息子と初のスノーシューハイク

あれやこれやと息子用のスノーシュー用品を揃えたので、念願のスノーシューハイクです。









場所はいつものように二口林道です。

















DSC_2871_convert_20180204135113.jpg












ここは文字通り林道ですので、風が吹こうが吹雪になろうが道を引き返せばよいだけですから子供を連れて行くには最適です。






















息子は一通りの装備と、自分の荷物は自分で背負うとの大人の扱いを受けて嬉しそうです。




















DSC_2873_convert_20180203094908.jpg
















DSC_2875_convert_20180203094928.jpg



















DSC_2878_convert_20180203094944.jpg
















息子は意気揚々と歩き始めます。































峡谷は深い雪に覆われていて、渓魚もおとなしく岩陰に身を潜めていることでしょう。

































DSC_2879_convert_20180203095000.jpg





















歩き始めて暫くすると大きなツララがぶら下がる岩棚に到着します。
















DSC_2881_convert_20180203095014.jpg






















初めて見る光景に大はしゃぎでした。































そこから間もなくで休憩地点の冬季閉鎖中の二口キャンプ場へ到着しました。





















ここではご当地である秋保町名物の「 さいちのおはぎ 」と、我家特製紅茶で一休みです。

















DSC_2884_convert_20180203095059.jpg













DSC_2883_convert_20180203095044.jpg











ここまでの感想を聞くと『 とても楽しい!! 』とのこと。



















『 パパが雪崩で埋まったら助けてね~ 』とゾンデ棒で遊ばせる。


















DSC_2891_convert_20180203095112.jpg

















ここで後続していたカップルが来たので、席を譲り先に進みます。





















私と息子が『 こんにちは~ 』と声をかけたのですが、カップルは無言で椅子に腰を下ろしました。










私は『 何だ??なんで無言?日本人じゃないの?でも、外国人でも、どの言語圏であろうと、相手が挨拶しているだろうことは雰囲気で分かるだろう!!』と心の中で毒づいていたら、カップル男がカップル女に日本語で『 スマホの電源残ってる? 』と言ってました。
















『 あ~あ、ハイハイ。能面糞野郎、お前の彼女は超ブスだな~ 』と心の中で毒づきました。















さあ、アホバカカップから離脱して先に進みます。






















息子とふざけながら歩き、時々見る動物の足跡を観察したりしていました。























そして最終目的地&食事の場所である「 姉滝 」に到着しました。


















DSC_2892_convert_20180203095127.jpg











ここでスノーショベルを使い足場を作ります。











DSC_2894_convert_20180203095152.jpg
















気温が低いのでツェルトを張りました。




























DSC_2896_convert_20180203095228.jpg

















ザックをツェルトに入れ、ストームクッカーに火付けると、ツェルト内の温度があっという間に上昇しました。


















DSC_2898_convert_20180203095244.jpg


















DSC_2903_convert_20180203095326.jpg


















今回のメニューはすき焼きにしました。















DSC_2901_convert_20180203095258.jpg















DSC_2908_convert_20180203095400.jpg
















ストームクッカーの火力は素晴らしくあっという間にグツグツです。





















DSC_2902_convert_20180203095312.jpg




















DSC_2907_convert_20180203095346.jpg

















息子は美味しそうに食べてくれます。


















DSC_2910_convert_20180203095431.jpg





















ツェルトの中では、スノーフィールドでの汗のかかない行動の仕方や、雪崩のメカニズム、ナイフの使い方なんかを教えました。




































凄く真剣に聞いてくれます。























出発が遅かったのでご飯食べたら、もう16:30でした。





















うっすらと月も見えてきました。




















それからゆっくりと歩き車まで戻りました。












































また、遊びに来ようね~




































スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

今年初の川遊び

先日のお休みに長女と長男を連れて、今年初の川遊びに行きました。





















場所は恒例の「 前川河川公園 」です。































DSC_0661_convert_20170716003545.jpg






























今年から息子は次女が来ていたライフジャケットにステップアップしました。



















DSC_0664_convert_20170716003558.jpg




















DSC_0670_convert_20170716003702.jpg

























DSC_0669_convert_20170716003642.jpg


















まずは小さな流れで水温を慣らす長男。























DSC_0665_convert_20170716003612.jpg























DSC_0691_convert_20170716003856.jpg






















私は先日に購入したフルフェイスマスクを持ち込みました。























DSC_0687_convert_20170716003824.jpg


























DSC_0690_convert_20170716003841.jpg

























そして泳ぎだす。





















DSC_0673_convert_20170716003716.jpg
























私は川に立ち込み、息子の安全を確保します。























DSC_0676_convert_20170716003738.jpg






























息子は喜々として泳ぎ、私も一緒に何本も泳ぐ。




























DSC_0681_convert_20170716003752.jpg























DSC_0683_convert_20170716003809.jpg













































































































散々と泳ぐとお腹が減ります。






















よ~し、任せとけ!
























まずは厚めのロース肉を焼く。


























DSC_0693_convert_20170716003930.jpg






















DSC_0695_convert_20170716003944.jpg






















DSC_0697_convert_20170716003959.jpg

















次はニンニクの芽の炒め物。
























DSC_0699_convert_20170716004013.jpg






















最後に流水麺を利用した「ざる蕎麦」を出した。
























DSC_0701_convert_20170716004026.jpg






















DSC_0705_convert_20170716004041.jpg


























DSC_0707_convert_20170716004055.jpg




























流石にもうお腹が一杯でょ~























今日もよく遊びました。



















帰りしな息子が夕焼けをバックに踊っていましたので、思わず撮影しちゃいました。






























夏休みはこれから!

























また、遊びに来よう。



















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

スーズン最後のソリ遊び

めっきり春めくこの今日この頃。







早くも花粉症の息子が「パパ、今日は花粉の少ない所で遊びたい」とオーダーがある。









『了解、じゃあ、今シーズン最後のソリ遊びでもするか』となった。早速、近郊の泉ケ岳スキー場に向かう。




















IMGP0307_convert_20170321140909.jpg















DSC_0894_convert_20170321140727.jpg















スキー場もメッキリ人が少なくなりました。










DSC_0898_convert_20170321140742.jpg










ソリ専用コースなんて、もはや貸切です。









IMGP0315_convert_20170321141034.jpg






















いや~、今日も快晴で気持ちが良い!












IMGP0313_convert_20170321141012.jpg




















リフトは無いので滑ったら、ひたすら人力で坂を登り返します。





















何回も何回も繰り返す。



















DSC_0900_convert_20170321140758.jpg

























DSC_0902_convert_20170321140812.jpg



























IMGP0308_convert_20170321140922.jpg































IMGP0309_convert_20170321140939.jpg


























IMGP0311_convert_20170321140958.jpg


























DSC_0903_convert_20170321140827.jpg






































































































そして疲れると温かい飲み物で一息も二息もつきます。


















DSC_0914_convert_20170321140842.jpg


















































ひとしきり遊んだらソリのコースがつまらなくなったらしく、」登山コースの方へ移動しました。


















IMGP0316_convert_20170321141049.jpg





















IMGP0317_convert_20170321141103.jpg






















IMGP0319_convert_20170321141117.jpg

























IMGP0321_convert_20170321141149.jpg

























IMGP0327_convert_20170321141257.jpg




























IMGP0332_convert_20170321141349.jpg




























IMGP0333_convert_20170321141413.jpg
























DSC_0915_convert_20170321140855.jpg
























なにやら窪みを発見し、嬉々と寝転がる息子。









IMGP0324_convert_20170321141207.jpg




















IMGP0325_convert_20170321141240.jpg


















散々と遊んだらお腹が減ったらしいので、いつもの東屋に向かう。






















IMGP0329_convert_20170321141313.jpg






















IMGP0331_convert_20170321141330.jpg


























では、本日の昼飯は『カマンベール鍋』でございます。



























材料は白菜、豚バラ肉、カマンベールチーズ、コンソメ&ガラスープ











IMGP0340_convert_20170322134324.jpg























火器類はSOTOのレギュレーターストーブ
















IMGP0338_convert_20170322134308.jpg



























コッフェルはMSRのアルパインガイドをチョイス


















IMGP0334_convert_20170321141431.jpg






















IMGP0336_convert_20170322134236.jpg
























IMGP0337_convert_20170322134252.jpg
























さて、作り方は簡単。























白菜をコッフェルの高さに揃えて切り、鍋の内側に立てて並べます













IMGP0343_convert_20170322134340.jpg





















そして肉と水を入れてから火をかけ、ブイヨンとトリガラスープを投入します。













IMGP0346_convert_20170322134358.jpg
























IMGP0350_convert_20170322134439.jpg
























最後にカマンベルールチーズを乗せたら完成
















IMGP0347_convert_20170322134415.jpg
























実際に作ると、肉を煮えてきたらカマンベールチーズを乗せます。

















IMGP0358_convert_20170322134511.jpg























IMGP0361_convert_20170322134530.jpg

















チーズが溶けたら食べ頃です。

















IMGP0362_convert_20170322134544.jpg























息子はというと穴掘りに夢中の様子。



















IMGP0353_convert_20170322134455.jpg
























IMGP0376_convert_20170322134755.jpg
























IMGP0378_convert_20170322134839.jpg



























IMGP0380_convert_20170322134917.jpg




















IMGP0381_convert_20170322134634.jpg


























IMGP0382_convert_20170322134649.jpg
























チーズが溶けると『息子よ~、飯が出来たぞ~』と呼び寄せる。





















じぁ、頂きます





















IMGP0363_convert_20170322134601.jpg






















IMGP0374_convert_20170322134734.jpg

 























あらかた食べ終わったら、ご飯を投入してリゾットで締めます












IMGP0370_convert_20170322134617.jpg





















IMGP0371_convert_20170322134704.jpg


























IMGP0372_convert_20170322134718.jpg













うう~ん、美味い!























やはり外で食べるご飯は格別ですね~

























さあ、息子よ。































次はどこで外メシするか!?











































テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

2017年冬 『ソリ始めました』

今年の宮城県はあまりまとまった雪が降りませんでしたが、行ってきました初ゲレンデ。








とは言っても、息子をソリで遊ばせるためですがね~















近場のスキー場に着くと、自衛隊の車両が沢山ありました。








IMGP0247_convert_20170212195009.jpg













冬季訓練か何かなのかな・・・












取り敢えず身支度を済ませてゲレンデへ向います。






















IMGP0248_convert_20170212195101.jpg
















IMGP0250_convert_20170212195114.jpg
























今回はウエラブルカメラを装着しました。














IMGP0253_convert_20170212195159.jpg























DSC_0523_convert_20170212194754.jpg

























スロープを見ていたら、自衛隊発見。




















IMGP0251_convert_20170212195127.jpg
























IMGP0252_convert_20170212195145.jpg






















冬期山岳地の演習訓練か何かと思ったら、スキー訓練だったんですね~






















ご苦労様です。














私は私で登る気マンマンの服装ですね。














DSC_0531_convert_20170212194808.jpg
























DSC_0538_convert_20170212194822.jpg























息子はスノースラーダーで滑りまくります。












IMGP0256_convert_20170212195225.jpg























このソリは三年目ですので、操縦は完璧でジャンプもこなしてました。

















このソリにウエアラブルカメラ装着ですから、注目度は抜群で、数名の方から声を掛けられました。






IMGP0257_convert_20170212195239.jpg




























IMGP0259_convert_20170212195254.jpg























息子は、そろそろ疲れてきた様子。




















IMGP0255_convert_20170212195212.jpg
























テルモスに入れた甘いミルクティーで休憩です。

















DSC_0540_convert_20170212194849.jpg




























IMGP0261_convert_20170212195309.jpg


























体が温まって来たらしく『パパ、お腹減った~』との由。
















コースから少し離れると、登山道になります。














少し上ると東屋があるので、そこで昼食です。









IMGP0267_convert_20170212195422 - コピー









今日は簡単にカップ麺とおにぎりにしたので、火器はジェットボイルをチョイス。












IMGP0269_convert_20170212195438 - コピー






















DSC_0550_convert_20170212194927.jpg



























DSC_0552_convert_20170212194943.jpg

















お腹が一杯になったら、遊び始めました。
















IMGP0262_convert_20170212195329.jpg













本人は雪洞を掘りたいらしい。








IMGP0264_convert_20170212195409.jpg



















全然、足りない・・・












DSC_0546_convert_20170212194901.jpg
























まだまだ、足りな~い













IMGP0270_convert_20170212195454 - コピー





















何とかガンバって、親子二人が座れる深さまで拡張したようです。





















IMGP0272_convert_20170212195524 - コピー




















でも、息子よ。



















これは雪洞じゃないけどね・・・・













また、遊びに来ようね!



















DSC_0554_convert_20170212194956.jpg





















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

スノーシューハイク

朝起きたら快晴でした。


















早速、コーヒー屋に『 天気が良いから外遊びするよ!二時間後に迎えに来て!』と連絡すると『御意』と返信がある。






















早速、スノーシューのフィールドである蔵王国定公園の二口渓谷へ向かう。












IMGP0198_convert_20170201141404.jpg












二口峡谷自然遊歩道を使い、風の洞橋を目指します。














IMGP0170_convert_20170201140937.jpg





















IMGP0199_convert_20170201141420.jpg












ゆっくりとセットアップし、快晴のトレイルを歩き出す。






















IMGP0167_convert_20170201140904.jpg






















IMGP0168_convert_20170205105521.jpg





























DSC_0415_convert_20170201140811.jpg































DSC_0424_convert_20170201140824.jpg













我々はいつも一緒に行動しますが、並ぶわけではなく、それぞれのペースで楽しみます。

























コーヒー屋は先行型なので、私はほぼ単独行のようなものです。























IMGP0173_convert_20170201140953.jpg

















静かで気持ちがよいです。





























IMGP0175_convert_20170201141008.jpg























IMGP0177_convert_20170201141035.jpg














周りを猿やカモシカの気配を感じながらゆっくりと歩きます。















IMGP0176_convert_20170205110316.jpg






















DSC_0428_convert_20170201140837.jpg




















そして目的地に到着です。


















穴を掘り休憩の準備。













IMGP0178_convert_20170201141049.jpg












山からの清水でコーヒーを飲み、料理を作ります。

















DSC_0432_convert_20170201140849.jpg












まずは、コーヒー屋が自分の仕事をする。












IMGP0186_convert_20170201141139.jpg



















IMGP0189_convert_20170205111456.jpg




















そして料理は私の領域。



















今回はSOTOがメイン。




















MUKAストーブに最新クックシステムをチョイス。


















IMGP0181_convert_20170201141104.jpg























IMGP0184_convert_20170201141120.jpg











小さいコッフエルでご飯を炊きます。












MUKAの火勢は一点集中型なので、バーナーシートを敷いてからコッフェルを乗せます。














それでもなべ底が焦げないように、時々しゃもじでかき混ぜます。

















沸騰して香ばしい香りがしたら、弱火(MUKAはあまり弱火になりませんが・・・)で5分したら、火からおろし、小コージーに入れて、サーマルディスクを乗せて蒸らします。































IMGP0191_convert_20170201141227.jpg




















それから大コッフエルで中華丼のレトルトを十分に温めます。









IMGP0192_convert_20170201141242.jpg























レトルトが熱くなったら、大コージーに入れて、その上から先ほどの蒸らしているコッフエルを入れて大コージーの口を締めます。














お湯はそのまま使いまわし。
























スープ付きの水餃子セットに春雨と豚肉を入れて「水餃子鍋」が完成。





















IMGP0194_convert_20170201141300.jpg




















ご飯も上手く炊きあがり、そのままドバドバと中華丼のレトルトを掛ける。




















IMGP0195_convert_20170201141316.jpg




















ほら、豪勢でしょ~






IMGP0196_convert_20170201141334.jpg
























IMGP0197_convert_20170201141348.jpg
















今回使用したSOTOの最新コッフェルシステムは素晴らしいです。






















ご飯をこよなく愛す日本人ならではの発想が満載。



























コージーとサ-マルディスクの組み合わせは良い!



















ご飯が最高の状態に炊き上がります。






















MSRのアルパインガイドより使いやすいかも~













さあ、これからドンドン使い倒しますか~






































































テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 二口渓谷 スノーシュー

プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード