を作って釣り体験。
















ここには尺サイズのニジマスばかりですから、釣れたならかなりの引きでした。
















釣った魚は基本的に子ども達に捌かせて塩焼きに。
















ちょっとビックリしたのは、若いお母さんは生きた魚を触ることが出来ないのですね~








そしてそして、アダルトが喜ぶ『野天能』


















格式のたかい能をアウトドアで舞うなんてスゴイ。






そこには舞台も無ければ、幽玄な篝火もありません。





シャボン玉が上がり、子ども達が走り回り、お父さんたちがビールを飲み、お母さんたちは子供にオニギリを食べさせる、全くの真昼のアウトドア。






でも最高でした。






意味は解りませんでしたが、見入ってしまいました。






まさに伝統芸能です。






そんな私は釣り堀だったり、ボートの担当で大忙しでした。






昼飯は屋台で蕎麦と山菜おこわを食べたりね~。
















子供達の楽しく遊び回る姿を見るのは良いですね~。






えっ?





自分の子ども達はどうしたかって…







ハイ毎日、このイベントにきて走り回って遊んでいました。







子ども達に『ゴーデンウイークなのに、遊びに連れて行かなくてゴメンナ』といったら、






『最高に面白かったよ!友達にもパパのこと自慢できたし!』と言ってました。






まっ、子供の日なので家族ネタも勘弁してください。

GWその1

此処は被災地。






自粛ムード満点で例年開催されているイベントが軒並み中止になっています。







てな訳で友人家庭と一緒に我が家の50歩先の河原でバーベキューをすることにしました。







私は前日まで仕事が非常に忙しくて何も用意が出来ず困っていました。






結果的には友人の妻(こちらも友人ですが…)の絶品料理により大満足のバーベキューとなりました。






カッテングボードやナイフを並べたあたりから『ただ者では無い感』がヒシヒシと。
















まるで雑誌に出てくる『週末はお洒落でマッタリとデイキャンプ』の記事みたいな様相です。






まず最初の皿は『カボチャのキッシュ』です。
















最高に美味い。







と言うか、初めて食べました。






そして『フォカッチャ』
















サイゼリヤを越しています。







サイゼリヤのはほんの付け合わせ感がありますが、このフォカッチャはこれだけを真剣に食べたい味。






これには生ハムをサンドしてくれました。







今度はバーベキューの王道のステーキを。















とてもジューシーでビールが進みます。







そして『タンドリーチキン』
















もはや説明は不要。






ただただ、ビールが進みます。





美味い、美味いよ~





んじゃ、あんたは何を作ったのかって?






フッフッフッ…






夕方近くなり気温が下がるのを待ったいたかのように…





はい、これ。





ダッチオーブン料理の『鳥粥』です。

















ほおっておくだけで勝手に出来るのでとても楽。







でもですね、いつものキャンプのように、あれやこれや作らなくて良かったです。






いや~、あの料理を前にしたら私のキャンプ料理なんて子供騙しならぬ、酔っ払い騙しですよ。







ごちそうさまでした。

tag : ダッチオーブン バーベキュー

プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード