ホームリバー

20090429212726



今日は友人と北上川河口へサクラマスを釣りに行こうかと思いましたが時間が合わず断念。

そんで一人で8時頃から泉ケ岳の麓を流れるHk川へ渓流ルアーに行きました。
この川は魚影が濃いのですが漁協がなく有志の方々が自費で稚魚放流している川です。

私はこの川でルアーフィッシングを覚えました。
ノートに気温、水温、水量、時間、釣れたらヒットルアーに至るまでのローテーションを記録。
思う通りにキャスティング出来るようになった頃には、渓流の歩き方や、魚が居る場所がわかりるようになりました。
ヒットとバラシを繰り返し、それぞれ状況にあうルアーを見いだせました。

初めてスーパーハッチに遭遇して、狂ったようにライズを繰り返す無数のヤマメを見たり、日没寸前に43センチの大イワナを釣ったのもこの川。

いろんなことをこの川で学びました。
いわゆるホームリバー。

フライに転向してからは足が遠ざかっていましたので3シーバスぶり。

渓相が変わっていましたが懐かしさもありゆっくり釣り上がりました。

でも全然釣れない。
チェイスがあるが乗らない。

ある淵では沢山の10センチ位のヤマメに混じって25センチ位のグッドサイズヤマメパーマークを翻してライズをしている。

あの手この手を使っても全く釣れない。

久しぶりに来たので川の機嫌が悪いのかな?

なので二時間位で上がりました。

また、来るよ。

その後はコンビニに寄ってノンアルコールビールのキリンのフリーを飲みました。

ビールのようなジュースのような微妙な味わい。

なんか、シャンディーガフを飲んでいる感じ。
昔なら平気でビールを飲んでましたが、飲酒運転は怖いからね!
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : サクラマス ルアーフッシング キャスティング ライズ ヤマメ パーマーク

ARABAKI料理 3

20090426154105


シングルバーナークッキングの3食目。

の、はずが途中でボンベが切れたのです。しかも、工程の半分位だったので、諦めて食べるような段階ではない。

軽くパニック。

そんで主義転換。

屋台にまっしぐらです。
これで二百円ですから安い安い。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : シングルバーナークッキング

ARABAKI料理 2

20090426084421


ARABAKI

シングルバーナークッキングの二食目。

「牛肉大和煮の炊き込みごはん」

牛肉大和煮缶、ナメ茸瓶半分、米が材料です。
調味料は不要

これまた全て入れて水加減するだけ。

とても美味しかったですよ。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : シングルバーナークッキング ARABAKIアウトドア 仙台市 キャンプ ワンバーナーレシピ

ARABAKI中です!

20090425150558


今年のARABAKIは寒い、寒い。只今は気温5℃

雨が降り続いています。

フェスは盛り上がっておりオーディエンスの熱気も伝わってきます。

でも天気がね~。

お陰で生ビールがさっぱり売れない。
仙台名物の「ずんだ餅」の売れ行きもイマイチ。

せめて、雨は上がって欲しいものです。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ARABAKI

ARABAKI料理1

20090425130332


ARABAKI

シングルバーナークッキングの一食目。

「赤貝の炊き込みごはん」

赤貝缶、米、醤油、ショウガが材料です。

全て入れて水加減して炊くだけなので簡単。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : シングルバーナークッキング アウトドア 仙台市 キャンプ ワンバーナークッキング ワンバーナーレシピ

嵐の中を巡航する者

20090425085248


いよいよ、ARABAKIがスタートします!

しかし、両日共に雨なのです。

でも、平気。

それは昨日、モンベルのストームクルザーを買ったから。

なのでテンション上がってます!

レインスーツもpatagoniaにしようかと思ったのですが、性能や機能ではストームクルザーに勝るものはないでしょう。

低気圧接近して荒れ模様!
まさに「嵐の中を巡航する者」です。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ARABAKI モンベル ストームクルーザー patagonia

バックパッカーの食事

20090422142321


そっち方面の仲間内では「シェフ」と呼ばれており、フィッシングキャンプや定例キャンプでは料理担当をしています。

普通だと料理当番は大変らしく持ち回りのパーティーが多いようですが、うちは専属なのですよ。

事前に何を作るかや材料の軽量化などを考えるのは非常に楽しいものです。
もう、これを含めてアウトドア
むしろ実際の行動より仲間との打ち合わせや、装備品の吟味や、料理メニューを考えている事前準備のほうが楽しいかもしれない。

今週の土日はARABAKI ロックフェスティバル09に行くのですよ。
パフォーマンスを見に行くのではなくて、キャンプ場のボランティアとして飲食物の販売補助をしているのです。
ま、休憩中はお目当てのアーティストを見に行くのですが。 そんなことで毎年参加中。

それで今、考えているのはその時に食べる2日間6食分のメニュー。

自分の分だけなのでシングルバーナーを使った料理です。

会場で販売している屋台の料理を食べたら良いんでしょうが、それじゃつまらないし、なんせお金が沢山かかります。

シェフを自認しているバックパッカーですから料理にはこだわりたいのです。

美味く、安く、軽く、ゴミなく。

これが理想でありポイント

あとのこだわりは全て百円ショップの食材で用意して、一食分は二百円以内に抑えて作ること。

乾物を積極的に使い(百円でかなりの量があるし、余れば次に使える)、お米はアルファ化米やレトルトご飯ではなく、自作の乾燥米や無洗米を使っています。
メニューの候補は幾つかありますが、新作も考案中です。

先日買ったトランギアやスノーピークのコッヘルも試してみたいし。

もう、私のARABAKI(荒吐)はすでに始まっています。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : スノーピーク バックパッカー シングルバーナー アウトドア 仙台市 キャンプ ワンバーナークッキング ワンバーナーレシピ

晴釣雨読

20090417092154


今日はお休みなのです。

昨夜から釣り道具を愛車のランドローバーに積み込んで準備万端。

でも、早朝に起きてみたら結構強い雨です。

そんなことで渓流行きは中止して自宅で停滞しています。

こんな日はアウトドアショップ巡りが楽しいのですが、衝動買いには要注意です。

キャッチ&リリース

20090416204402


キャッチ&リリース、これってどうなんだろ。キャッチ&イート、これもどうなんだろう。

あくまでも渓流での話しですけど、釣りのスタイルによって容認されたり、されなかたりすることがありますよね。

フライはやルアーはリリース前提、餌釣りは持ち帰っても大丈夫。
なんか、そんな感じしないですか?

勿論、これにあてはまらない釣り師も大勢いると思いますが。

私の渓流釣りの入門はルアーなんですが、始めてから数年は釣れた嬉しさもあってか、小さい魚以外は全て持ち帰えり、塩焼や燻製にして楽しんでいました。

でも最近は渓流のルアーでは必ず釣る自信があることや、フライフィッシングに転向したことが影響してかほとんどリリースしています。

何故かフライではリリースすることが当たり前の感があるでしょう。

でも、源流のフィッシングキャンプではいまだに釣れたら食糧にしています。積極的に。

餌釣やテンカラは食糧や現金収入を得るために発達した釣りに間違い無いでしょうし、ルアーも多分そう。

米軍のサバイバルツールにはスプーン(ルアー)になるスプーン(食べるやつ)もありますが、英軍SASのツールにはフライなんて入ってはいないはず。

フライフィッシングは英国貴族のたしなみとして発達しているから釣果を食べる必要性がないし、なんせ生活がかかっていないから所詮は遊びです。

結局はバランス感覚ですよね。

漁協が無くて放流していない川はリリースに努めるとして、入漁券を買った入る川では自家消費する分位は持ち帰ってもいいと思います。

釣れない原因の一つとして持ち帰り派の釣り師をいぶかしがる風潮は怖いと思います。

広義では、釣れたら塩焼きで食べさせてくれる釣り堀施設と、漁協が大量放流している川では何も変わりがありません。
どちらも、お金を払って魚を釣るのですから。

資源を大切にするのは当然ですが、時と場合によってリリースするか持ち帰りするかを決めたら良いのです。

でも、あくまでも節度を持ってではありますが。

tag : 晴釣雨読 リリース フライフィッシング ルアーフィッシング

patagonia

20090413224314



パタゴニア製品が大好きです。

ここ数年来、身につけている半分以上は多分ここんちの製品です。

下着から、シェル、ダウン、キャップ、バックもそう。
ウエットスーツやラッシュガードまで。
もう、節操なしです。

別に先鋭的なクライマーでもエクストリーマーでもないしカリカリなライトウエイトのトリッパーでもない。

でも大好きなんです。

かなりお金をつぎ込みました。
そして困ったことにダイエット効果によりUS、MサイズだったのがSかXSサイズにダウンしたのでまた大変。あの服はは腕の部分が異常に長いでしょ!
手長ザルじゃないんだから。

合うサイズをさらに買い増ししました。

それでもあのフィッツロイは目立つから、あまりパタパタしないように、ロゴが目立たないタイプや、他のシンプルブランドのものをうまく組み合わせてクロージングしています。
ブランドロゴを至る所に見せているのはチョットね。

んで、フィッシング関連もパタゴニア。
ジャケツト、ベスト、キャップ、ウエーディングシューズも。

でもシューズはこれからどうするか少々迷っています。

もう7シーズン使いソールも2回張替えて数々の釣行を共にしました。

でも重いんですよ。もはや致命的に。
源流をザック背負って遡行するときなんかもかなりシンドイ。

もともとイエローナイフやそんなイメージの川でスペイでスチールやブラウンやレインボーなんかを立ち込みながら釣る為のシューズだと思うんです。

だから日本の繊細な渓流には不向きかも。

そして使うたびに手入れしているのだが結構ボロボロになってしまった。
買い換えようかな???

でもなんだかんだでまたパタゴニアを買ってしまうのかも。
もうすでに買い換える趣旨が違ってきてますが。



20090413224312

VOCK

20090408131502


木製ネックレスを買いました。
上の写真の左側ほう。
右側は以前から持っていた。

当初はターコイズのネックレスを探していました。
イメージでは台座が無く石だけで形はティアドロップ型で細い皮紐で吊るす感じ。
でも、過敏な装飾が多く、男性の首に下げるのはチョットという感じでした。

そんな頃、アウトドアショップで木製のクライミングホールドを見つけました。その頃はクライミングジムへ通い始めですごく興味が沸きました。
木製クライミングホールド&アクセサリーショップ「VOCK」という工房。
宮城県の山間で田んぼと畑仕事をしながら作品制作に励んでいるとのこと。この場所はよく渓流釣りや遊びに行くところなので電話して直接会いに行きました。その人は思った以上に若い男性て゛した。店舗は無いネットショップだけど対面で買っちゃいました。以来はこのネックレスはお気に入りとなり、またもう一つ欲しくなったということ。彼も毎日のようにブログを更新しているので興味があればどうぞ。

20090408131459

tag : 渓流釣り 仙台 宮城県 宮城 ルアー フライ 海釣り ノースフェイス カフェ アウトドア

90%の足元

20090407181432


ダナーライトのソール交換が終了し数週間振りに戻って来ました。
約10年前に購入し、これで3回目の交換。

その頃、仕事ではスーツに合わせてそれなり靴を履いていました。
しかし、このブーツに5万円近く投資するのは正直迷いました。歴史やダナー社のアフターケアがしっかりしていて、一生モノだとは知っていました。
「でも所詮ただのブーツでしょ、なんでそんなに高いの?」ってね。
買ったあとでも、たぶんその靴がまだ足に馴染んでいないうちはその気持ちを引きずっていたはず。

それから10年。プライベートでは晴れの日は勿論、雨や雪や夏でもダナーを履いています。

これで街を歩き、山や渓を歩き、バックパックを経験し、オーストラリアもダナーで歩きました。
足元は、たぶん90%の確率でダナーを履いています。普通は洋服に合わせて靴を選ぶのだが、あれ以来はダナーに合う洋服のスタイルになった。

これから何回のソール交換をするのだろうか。そしてこれを受け継ぐ者はこのダナーを履いてどこに行き、何を見るのだろうか。

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : ダナー バックパック クライミング

川辺の生活者

20090405192621


我が家はこの川原まで30秒の距離にあります。
ここは清流「広瀬川」
でも、ん?ん?これが清流か??
確かに市内中心部を流れるこの流域にも天然鮎や鮭が遡上する。
その時期になると鮎師がここでも竿を振っています。
杜の都 仙台の象徴。

実際に川に入ると岩についているコケなんかは汚れているし、シルトもスゴイ。
ここに居を構えてすぐの頃に川を見ていたらイブニングにライズリングを数箇所に発見!

しばし観察していたらなんか規則的に波紋が広がる。
結局、川床からのガスの発生でした。

先日、『広瀬川ルネッサンス』という著書を読みました。
昭和10年代の広瀬川はもっと川幅が広く、流れも早く、綺麗な砂の川岸が至る所にあったらしい。
ネットで調べていたら鰻淵と呼ばれるくらい鰻が多い場所もあり、川エビも沢山いて、夜にカンテラで川を照らすと至る所でエビの目が光っていたそうです。

この本によるとその原因はダムはもちろんのこと、戦後に進駐軍が多数駐留しその生活排水が大量に流れ込んだことや、農家の取水も原因の一因だそうです。

昨年まで左岸には雑木が茂り、胡桃の大木が数本あって、かなりクルミを取ったものです。
それをすべて切り倒し、重機を入れて川床を掘削して川道を整備しているそうです。
不勉強なんで何のためにやっているのか判りません。
多分、何かの大義があるのでしょう。

流域に住む生活者として豊かな自然を残したいなと思います。
それが『ハチドリの一滴』でも。


20090405192623


話題変更。

今日は早朝から天気がよかったので、早々に起きて川原を散歩しました。
ここは、結構な距離の散歩コース兼サイクリングコースが整備されています。

川岸にカンゾウの群生を見つけました。
摘もうかとも思いましたがまた今度。
そういえば去年はタラの芽も出ていましたよ。
早起きは三文ならぬ山菜の得ですね・・・。

ひとしきり散策した後、川原に座りコーヒーを飲みました。
ポーレックスのミルで豆を挽いて、ナルゲンに入れた水をプリムスで沸かし、ユニフレームのバネットで淹れました。
ゆっくりと二杯飲んだ頃には、もう七時。

そして家に帰りました。
30秒の時間を掛けて。

tag : パタゴニア ユニフレーム 仙台市 アウトドア 渓流釣り 仙台

スゴいショック!

20090404174144


晴天が大好きです、特に早朝から午後2時位まで。凄い充実した気分になるんですよ。

今日は午後から雨の予報なので外遊びはやめてMONOの手入れをすることに。
今回は通勤にポタリングに大活躍の自転車、GIANTのESCAPE R3 。
買ってから一年経ちました。
以前はMTBだったのだが、このクロスバイクに乗った瞬間から
「自転車って、すげー速いいじゃん!」
と軽いカルチャーショック。

スポーツタイプは遥か遠い記憶の小学生の時、ブリヂストンのロードマンに乗ってました。ワインレッドの。速かったし格好が良かった記憶はあるが、感動しなかったような。
それはロードタイプではなくて、周りの友人が乗っていたフラッシャーやスーパーカーライトやシフトギアがついた自転車が欲しかったからなのか。
今考えてみればロードマンの方がかなり贅沢のはず、ありがとう父母。

そういう訳で、現在の愛機ESCAPE R3に対してはかなり過保護。
名前まであります「ダイアナ」、これこそまさに擬人化。
なんたって雨の日は乗らないし、雨が上がっても路面が濡れていたら乗らない。通勤用なのに。
そんな時は地下鉄に乗ってます。まさに本末転倒。

おかげで未だにピカピカ!細かい部分も光ってます。
当然、濡れ雑巾で毎週磨いてました。
でもフレームに若干の油汚れがあり拭いただけでは完璧に落ちなかったんです。
しばらくはそのままにしていたんですが、先月号のサイクルスポーツに水洗いの方法が載っていたのでやってみました。
台所洗剤とスポンジを使って隅々まで洗いました。

でも肝心の油汚れがうまく落ちないのですよ。
なのでスポンジの裏側のあの部で洗ったんですよ。洗剤はクレンザーじゃないしワイヤータワシで洗ってるわけじゃないので、気楽に洗いました。
そして仕上げ拭きにはいったらフレームの光や雰囲気が違う。

「ん?ん?塗装が削れてんじゃん!!」

最悪ですよ。かなりショックです。フレームを拭きながら「あ~あ」って何回も言ってました。
本当にショックです。ピカピカフレームがつや消しブラックになってしまいました
恐るべし台所スポンジ!

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 渓流釣り 仙台 宮城県 宮城 ルアー フライ 海釣り ノースフェイス カフェ アウトドア

穴場カフェ見つけました。

20090403105031


紆余曲折。
本日はお休みとなりました。この時期は日差しは眩しいのだが、気温はまだ低いし風も強いのです。こんな日は河原に車を止めて本を読むのが一番。ポカポカで居眠り一直線ですね。

しかし今日は以前から気になっていた川沿いにあるカフェの「杜瀞」に行ってきました。
ここは本当に最高のロケーションで通ってしまうかもしれない。
でも、土日が休みなのでドライブ帰りやポタリング目的地には厳しいかも。

デジカメで数枚撮りましたが電話回線が未整備なので圧縮にえらい時間が掛かるのですよ。15分かけでもってファイルが完成しないので止めました。だから携帯の写真をアップします。ほとんど雰囲気は伝わりませんが。

cafe杜瀞(トトロ) 仙台市太白区茂庭中ノ瀬東4ー1 電話022ー281ー3317 定休日 土日月曜日

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : 仙台市 釣り 晴釣雨読 広瀬川

休みがない!

携帯からの書き込みです。

外遊び大好きを公言しているブログですから、外で遊べばいいんでしょうが休みが無い。
だから書き込むことがないのですよ。休みがきたら渓流でのフライかポタリングかクライミングでもしようかと思います。

そうそう、ブログタイトル「晴釣雨読」は他にもあるんですね。釣り師の考えることはほぼ一緒です。

ただサブタイトルの(下ノ川ニ居リマス)は私だけでしたよ。
別に宮沢賢治に傾倒している訳ではないですが。

次の書き込みには写真をアップしたいと思います。

tag : ルアーフィッシング フライフィッシング ポタリング

プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード