試してみた

来週末は我がアウトドアチームの年間行事である田代島で開催される一泊二日での釣り大会、通称『マーシーズカップ』です。





猫を神様としているこの田代島は一昨年にフジテレビ制作の「猫の島」というドキュメンタリーも作成されました。





また、ワームで有名なBerkleyのロックフィッシュ大会もこの島で開催されてます。





とにかくこの島はポテンシャルが高いのです。






参加者はチームの釣り部から7名。





我がアウトドアチームには、釣り部、陸上部、山岳部、自転車部があり全員がコアキャンパーです。





ビックワンで競う今年の優勝商品はSOTOレギュレイターストーブです。





ちなみにチームシェフの私には時間的ハンデ(早々に切り上げて料理を作らなければならない…)として+15センチが認められています。。





メニュー作りに余念はありませんが、今日はその内の数品を作りました。





一品目はキュウリとキムチの炒めもの
















二目は宮城県のB級グルメの「気仙沼ホルモン」で、味噌、ニンニク、豆板醤やあれやこれやで漬け込んだホルモンを大量のキャベツとともにウスターソースをかけて食べます。














これは魚屋で購入した「平貝」












でかい貝柱と食べがいがある内蔵です。














刺身にしました。














お酒は地酒である『蔵王』です。














ケーブルテレビのつりビジョンをかけながら、漫画「岳」の新刊を読んでゆるゆる晩酌したいと思います。





スポンサーサイト

シェラカップ

今回は「シェラカップ」のお話





なんでもシェラカップはアメリカ最古の環境保護団体シェラクラブが、会員用に配ったのが始まりらしいですね。






私もアウトドアの入口の頃に「THE NORTH FACE」のシェラを買い、登山ではザックにぶら下げてましたよ。
















そうしてこれで湧水を汲んでコーヒーを飲んだり(その頃は紅茶党でしたが・・・)していました。





でもね。





最近は全く持ち歩かない。





だって、私にとってはとても半端なんです。






色々なことが…






まず、水を飲むだけならば料理用のコッフェルを使います。





中にはシェラでご飯を炊くツワモノもいるようですが、そんな無理しなくてもソロの料理用コッフェルの方が確実です。






ましてやシェラで炊いたご飯は量が少なすぎる。




そんな少量のご飯炊いて、いったいどうするの?





大口開けて、せいぜい二口。






上品に食べても五~六口。






そんな量をアウトドアで食べても、行動のエネルギーにはならんでしょう。





それは、ただただ





「どうですか!シェラカップでもご飯を炊く事が出来るんです、凄いでしょう!」






ってことのみ。






とどのつまり料理用コッフェルはシェラの替わりにはなるが、逆は否です。






(あくまでも私見ですよ私見!なにせアウトドアスキルの低い私の意見ですから・・・)






では、熱い飲み物を飲む場合はどうなのか。






結局、熱伝導が良いので飲み口が熱いのですよ。





それに寒いときなんかはあっという間に冷めてしまう。






そんなことで、私は二重マグを使ってます・・・





でもねスタッキング出来るのは非常に◎です。














なので最近の使い方としては車で移動するキャンプで料理の取り皿に使ってますよ。






そしてなかなか外へ遊びに行けないくて心が弱っている時なんかは、晩酌の肴をこれに盛って気分だけはアウトドアしてます。






今日もこんな肴に使いました。














上から時計周りに、





新さんまの生つみれ(サンマの内蔵を取り出し、骨ごと叩き味噌、白ゴマ、ごま油、豆板醤、長葱で更に叩き込んだ)





ポテトサラダ





ボンジリ塩





ピーナッツ





てな訳で、今夜もお疲れ様、俺。






tag : シェラカップ THE NORTH FACE キャンプ アウトドア

2010年 作並カッパ祭

昨日、参加している環境団体「広瀬川市民会議」が主催する「作並カッパ祭」が行われました。






今年が三回目のお祭りです。






場所はニッカウヰスキー宮城峡工場の敷地内を流れる新川の河原で行われます。













スタッフの私は9時に集合しました。






事前に担当は川遊びと聞いていたのでウエットスーツ(スプリング)を用意しました。






テントを組み立て、つかみ取りの生け簀にニジマスを300匹を放した。
























その後は、川遊びの下見をします。






新川は清冽で箱目がねで覗くと沢山の山女魚や川鰍が泳いでます。














いよいよ10時。






家族連れが続々とやって来ました。













開会式の後、川遊びの注意事項を説明します。






さあ、いざ出発。






ライフジャケットを着て川を流れたり、手網を持ち箱目がねで魚を追います。
























多分、こんな遊びをするのは初めてなのでしょう。





子ども達のワクワクした目を見ていると、こちらも楽しくなります。





一時間たっぷり遊ばせます。





ニジマスのつかみ取りも大興奮のようです。













捕まえたニジマスはその場で塩焼きにします。













河原ではすいか割りに喚声が上がります。






無料で配るオニギリや豚汁、スイカには長い列が出来ました。





あちらこちらに楽しそうな親子の顔がありました。





午後にも二回川遊びをさせました。





手作りの祭ですが三百人を超える家族が来てくれたようです。














有難うございました。

tag : 作並かっぱ祭り 広瀬川 広瀬川市民会議

そこにあるからさ

突然ですが私、ボトルに目が無いボトルマニアです。





新商品があると視線ロックオン!






欲しくて欲しくて堪らなくなる・・・





最初に買ったのは名品と誉れ高いグランテトラでした。













アウトドア気分満点ですが重いのでいつしか使わなくなってしまいましたね。






一番良く使うのはナルゲンボトルです。













これには水はもとよりナッツ類や自家製ドライライスを入れたりしています。






そして吸口が立ち上がるキャメルボトルです。













ボトルを傾けなくてもゴクゴク飲めます。





このラーケンやシグボトルには主にお酒を入れています。














最近は自転車用のサイクルボトルもあります。













そして画像には有りませんが他にはプラティパスも5枚ある。






全くなんだかな・・・






つい溜まってしまうんですよね、ボトル。






だって液体を入れる用途は同じでもシチュエーションが違うじゃないですか!!





あの時はコレ、この時はコレです。






兼用なんか出来ません(と、キッパリ)。






周りの人からは「どうしてそんなにボトルを集めるの?!」と聞かます。






そんな時に私はこう答えるのです。






「そこにボトルがあるからさ・・・」







tag : ナルゲンボトル

ジャガタライモ

今日は毎年の恒例行事である「収穫祭」です。
















ジャガイモの五畝にはキタアカリ、メイクイーン、ダンシャクが植えられています。















他にはピーマン、ナス、モロッコインゲン、長葱、キュウリ等を収穫します。





















慣れない畑仕事と炎天下で魂が抜けそう…






でも無農薬野菜を食べられるのですから我慢です。





はぁ~






魂抜けそう…






野菜は手間暇かけて育てて、収穫も大変。





どうりで無農薬野菜は高価なはずです。






納得、納得






収穫後は自宅に戻って陰干ししてます。















多分、今晩は大盛のポテサラのはず。

tag : 収穫 家庭菜園

梅雨明けか?

死ぬ程に忙しい日々でブログ更新も出来ませんでした。




本日は快晴なり。




海でまったりしてます。




今日は単文です。



















tag : 海開き

うっ!マンボ!

いや~。





この週末は思う存分に遊びました。





午後から雨だったのを良いことに寝てました。






選挙に行って後は早めの晩酌です。





今晩は珍しいもの尽くしで。






まずは飛び魚の刺身。













そして太刀魚の背越しです。













太刀魚は初めて触りました。





身が柔らかくて捌き難い。





包丁と腕も悪いのでキッツケが潰れてしまい、角が立ってません。






太刀魚の卵に酒、ミリン、醤油、スダチで付け汁を作りました。







そしてこれはマンボウ。














そう、あの「マンボウ」です。





マンボウ漁なんかはありませんが網に掛かったときにのみ地方流通します。





私も五年ぶりに見ました。





酢味噌和えで頂きます。










シコシコした歯ごたえがあり、いわゆる「乙な味」です。





最後に今朝、収穫した波の子貝で酒蒸風を作った。














この貝は砂吐きが遅いのでとりあえず食べる分だけ茹でて中身だけ取り出しました。



波の子貝はとても味が深くて、しみじみと美味しいです。






結構なご馳走になりました。






さあ、明日からの一週間も頑張ろう。

tag : マンボウ

貝塚

夜釣りはこんなイシモチがボチボチ釣れました。















朝、ハタと目を覚ました、防波堤の酔っ払い。




えっ~と





我ら四銃士酔っ払った末に椅子で座ったまま爆睡。





当然、朝マズメは過ぎてます…





はぁ~





またやっちゃった…






それでは目的変更。





昨晩は大潮だったんですよ。





なので前回に惨敗した「波の子貝」を採集します。





その貝は波に乗ってやってくるのだ。






前は一個しか採れなかった…





でも今日は!!





ほら!!!





大群生している秘密の場所発見。














貝塚かと思っちゃいました。





地元のオジサンも採ってました。






もはや漁獲高です。






部活動

我がアウトドアチームの釣り部で夜釣りです。




誘い文句は「今夜、部活する」です。




4人のメンバーが集まりました。




私と言えば、フッ、フッ、フッ。




仕掛けは勉強済みです。




前から欲しかった、竿立てを購入。











色は私の大好きなブルー。




う~ん、カッコ良い。





夜の10時にホームである閖上の防波堤に集合。



















みんなでビールをカシュ、カシュ空けて乾杯!




そしてシェフの私はジンギスカンを作るのだ。













ん?!




ヤバい。





ただの飲み会になりそう…

tag : 夜釣り 防波堤釣り

麺ポタ~エピソード2

満を持して麺ポタ~エピソード2の登場である。





決してネタが無くなったわけではない。





その気になれば毎日でもブログ更新出来るほどネタにはこと書かないのだ(スミマセン、嘘です)。





なにはともあれ今回は





「もちもちの木」




です。





「もちもち木」は埼玉県の白岡に本店があり、麺の湯きりで有名らしい。





ネットによると、




スープは、動物系のトンコツ鶏がらスープに鰹節、にぼし、昆布などからとった和風だしをブレンドしているとのこと。





そしてそのスープは都度、沸騰させてスープの表面に油で層を作って冷まさない工夫だされていますので火傷に注意らしい。





具は、チャーシュー、白髪ネギ、メンマで、このメンマは穂先メンマでここのラーメン店の自慢でもある様子です。





そんなこんなでお店に向かう。





本日は快晴。




適度に風が出ていて気持ちが良いです。





広瀬川では沢山の鮎釣り師が竿を出しています。











一時間位でお店に到着。




















当然ながらカップ麺と同じ中華そばを注文します。




すぐにラーメンが出てきました。













さて実食。




麺は独特のコシがあって美味しいです。













スープは噂通りアツアツ。



火傷をしてしまいそう。





穂先メンマも柔らかい。










あっという間に完食しました。




とても美味しいかったです!




腹ごなししなければ。





気合いを入れてペダルを踏む。




目的地の河原に到着。





さてカップ麺の登場。













これセブンイレブンで限定発売されている、明星食品の「地域の名店シリーズ 」です。





カヤクを入れて待つこと五分。




スープを含め見た目は先程食べたラーメンと同じ。











では早速は実食。





麺はお店とは似て非なるものですが、カップ麺としては秀一です。




しかしスープは最高!




お店で食べたのと遜色ない味です。





総合的には恐るべきカップ麺です。




はぁ~




お腹いっぱい。




汗が止まりません。






カミングアウト

実は私、海の餌釣りに滅法疎いんです。




全く分かりません。




今でも防波堤で釣りをするときはブラクリのみです。




友人が話す、ヨリモドシやサルカン、テンビンや胴突き仕掛けなんかを聞いても




??




なんです。





当然として仕掛けも全く作れない。





これじゃ釣れる筈がないのです。





私は渓流のルアーやフライを経て、最近誘われるがままに海釣りをしているだけなのです。





いわゆる餌釣り全般が弱い。




だってミミズやゴカイが触れないからルアーやフライを始めたのですから。





でも近頃ではゴカイなんか平気になってきました。




そうすると釣果を望むようになります。





でも今更、友人達に




「スマン、俺、全く海釣りのこと分からないから教えてくれよ!」




なんて言えません。





だって一応はアウトドアマスターで通っているのに…





てなことで先程、買っちゃいました!












「釣り仕掛けハンドブック」




今はスタバでコーヒー飲みながら読んでいます。




ほほ~




ジェットテンビンてこのことか。




そして片テンビンとの用途の違いは…




ふう~ん…

ヒップフラスコ ~ A DAY IN A LIFE

迷走する若かりし頃の一時期、ビップフラスコ(スキットル)を収集して悦に入っていました。





フラスコってほら、蒸留酒(ウィスキーやブランデー)を入れる携帯用の容器です。





英国のディアハンターがさバーブアーのポケットからフラスコを出してスコッチをグビリとか、





怪しからぬ男性二人が張り込みで、年配の男性がもう一人にフラスコを無言で差出しアゴをしゃくる仕草で「ほら、やれよ」とやるアレです。





インターネットは当然のこと、アンテークショップへ足しげく通ったり、フランスやオーストラリアに留学している友人に連絡をして蚤の市やガレージセールで探してもらったりしていました。





おかげで古いものから新しいもの、また素材がステンレスやピューターやガラスなど20本位集めていました。






自分の思い描いていた使い道としては、





ウインタースポーツであるラグビーを観戦。





膝にはPENDLETONのブランケットを掛けて、ときおりシェラデザインズのマウンテンパーカー60/40のポケットからフラスコを出し
マイヤーズラムをグビリ。




そして隣に座るまだ完落ちしてない女性に軽くウインクしてみる。





又は、




バックパッキング旅で歩き疲れた田舎道の夕方。





少し雨が降ってきた。



寂れた屋根付バス停を見つけ椅子に座りボウモアをグビリ。




そして深く息を吐き、苦み走った顔をする





とまあ、こんな感じ。






でもね、あんなに集めたフラスコなんですが殆ど友人にプレゼントしちゃいました。





だって、どんなシチュエーションで使っても、日本人や日本の風土に合わないだもんね。





そんなのポケットに入れてグビリとやったら、ただのアルコール中毒ですよ。





飲んでいる姿をどこかのオバチャンが見たら眉をひそめること間違いない。




いまでもバックパックをする場合に蒸留酒を持ってはゆきますが、その時には中身をプラティパスに移し替えます。





フラスコは重いんですよ。





てな訳で、手元に残ったのはこの二つのステンレス素材の物だけ。












初めて買ったフラスコで皮巻きです。












前面にはA DAY IN A LIFE(人生における1日)と書いています。



こちらは、そこそこ容量が入りキャップ部分にステンレスのカップが2個ついてます。











久しぶりにこれにウイスキーを入れ、ピクニックバスットに忍ばせ、どこか気持の良い場所でランチでもしようかな~





そうだその時には、この間考え付いたあのピクニックランチレシピを・・・

tag : スキットル ヒップフラスコ ウイスキー

こうして課題は残った。

本日は、はじめての食材で燻製を作りました。





まずは砂肝。





塩と酒を振りかけたあと、軽くボイル。





そして酒、醤油、ニンニクで作った調味液に漬け込み一昼夜。





最後に表面が乾く程度に風乾します。












次は木綿豆腐。





重石をして水抜きします。





以上で仕込み完了。





いよいよ燻煙開始。





程なく完成。















砂肝は若干、色が濃い。





豆腐はよい感じ。












さて実食。





砂肝は燻煙時間が長すぎたのか酢酸で少し酸っぱい。





絶品には程遠い。





豆腐は見た目は良いが味にインパクトがない。





もう少し濃い味にするか、豆腐を沖縄の島豆腐のように固くするか。





思い描いていた「ねっとり」とは行きませんでした。





しかしせっかくなので美味しく食べるために一工夫。





砂肝はフライパンに油代わりのマヨネーズを入れてレタスと共にさっと炒める。





仕上げに醤油一回わしして白ゴマをパラパラ。














豆腐はさいの目に切りミニトマトと共に塩、バジル、オリーブオイルで和える。












さて実食。





これは上手い。





居酒屋のメニューにしても大丈夫!






酒はハイボールですが、キリッと冷やした白ワインでも良さそうです。






tag : 燻製 豆腐

はじめて見たよ!

友人から誘われて早朝からサーフへGO-。





本日のミッションは





1.シーバスを釣ること




2.波の子貝を採ること





特に波の子貝と言われる貝は、この時期に大量に波に運ばれて海岸に寄せる貝らしく、友人の同僚が先週、大量に採取したらしい。





海岸にゴロゴロ落ちてるんだって。





これは楽しみ!!





まずはシーバスから、しばいちゃる。





早速、サーフからルアーをキャストする。














びゃ~んとルアーをキャストする。





ひたすらルアーをキャストする。





はぁ~





全く釣れない。





うんともすんとも、かすりもしない。






沖をみると、波待ちサーファー。















ん?!ロッドを持ってキャスティングしている。












お~





ボードに跨りながら釣りしてるんだ!





はじめて見たよ!





興味津々で見ていたら、上がってきました。




ストリンガーにはシーバスやイシモチ(かな?)が鈴なりに…




すげぇ。




はぁ~、釣ってるのが馬鹿らしくなりました。





さっさと貝を採ろうっと。




ザクザクあるらしいので海岸を散策します。





早速、見っけ。












さい先良いね~





あれから500メートルは歩きました。





落ちて無いじゃん。





一個しか見つから無いじゃん。





ゴロゴロ落ちてなんかして無いじゃん!





波打ち際の砂をグリグリしても見つかりません。





はぁ~





もう帰ろー。





自然相手だから仕方ないか。





魚が爆釣と聞いて行ってみても、これまで釣れたためしはないし。





時合と言うか、タイミングというか…




はぁ~





※※※※※※※※※※※




朝ご飯は昨晩の余り肴であるイナダで冷汁を作りました。





味噌、ネギ、生姜、白ゴマを水で溶いて酢を少々。




刺身を細かく切ってかき混ぜてしばし放置。




それをご飯にかけて、梅干しを入れる。










サラサラしていて、暑いときには最高です。





夏は冷汁に氷を入れると嬉しい一品になります。

tag : シーバス

夏近し

仕事が忙しくてブログの更新が出来ませんでした。




本日は7月1日




楽しみにしているフリーマガジンの「フィールドライフ」の配布日です。









夏号の今回は「水辺の冒険に行こう!!」です。





まだ、梅雨の真っ最中。





この夏は何して遊ぼうかな~





プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード