GREGORY Diablo 6

先日、行きつけの古着屋でこれ買いました。












トレイルランニング用ザック 「 GREGORY Diablo 6 」












IMGP2845_convert_20170227235633.jpg

















IMGP2846_convert_20170227235648.jpg
















IMGP2872_convert_20170228001003.jpg












価格は中古といえども激安価格の980円でした。










IMGP2848_convert_20170227235716.jpg



















上蓋のしっかりしていて、ヨレもない。



















背面のテンションコードも全く異常なし。


















IMGP2851_convert_20170227235742.jpg





















この部分は水分を補給するハイドロシステムのチューブを掛ける部分を固定するために、テーピングをしていたんだと思う。



















IMGP2847_convert_20170227235703.jpg


















じゃ、なぜ投げ売り価格なのか!




















それは、ここの部分。

















左右のサイドポケット。


















IMGP2852_convert_20170227235756.jpg


















IMGP2853_convert_20170227235810.jpg

















そうなのよ!
















緑青でガチガチに錆ついていて、チャックが微動だにしないのね~























メインの部分もこの通りビクともしない。

















IMGP2854_convert_20170227235824.jpg

















IMGP2856_convert_20170227235838.jpg



















IMGP2858_convert_20170227235850.jpg













まあ、売れないやね~





















多分、初心者のトレイルランナーが、結構ハードな状況のレースに出た後にメンテをしないで、そのままザックを放って置いたのではないかな・・・












結局は要らなくなった。


















多分そう。





















大丈夫、使って上げます。















さあ、メンテナンス開始。














IMGP2844_convert_20170227235619.jpg














チャックはヤスリを掛けて緑青を落とす。

















IMGP2861_convert_20170227235905.jpg



















クレ5・56を掛けて少し時間を置く、チャックが動かなければ、再度5・56を掛けて時間を置く。


















IMGP2862_convert_20170227235919.jpg














そして手で動かなければ、ペンチを使い強制的にスライドさせる。


















これを繰り返したあとに洗濯機で丸洗いします。

















そうして完璧に乾いたら、綿棒で細かい部分の緑青を落とします。



















IMGP2864_convert_20170227235934.jpg
















チャック部分にはシリコンスプレーを吹きかけて、滑らかになるまで何度もスライドさせます。
















IMGP2867_convert_20170228000002.jpg













ハイ、完成!!






















IMGP2870_convert_20170228000015.jpg





















良いじゃない~
















980円、超お買い得じゃない~























トレランは勿論のこと、自転車のロングライドでも使えますね!




















このザックのデビューは近いよ。




































スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

シリコンスチーマ-

今月号のビーパルの特集はキャンピングカーでした。




















DSC08807_convert_20170117230853.jpg


























そして近頃は付録が多いんですが、今回はこれ!

















DSC08809_convert_20170117230945.jpg





























DSC08808_convert_20170117230913.jpg





















LODGEとコラボしたダッヂオーブン型のシリコンスチーマー。



















DSC08812_convert_20170117231001.jpg




























DSC08815_convert_20170117231017.jpg


















いいんじゃない!かなりいいんじゃない!

















DSC08816_convert_20170117231033_20170117231340b46.jpg




















一人用の料理にはもちろん、晩酌の時にナッツを入れたりとか、タレやソースを入れたりね!

























あまりに秀逸なのでポケットに入れて遊んでいたら、あら不思議。





























二つに増えました・・・






















DSC08817_convert_20170117231051_20170117231341d1f.jpg
























三つにはならないように、自分に『 ダメだよ! 』と言い聞かせてます・・・



























反省・・・・






























テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

XPAN 8INCH

先日、WILD-1で掘り出し物のシートゥーサミットのX-POT2.8Lを買ったことを記事にしましたね。

























でね、又ね、行ってみたのよ。




























WILD-1に・・・。






























そしたらあった、またあった掘り出し物!



























買いました、これ。
























シートゥーサミットのX-Pan 8INCH 




















DSC08707_convert_20161228140222.jpg


















価格は1,980円!


















DSC08708_convert_20161228140238.jpg




















その場でネットを見たら4,000円~5,000円程度だったので即買いです。




















Screenshot_2016-12-08-15-36-42(1)_convert_20170103085840.png











さあ、では早速、ご紹介。















DSC08709_convert_20161228140253.jpg



















このXパンは、他のXシリーズと同じ概念を共有しますので、ネスティングシステムにうまく適合します。


























この8インチのパンは、非常に軽く、剛性の構造体を作成し5シリーズアルミニウムから押圧されているそうだ。


























ハンドルはノンスリップリフト用耐熱シリコーングリップで出来ています。




















スペック的には
寸法:9(DIA)×1インチ。
大きさ:8インチ
重量:285グラム






















スノピの地に乗せるとこんな感じ 





















DSC08711_convert_20161228140330.jpg



























SOTOだとこう




















DSC08712_convert_20161228140347.jpg






















X-POTと違い、ハンドルがあるので押えながら調理をするのならばスノピの地でもいけますね!
























先日買ったX-POTと並べると・・・ 


















DSC08713_convert_20161228140403.jpg



重ねてみると・・・  





















DSC08714_convert_20161228140421.jpg



























良いね~、良いね~、なんかウキウキしてくる! 実践投入が楽しみです



































テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : XPAN

XPOT 1.4L

多くのアウトドア雑誌で紹介されている、シートゥーサミットのX-POT気になりますよね~。





















DSC08687_convert_20161228135630.jpg



















でもお手頃サイズの1.4Lでもネットで税抜5,000円~6,000円の価格なので、手が出ませんでした。





















Screenshot_2016-12-08-15-11-25(1)_convert_20170103085813.png














がっ、WILD-1のセールを覗いたら、なんと3,480円!!!!。


















DSC08690_convert_20161228135716.jpg





















ならば、もう即買いです。




















DSC08692_convert_20161228135753.jpg


























良いね~ 















DSC08697_convert_20161228135921.jpg

















DSC08696_convert_20161228135901.jpg


















本体は柔軟性、耐熱性のあるシリコンで作られていて底部のアルミを圧着させて作られています。












DSC08694_convert_20161228135827.jpg















そのためパタンと折りたためてコンパクトに持ち運びをすることができます。






















この1.4Lは、料理やお湯も沸かせる2 人用のクッカーですね。
























クッカー本体のシリコンのじゃばら部分にはメモリがついています。










DSC08695_convert_20161228135843.jpg



















またクッカーの蓋は多めの湯きり穴がついていてお湯をすてるのに便利だし、パスタがこぼれることもありません。
















DSC08693_convert_20161228135809.jpg






















両サイドのハンドルは持ち運びの為の蓋のストッパー件、クッカーを両手で持つ為のハンドルになっています。























DSC08691_convert_20161228135737.jpg





















スペック的に言うと・・














XPOT1.4L
本体:シリコン
底部:両面アルマイト加工されたアルミ(厚さ0.8mm)
蓋:アクリル樹脂(BPAフリー)
収納サイズ:直径約19cm、高さ約2.5cm
満水容量:1.4L
重量:270g












注意事項として側面がシリコンなので、側面に火が回るような、大きめの五徳のハイパワー・ハイカロリーバーナーには向きません。












DSC08698_convert_20161228135938.jpg
















たとえばMSRドラゴンフライ 
















DSC08700_convert_20161228140010.jpg
























MSRウイスパーライト 














DSC08699_convert_20161228135954.jpg























これらは厳しいかも。






















ならばガス缶使用はどうか!


























プリムスP-111A


















DSC08702_convert_20161228140054.jpg



















スノーピーク地 
















DSC08701_convert_20161228140027.jpg























SOTO レギュレーターストーブ ST-310















DSC08703_convert_20161228140112.jpg





















これらのガス缶シングルバーナーなら大丈夫ですね~。


























実際に載せてみると背が高いシングルバーナーは安定感が悪そう・・・。














DSC08704_convert_20161228140129.jpg
















SOTOは・・・。



















DSC08705_convert_20161228140147.jpg


















DSC08706_convert_20161228140202.jpg




























うん、いい感じ!安定してるじゃん~。























バックカントリーでビーフシチューなんてよさそうですね!
























使うのが楽しみです。
























テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : シートゥーサミット XPOT

新年は熱燗器で

皆さま新年明けましておめでとうございます!








今年も当ブログを宜しくお願い申し上げます。


















さて、2017年最初のブログ記事も当然に物欲からスタートです!











@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@





















お正月を目前に控えた、年末にこんなこと考えていた。






















「正月はゆっくりと熱燗でも飲みたいなあ~。でも飲み頃温度にするのが以外にも難しいんだよね~。」と思った、忘年会帰りの午前2時。



















Amazonさん、届きました。




















熱燗器!















DSC08653_convert_20161228135253.jpg














 なかにはこんなものが入っている。















DSC08654_convert_20161228135307.jpg


















ここが温度を調節することろで、いろいろ我儘を聞いてれるようです。



















DSC08655_convert_20161228135320.jpg
























ここが、お銚子部分もしくはジョカ部分。






















DSC08656_convert_20161228135334.jpg






















組み立てるとこのようになる。

















DSC08658_convert_20161228135406.jpg




















ここが熱くなるんですね~ 


















DSC08661_convert_20161228135443.jpg




















んで、早速とセットします。 




















DSC08662_convert_20161228135500.jpg





























温度は熱燗を希望。 






















DSC08663_convert_20161228135521.jpg






























だんだんと温まり、そこから気泡が上がってきます。 






















DSC08664_convert_20161228135539.jpg






























10分程度で熱燗となる。
























DSC08665_convert_20161228135559.jpg
























うう~ん、丁度良い感じ!! 





















DSC08666_convert_20161228135614.jpg


























焼酎でもいけそう。































でも、年に何回使うのだろ・・・



















今年も早速、新年からカミさんに叱られそう・・・











































テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : 熱燗器

プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード