瀬見温泉の朝

朝早くから起きて館内を歩き回ったら、天皇家のご訪問の写真が多数ありました。














やはり天皇家の定宿というのは本当だったんですね~

















IMGP5958_convert_20160419221928.jpg















IMGP5959_convert_20160419222134.jpg




















IMGP5960_convert_20160419222214.jpg



















IMGP5961_convert_20160419222253.jpg



















IMGP5962_convert_20160419222334.jpg




















IMGP5963_convert_20160419222408.jpg





















さあ、朝ごはん会場に行きますか~























IMGP5989_convert_20160419222004.jpg
























朝ごはんはバイキングなのですが、ここのは美味い!













IMGP5992_convert_20160419222103.jpg
























IMGP5990_convert_20160419222032.jpg


















私は4回、カミさんは3回、息子は2回のお替わりをしました。






















ホントに美味しかったです。
















朝ごはんの後は、卓球で盛り上がりましたよ!



























IMGP2237_convert_20160419220749.jpg
























IMGP2238_convert_20160419220809.jpg
























11:00のチェックアウトまでゆっくりして、その後はフロントに荷物を預けて付近を散策しました。













IMGP2249_convert_20160419220833.jpg
















ここは温泉神社らしく、飲む温泉や足湯で楽しみました。



















IMGP2252_convert_20160419220916.jpg




















IMGP2250_convert_20160419220855.jpg


















IMGP2289_convert_20160419221650.jpg

























温泉街は何だか千と千尋の世界観がありましたよ~

























IMGP2259_convert_20160419221010.jpg



























IMGP2260_convert_20160419221213.jpg































ちなみに瀬見温泉は義経主従の伝説が沢山残っていてるようです。




























IMGP2262_convert_20160419221109.jpg




















IMGP2264_convert_20160419221135.jpg
























IMGP2266_convert_20160419221154.jpg






















IMGP2267_convert_20160419221322.jpg





















昨日はゆっくりと見ることが出来なかった瀬見温泉駅でパチリ。





























IMGP2268_convert_20160419221346.jpg


























IMGP2269_convert_20160419221409.jpg
























なおも瀬見温泉を散策します。



























IMGP2270_convert_20160419221428.jpg




























源義経の兜や像の前でパチリ。





















IMGP2282_convert_20160419221526.jpg



















IMGP2278_convert_20160419221455.jpg

























IMGP2283_convert_20160419221553.jpg




















橋のレリーフは弁慶の透かしでした。


























IMGP2285_convert_20160419221621.jpg























































































いよいよ、そろそろ帰る時間です。























瀬見温泉駅へ向いました。




















IMGP2303_convert_20160419221728.jpg




























IMGP2304_convert_20160419221756.jpg

























汽笛を鳴らしてリゾートみのりが到着しました。















































遊び疲れたのかリゾートみのりに乗ったら直ぐに熟睡の様子です。


























IMGP2309_convert_20160419221820.jpg


























また、遊びにこようね!






























スポンサーサイト

瀬見温泉 ゆめみの宿 観松館

リゾートみのりが山形県最上郡最上町の瀬見温泉駅に到着しました。


















IMGP2302_convert_20160419141359.jpg





















IMGP2299_convert_20160419141441.jpg





















チェックインまではまだ時間があるのでお昼ご飯を食べに、近くにある「川の駅 ヤナ茶屋もがみ 」に行きました。






















ヤナとは伝統的な鮎漁の一つで、産卵に向かって川を下る鮎の習性に基づいて考案された漁方であり、古くは弥生時代までさかのぼるらしいです。




















IMGP2203_convert_20160418135615_20160419142834ada.jpg

















IMGP2202_convert_20160418135516.jpg






















IMGP2205_convert_20160418135640.jpg



















IMGP2208_convert_20160418135822.jpg




















店内では鮎を塩焼きにしていました。





















IMGP2200_convert_20160418135206.jpg















IMGP2201_convert_20160418135227.jpg






















ここでは手打ちそばが有名らしいのですが、貧乏症なのでお安いうどんで我慢でしたが、歯触りがよく思わぬほど美味でした。























IMGP2207_convert_20160418135749.jpg















ここで二時間ほど時間をつぶし、今夜の宿である「 ゆめみの宿 観松館 」と到着です。













IMGP2258_convert_20160419220359.jpg












IMGP2246_convert_20160418141023.jpg



















ここは天皇家ご一行が常宿しているらしいです










早速、お部屋にご案内されますと、外は小国川が見渡せるリバービューでした。



























IMGP2211_convert_20160418135906.jpg










これが用意されていました。





















IMGP2212_convert_20160418135938.jpg




















濁り酒とお菓子です、良いね~



























IMGP2213_convert_20160418140002.jpg











さあ、まずは浴衣に着替えて温泉へGO!!





























IMGP2215_convert_20160418140050.jpg





















気持ちの良い露店風呂、そして誰もいなければ泳ぎたくなるのは人情ってもんです。



























IMGP5964_convert_20160418141119.jpg



















IMGP5971_convert_20160418141334.jpg
























IMGP5969_convert_20160418141228.jpg





















息子とたっぷりと遊び、ゆっくりと温まった後は、当然にこれですよね~





























IMGP5980_convert_20160418141424.jpg


















この後はカミさんも合流して、ホロ酔いなるまでビールを飲みました。































そして、お楽しみのお部屋で食べる夕飯ですね!
























IMGP2217_convert_20160418140129.jpg






















IMGP2222_convert_20160418140412.jpg





























お品書きはこんな感じ。


























IMGP2228_convert_20160418140619.jpg


























凄い品数ですので画像のみね!































IMGP2220_convert_20160418140153.jpg
























IMGP2221_convert_20160418140232.jpg























IMGP2223_convert_20160418140434.jpg



























IMGP2224_convert_20160418140510.jpg
































IMGP2225_convert_20160418140526.jpg

































IMGP2226_convert_20160418140546.jpg

































IMGP2227_convert_20160418140604.jpg
































IMGP2229_convert_20160418140637.jpg




































IMGP2230_convert_20160418140654.jpg



































IMGP2231_convert_20160418140711.jpg
































IMGP2232_convert_20160418140729.jpg




































IMGP2233_convert_20160418140846.jpg











そして最後の締めは釜めしでした。






















IMGP2234_convert_20160418140916.jpg




























IMGP2235_convert_20160418140941.jpg





































満腹、満腹、大満足の夕飯でした。


































テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : ゆめみの宿 観松館 瀬見温泉

リゾート列車みのり

それは少し前の春休みのことです。







長女と次女は、長女の中学卒業旅行で5泊で大阪名古屋に遊びにいきました。











中学で卒業旅行・・・、なんたる非常識。










高校の志望校に合格したら行かせてると約束したら見事に合格・・・・。











心配だから次女をお目付に付けた結果、旅行代金20万円・・・・・。








はあ~










そうすると可哀そうなのが、この春に小学二年生になる息子です。












しゃ~ない、鉄道好きの息子のために特別列車で温泉へ行きますか!






























さあ、リゾートみのりが仙台駅に到着しました。










IMGP2146_convert_20160414194626.jpg













IMGP2153_convert_20160414194717.jpg









































息子曰くこの列車は「 キハ48-549 」いわゆるキハ系らしいです。(さっぱり判らん・・・)
















IMGP2150_convert_20160414194645.jpg
































早速、乗り込むカミさんと息子。










IMGP2151_convert_20160414194702.jpg















列車が発車するやいなやすぐに朝ごはんです。










息子は「E6系スーパーこまち」弁当に上機嫌です。



















IMGP2154_convert_20160414194731.jpg

















IMGP2155_convert_20160414194747.jpg















IMGP2156_convert_20160414194802.jpg











私は一番お安いトンカツ弁当にビールです。























IMGP2157_convert_20160414194815.jpg





















IMGP2158_convert_20160414194828.jpg




















電車内には特別列車らしく、記念のボードなんかんもあります。














IMGP2160_convert_20160414194844.jpg










そして息子と電車内の散策です。















運転席や前方の展望席。













IMGP2162_convert_20160414194902.jpg



















IMGP2163_convert_20160414194931.jpg























IMGP2164_convert_20160414194945.jpg















カミさんと後方の展望席に座る。

















IMGP2168_convert_20160414195006.jpg

























そして途中の鳴子温泉駅でしばし停車です。




















IMGP2185_convert_20160414195114.jpg
















IMGP2186_convert_20160414195132.jpg

















あらためて、みのりを眺める。














IMGP2184_convert_20160414195057.jpg



















IMGP2183_convert_20160414195042.jpg












前方のデザインは伊達政宗の兜をイメージしているようです。


















そして駅ではご当地ゆるキャラがお出迎えです。


















IMGP2175_convert_20160414195023.jpg























再度、電車に乗り魚眼レンズで車内を撮ると先ほどの画像とは趣が違います。
































IMGP2189_convert_20160414195148.jpg

















IMGP2198_convert_20160414195312 - コピー




















IMGP2192_convert_20160414195208 - コピー
















IMGP2193_convert_20160414195225 - コピー




















IMGP2194_convert_20160414195240 - コピー






















IMGP2196_convert_20160414195257 - コピー



























IMGP2199_convert_20160414195330.jpg















絶景の鳴子渓を過ぎたら、








































さあ、これから山形県最上町の瀬見温泉に向かいます。







































テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : リゾート列みのり

故郷の小樽へ ~②~

そんで二日目の事ね。







今日は夕方の飛行機の予定です。









朝、ホテルのラウンジからゆっくりと快晴の市内を眺める。








IMGP0929_convert_20150412231924.jpg








IMGP0930_convert_20150412231959.jpg









IMGP0931_convert_20150412232036.jpg













IMGP0932_convert_20150412232310.jpg







ホテルのラウンジから小樽市内を見まわす
[広告] VPS








たぶんもう、しばらくは来ることはないだろうな・・・








11時チェックアウトをして小樽駅へ向かう。









ここは手宮線跡。











IMGP0933_convert_20150412232345.jpg








IMGP0934_convert_20150412232426.jpg









ここは日本で北海道最初の鉄道線で官営幌内鉄道(手宮 - 札幌 - 幌内)の一部として1880年に開通しました。








そして運行以来、北海道の経済を支えましたが、利用客減少のため1961年10月1日改正で旅客列車は蒸気機関車牽引の客車列車2往復のみとなり、翌1962年5月14日を最後に旅客営業が廃止されました。






その後も貨物輸送は続けられたが、輸送量の減少により1985年8月下旬から貨物列車の運行がなくなり、同年11月3日・4日にさよなら運転として臨時列車「さよなら手宮線手宮号」が運行され、翌日付で廃止されたのです。








ここには国鉄にいた叔父が働いていました。








お昼といえばここ。







定番の「なると」で若鳥の半身揚げを食べる。







IMGP0935_convert_20150412232535.jpg






IMGP0939_convert_20150412232638.jpg





IMGP0937_convert_20150412232558.jpg








若鶏時代なるとのHP







昔はケンタッキーなんから札幌にしかなかったので、鳥といえばここでした。








親戚一同でよく集まって食べたんものです。











そして小樽駅から札幌へ向かう。













IMGP0943_convert_20150412232841.jpg






振り返ると、駅からまっすぐ先に小樽港が見えます。







IMGP0944_convert_20150412232913.jpg










いい所だよね、小樽。









電車に乗ると朝里海岸沿いを走る。








子供の頃からこの車窓の風景は好きでした。








海沿いのギリギリを走ります。







[広告] VPS

車窓から朝里海岸の動画









札幌駅に降り立ち市内をブラブラしてました。








IMGP0949_convert_20150412233115.jpg









IMGP0951_convert_20150412233147.jpg







IMGP0946_convert_20150412232935.jpg









IMGP0947_convert_20150412233006.jpg









IMGP0948_convert_20150412233040.jpg







さあ、そろそろ新千歳空港へ行かなければね~










空港へついてもフライトまで1時間程度あったので寿司で腹ごしらえ。










ここは人気店である、立ち食い寿司の「五十七番寿司」です。









IMGP0956_convert_20150412233340.jpg









眼の前に板前さんがいるのにタッチパネルで注文します。










IMGP0954_convert_20150412233324.jpg








まずはビールと白身魚を頂きます。








IMGP0953_convert_20150412233240.jpg









IMGP0952_convert_20150412233217.jpg







これは北海道ならではのホッケのお寿司。









IMGP0957_convert_20150412233401.jpg











どれもこれも誠に美味し!













さあ、飛行機の時間です。










またね、北海道よ!












2011に行った小樽の記事はこちら






























テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : 小樽市

故郷の小樽へ ~①~

久しぶりに故郷の北海道小樽市へ行きました。























まずは仙台空港でビールを一杯。



































IMGP0881_convert_20150412230759.jpg


































そしてスンゴク小さいJAL機でフライト、この飛行機は大型バスが空を飛ぶようでおもちゃみたい。































飛び立ちとすぐに、津波からなかなか復興してゆかない閖上地区の上空を通過し、三陸海岸を見下ろす。



























IMGP0882_convert_20150412230830.jpg

























IMGP0884_convert_20150412230902.jpg























IMGP0885_convert_20150412230927.jpg


































そんなこんなで新千歳空港に着いたら、空港内にある北海道ラーメン道場で恒例の一幻のエビラーメンを食べる。










































IMGP0889_convert_20150412231054.jpg






















IMGP0887_convert_20150412230955.jpg



































IMGP0888_convert_20150412231025.jpg








































これを食べると、「帰って来たぜ~」と思います。











おっとり刀で小樽へ帰る。

















久しぶり~小樽よ!


























IMGP0891_convert_20150412231139.jpg































IMGP0893_convert_20150412231211.jpg

































IMGP0943_convert_20150412232841.jpg



































何だろ~、この安堵感。





































実家は既に仙台にありますが、本家の小樽に来るとホットする。






















IMGP0940_convert_20150412232720.jpg











小樽駅の後方に見える天狗山の国際コースで小学5年生の時、山頂でホワイトアウトに遭いあやうく遭難しかかったよ。























そしてその時、スキー場のレスキューが助けに来てくれたんだよね~
































IMGP0927_convert_20150412231844.jpg














プラプラと歩いて運河沿いにある宿泊場所の「ノルド小樽」へ向かう。





































IMGP0927_convert_20150412231844.jpg







































ホテルのお部屋はそこそこ。








































IMGP0894_convert_20150412231231.jpg




































時間があるので観光スポットである小樽運河をプラプラとする。






























私の子供の時は、ここを埋め立てようとしていたんですね~

















[広告] VPS

























IMGP0904_convert_20150412231427.jpg




















IMGP0911_convert_20150412231446.jpg




























IMGP0912_convert_20150412231507.jpg


























IMGP0919_convert_20150412231650.jpg






















IMGP0921_convert_20150412231716.jpg



























IMGP0913_convert_20150412231528.jpg

























IMGP0915_convert_20150412231550.jpg




























IMGP0916_convert_20150412231612.jpg




























ここは小樽港。
























IMGP0923_convert_20150412231742.jpg


















IMGP0925_convert_20150412231820.jpg











海保の船が止まってますが、滅多にそんな時は有りませんでしたが親父が暇なときはここに釣りに来たっけ。








































「チカ」という魚が釣れた記憶がある。





























何だろうこの気持ち、こみ上げる望郷感とでも言うのか。

























とにかく堪らない。







































夜は同級生に連絡を取り酒を酌み交わす。



















鮭のルイベ。

































IMGP0898_convert_20150412231245.jpg






























カラス貝。
































IMGP0899_convert_20150412231302.jpg

























そして北海真ツブ。































IMGP0900_convert_20150412231346.jpg




































そしてこれは地元に酒蔵が作る「小樽地獄坂」

















IMGP0902_convert_20150412231408.jpg





















小樽は坂の町と言われるほど坂が多いのです。
























昔、自転車でこの坂に上り悶絶したっけな~























続きはパート②でね!!


















































































プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード