Ω シーマスター











子供の頃は「007」が大好きでした。






























当時は007の映画は一大事で、新しい映画が作られるたびに水野治夫さんの司会で特別番組が組まれたものです。































秘密兵器の車や銃や時計やペンが出てきてワクワクしました。




























初代のショーンコネリーと時計はロレックスでした。




















トリガー②























しかし三代目からの時計はオメガのシーマスターに変わりました。































これはピアーズブロスナンの頃。
























007②





































ピアーズブロスナンピアーズブロスナン
































『ダイアナザデイ』ではΩからレーザーが出てんのよ!
































007.jpg




























レーザー






























いまのダニエルクレイグもカッコいいよね~























彼と時計もΩなのよ。
































スカイフォール

























スペクター































ダニエル





























だからね~、あるよ、Ωシーマスター。

























IMGP2944_convert_20170619225459.jpg


























IMGP2945_convert_20170619225516.jpg





























IMGP2947_convert_20170619225614.jpg






































IMGP2950_convert_20170619225631.jpg























保証書を見ると平成13年7月に購入です。

































IMGP2951_convert_20170619225649.jpg
























次女が生まれた記念に買いました。




























これは次女が成人したら、渡す時計です。





























































007では車も魅力ですね~




































これは潜水艦になるロータスエスプリ。




























エスプリ




























ちなみに私の愛車はランドローバーディスカバリー。










スイカフォールで007が乗ってました(ディフェンダーですが・・)。
























ランドローバー②

























ランドローバー


























ランド
































いつかはアストンマーチンDB5に乗ってみたいものです。

















































スポンサーサイト

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

TIMEXサファリ

最近、雑誌を見ていると、この時計が何やらお洒落らしい。






















雑誌②

























雑誌
























この時計は25年前にTIMEX空前の大ヒットの立役者となったサファリの復刻版らしい。

























四半世紀ぶりとなるこの復刻版は1980年代末に発売された当時のモデルを忠実に再現された逸品だって。



























ストラップに関しても発売時に生産を請け負った工場にて生産されているらしい。

































購入時



























1989年に上映されたアメリカ映画『7月4日に生まれて』でも主演のトム・クルーズが着用してました。




























7月4日
























7月4日②


























それね、あるよ~



























IMGP2935_convert_20170619225413.jpg





























IMGP2937_convert_20170619225427.jpg






















若からし頃、当時のお付き合いしていた女子から『 ペアウオッチをしてみたい! 』ってなことで貰いました。























実家の自分の部屋のガラクタ入れにありました。


























電池を変えたらちゃんと動いてました!





























この時計はブラウンカラーの編み込みレザーベルトにゴールドの回転ベゼルをまとった、アメリカブランドらしいお姿。





















何度も復刻を望む声がありましたが発売当時の図面が米国で消失してしまっていたため、叶うことはなかったらしいです。





























それがこのたび、日本企画で本国と数年越しに及ぶ交渉の末、約四半世紀ぶりに実現することとなったんだって。































現存する貴重なデッドストックを分解し、3D スキャンや現代の技術を駆使、細部は人間の目と手で確認しながら、可能な限り忠実に再現したみたい。



















アイコンともいえる特徴的な編み込みレザーベルトの生産を、オリジナル発売時に請け負っていた工場が現在も操業していることが判明したらしく、今回の復刻版のベルトも当時と同工場で生産されることになりました。




















雑誌では綺麗なお姉さんが、こんな風に時計をしてました。




























お姉さん



























お姉さん②






















あっ、私も当時、こんな風に使ってました。
























IMGP2941_convert_20170619225444.jpg

































時代は巡りますね~

















今やアラフィフのオヤジですが・・・






















もしかしたらアラ○○って、もう死語ですか???
































Red Crush (レッド クラッシュ)

お酒って怖いですね~











新入社員歓迎会で帰宅した夜、軽くビールでも飲んでから寝ようと思い、プルタブをプシュ!



















飲み終わるまでと、ネットサーフ。



















結果、やってしまった感満載の後悔・・・


















Screenshot_2017-04-02-13-32-39_convert_20170406135157.png















そして、到着・・・
























SUUNTO CORE Red Crush (スント コア レッド クラッシュ)















IMGP2887_convert_20170408102050.jpg

















IMGP2889_convert_20170408102104.jpg





















IMGP2890_convert_20170408102116.jpg
























IMGP2892_convert_20170408102129.jpg









































SUNNTO社はネットによると・・・










【 スキー、ハイキング、ダイビング、セーリング、ゴルフなど豊富に網羅しているスポーツ機器製造のトップメーカー『スント』。

フィンランドのヴァンター市に本社を置く『スント社』は、1936年トーマス・ヴォホロネンの溶液充填コンパス発明に始まります。

「計測」はそれ以降、70年の成長をずっと支え、スントのコンパスは林業、鉱業、測量などの正確な計測のために使用される精密機器の最大メーカーとなり、1980年代にはスント初のダイブコンピューターが開発され、ダイビング機器の世界トップメーカーにも成長。

また、1998年のスントヴェクターの登場から、スポーツコンピューターが最も重要な分野となり、他にもフィールドコンパス・精密機器・マリンコンパス等は、創立からの息の長い『スント社』の中核機器です。 】


と、まあ、こんな感じです。





以下はスペック。




●ムーブメント:クォーツ式

●防水:3気圧防水(日常生活防水)

●使用温度範囲:-20℃~60℃

●高度計 : 基準高度(計測開始高度)を入力することにより、目的の高度を確認することができ、目標の高さまで登るとアラーム         が鳴りる。
         ○ログ機能(データーの保存):10本
         ○ログのグラフ表示
         ○高度測定単位:1m
         ○高度測定範囲:-500~9,000m

●気圧/温度計 :  現在の気圧・温度を表示します。過去の気圧変化のデータを基に、今後の天候の予測を行えまるす。
         ○気圧変動グラフ
         ○気圧傾向インディケーター
         ○ウェザーアラーム
         ○高度/気圧切替機能(オートスイッチ機能で高度計と気圧計の自動切替が可能ってことは水深計にもなる)

●コンパス機能: 地図とコンパスが指す「北」を磁針偏差の補正で一致させ、正確な方向を表示し、特定の目標物の方向を設定             してロックすることも可能です。
         ○方位角度表示
         ○コンパス調整
         ○磁針偏差調整
         ○ベアリングトラック

















その本体の素材は、





















■ケース:プラスチック

■ガラス:ミネラルクリスタル

■バンド:ウレタン

■サイズ:50×50×15mm

■重量:63g





























IMGP2905_convert_20170408102324.jpg

























そして左側の上からスタート・ストップボタン


























その下はビューボタンです。
























IMGP2902_convert_20170408102247.jpg































右側の真ん中のボタンはモードボタンで、押すたびに時間、高度・気圧計、コンパスに切り替わります。



























一番下はライトボタンです。
































IMGP2899_convert_20170408102234.jpg


























IMGP2897_convert_20170408102208.jpg

















こんな感じですが、やはり見た目がカッコよい!

















これに尽きる。

















アウトドア系の時計は他にもあります。
















IMGP2908_convert_20170408102436.jpg



















特に、この二種(プロトレックとオリゴ)は、旧いモデルですが、ほぼ同じ機能です。


















IMGP2907_convert_20170408102409.jpg






















でも良いのよ~














本人が楽しければそれで良し!























山でも、私服にでも使い倒しますよ!



















決して無駄使いではないのです・・・・・・・




















多分・・・・・・・・・・

























テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

腕時計組立教室

先日は息子と、CITIZENが主催する『親子で時計作り 腕時計組立教室』に行って来ました。













IMGP2030_convert_20160131110713.jpg













IMGP2032_convert_20160131110832.jpg










指定された席に着くと組立工具などがあり気分が盛り上がります。












IMGP2025_convert_20160131110307.jpg








IMGP2028_convert_20160131110547.jpg




















IMGP2027_convert_20160131110459.jpg






















IMGP2029_convert_20160131110639.jpg






















CITIZENのエンジニアの方々から時計の歴史や構造説明を受ける。
















IMGP2035_convert_20160131110858.jpg












左がオートマチック(自動巻き)で右側がクオーツのキャリバー。














今回作るのはオートマチックです。
















時計好きの私にはたまらないイベントですよ。












目に「キズナ」という拡大鏡を取り付けたら作業開始です。












DSC_0449_convert_20160204144146.jpg















まずは極小の部品を掴むことを練習します。




















IMGP2036_convert_20160131110948.jpg


























そして白の文字盤に好きな絵を描いてゆきます。











息子曰く★マークだそうです。











IMGP2037_convert_20160131111018.jpg








IMGP2044_convert_20160131111059.jpg














エアーブラシで表面のゴミを取り去ったら、短針、長針、秒針を慎重に取り付けます。












IMGP2048_convert_20160131111159.jpg






















IMGP2049_convert_20160131111254.jpg


















IMGP2050_convert_20160131111353.jpg























IMGP2052_convert_20160131111439.jpg


















ケースへのバインディングは工具が危ないらしくエンジニアの方がしてくれました。















次の工程は好きなバンドを選び取り付けます。






















IMGP2055_convert_20160131111520.jpg






















IMGP2057_convert_20160131111616.jpg















そうしたら完成です!














DSC_0461_convert_20160204144219.jpg













エンジニアの方に白衣を着せてもらい、上機嫌で誇らしげに時計を見せて記念写真です。






















IMGP2058_convert_20160131111741.jpg
















IMGP2061_convert_20160131111833.jpg



















IMGP2063_convert_20160131111936.jpg




















IMGP2067_convert_20160131112030.jpg



















記念撮影の後は時計を箱入れてプレゼントしてくれました!















IMGP2069_convert_20160131112108.jpg















IMGP2070_convert_20160131112200.jpg

















IMGP2071_convert_20160131112240.jpg





















IMGP2074_convert_20160131112318.jpg















息子も私も良い体験が出来ましたし、何よりもこのイベントの参加費は無料なんですね~

















その夜、息子は時計をしながら眠りにつきました。
















テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : CITIZEN シチズン時計

ハミルトン・カーキ・GMT エアーレース

久しぶりの時計コレクションのネタ。










今回は「ハミルトン・カーキ・GMT エアーレース」をご紹介。










IMGP1720_convert_20151115102627.jpg

































IMGP1722_convert_20151115102759.jpg












この時計は40才になる前に出向先(何故だか、同業他社の業界大手に出向していた)から元の会社に戻るときに買いました。











保証書の年月を見ると2006年10月19日。






















IMGP1723_convert_20151115102830.jpg




































IMGP1725_convert_20151115102852.jpg













戻る先は畑違いの総務部門。










これまでの仕事と全然違う、例えばテニスとラグビー位違う感じ。











当時は相当に戸惑いましたね~









そんな時に買ったのがこの時計です。













IMGP1727_convert_20151115103000.jpg











ド派手なオレンジでかなりのインパクト!

















IMGP1729_convert_20151115103026.jpg













当時は病んでいたのかな・・・






ちなみに20代後半からの暴飲暴食の不節制により体重が75Kgまで増加し、健康診断では「肥満体」の烙印を押されましたが、
この総務時代にストレスからか体重が大学時代の体重である25Kgまで落ちました。









当時は会長や社長のお付きだったのでいつも緊張していたものです。









まあ、マラソンを始めたのも一旦落ちた体重を維持するためなんですけどね~












お陰で今の体重も58Kgと変わらずキープです。










まあ、そんなこんなで時計の話し。










このGMT エアーレースは、世界屈指のアクロバット・パイロット、ニコラス・イワノフ氏が開発に携わったアビエイションウォッチです。
















鮮やかで目に飛び込んでくるオレンジのカラーリングは、ハミルトンがスポンサードする彼の愛機をイメージしたものだそうです。



















そしてこの時計には、「サイレントカウントダウン」と名付けられた新機構が採用されており、インナーベゼルと連動するスケルトンの“第4の針”によって、想像を絶するGフォースや機体の激しい揺れ、限界までパフォーマンスを引き出すエンジンの轟音の中でも、瞬時に時間の経過を視認することができるようにしました。













第2時間帯(T2)は9時位置に表示され、第2時間帯は時計と連動して時間を表示します。










IMGP1731_convert_20151115103100.jpg












また、第2時間帯の修正は2時位置のリューズで行います。













IMGP1733_convert_20151115103125.jpg













操作方法は4時位置のリューズで文字板上の半透明の針をを修正することによって、飛行などの経過時間を簡易計測することができるわけです。
















IMGP1735_convert_20151115103142.jpg











また、第二時間帯表示に加えて、インナーベゼルの小窓にはエアレース・シリーズの開催地8カ所の都市名が記されるなど、そのすべてにエア・レーシング・スピリットが貫かれているイカした時計なのです。




























主な仕様は以下の通り


□メカニカルムーブメント(自動巻き)ETA 2893(手巻きつき、秒針停止機能)

□GMT機能(第二時間帯表示によるGMT機能)

□夜光 (スーパーライト)

□インナー回転ベゼル

□ケース材質 ステンレススチール

□20気圧防水

□ガラス サファイアクリスタル

□ケースサイズ 42mm

□重量 約102g








今じゃ、スーツに合わせるだなんて馬鹿な真似はしませんが、私服で茶系の服を着るときなんかに差し色としてこの時計を腕に巻いています。




















IMGP1738_convert_20151115103212.jpg











あまり出番はありませんが、年に2~3回はするかな・・・


















テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

tag : ハミルトン

プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード