大東岳へ

先日、お天気が良かったので息子と最後のスノーシューハイクに行きました。

















目的地は秋保町にある大東岳です。

























DSC_3279_convert_20180322144930.jpg



















折からの晴天で駐車場や林道も雪が解けてしまったので、登山道まではスノーシューを背負って歩きました。













DSC_3282_convert_20180322144946.jpg























DSC_3283_convert_20180322145003.jpg





















DSC_3287_convert_20180322145019.jpg


















































DSC_3287_convert_20180322145019.jpg


























少し歩くと登山道入り口ですので、そこからはスノーシューに履き替えます。















DSC_3288_convert_20180322145036.jpg






















DSC_3290_convert_20180322145057.jpg


























DSC_3291_convert_20180322145109.jpg





































登山道を歩き出しますが、もう所々に土が見えていました。





















DSC_3291_convert_20180322145109.jpg

















DSC_3292_convert_20180322145123.jpg



















それでも土の部分を避けてゆっくりと歩きました。





















DSC_3292_convert_20180322145123.jpg























DSC_3294_convert_20180322145138.jpg







































本当は樋ノ沢避難小屋まで行きたかったのですが、そこそこにしておきます。



















息子のリクエストでティーブレイクです。

























DSC_3297_convert_20180322145153.jpg




























DSC_3299_convert_20180322145214.jpg




















































そしてまた歩き出し、お昼ご飯に丁度良い場所を探します。










綺麗に雪が残っている場所がありましたので足場を掘り、そこを休憩地としました。














DSC_3306_convert_20180322145248.jpg




















DSC_3308_convert_20180322145332.jpg






























お昼のメニューは我が家の定番であるスキヤキですが、お肉はイベリコ豚をチョイスしました。






















DSC_3305_convert_20180322145231.jpg




















外で食べると美味いね!


















DSC_3312_convert_20180322145358.jpg













DSC_3314_convert_20180322145412.jpg
















DSC_3315_convert_20180322145427.jpg



















DSC_3318_convert_20180322145444.jpg

































通りががった人から『 おお~、羨ましいね! 』と言われたけど、料理が羨ましいのではなく、こういう遊びをしている親子関係のことだと思います。



























スキヤキの〆はやはりウドンです。





















DSC_3321_convert_20180322145502.jpg

























さあ、それ終わったら帰るよ~

































これでスノーシューは冬までお休みだね。
































スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プチ冬山登山

先日、息子にとって初めての冬山プチ登山をしてきました。


















場所は仙台市民にとって親しみ深い泉ヶ岳です。























DSC_3065_convert_20180307142815.jpg


















駐車場で身支度を整え、親子共々MSRのスノーシューで登ります。






















DSC_3072_convert_20180307142939.jpg
















当日は気持ちの良い快晴でした。



















DSC_3069_convert_20180307142858.jpg


















ゆっくりと歩き始め、登山口に到着です。


















DSC_3083_convert_20180307143032.jpg

















DSC_3095_convert_20180307143143.jpg
















息子、意気揚々と快調に歩き出す。






















DSC_3082_convert_20180307143019.jpg















DSC_3087_convert_20180307143047.jpg





















































そしてこのポイントを通過。






















DSC_3092_convert_20180307143129.jpg



















林間を登ったり下ったりします。

















DSC_3088_convert_20180307143100.jpg




















DSC_3089_convert_20180307143116.jpg














































動画や画像を撮りすぎてスマホの電池切れ。





















それでも本人にとっては最高高度まで登り自画自賛のようでした。





















途中ですれ違う登山者に 『 おっ!凄いね~、何年生なの! 』と言われ満更でもない様子でした。

















DSC_3077_convert_20180307142953.jpg

















帰りに少し時が有ったので、スノースラーダーでも遊びました。













DSC_3067_convert_20180307142831.jpg

















DSC_3069_convert_20180307142858.jpg





















































また、こようね~




























テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

るぽぽの森で「焚火でライトアップ」

先日、宿泊施設付きオートキャンプト場るぽぽの森で「 スノーキャンプと焚火体験&焚火でライトアップ」が開催されましたので息子を連れて参加しました。

















DSC_2937_convert_20180225124923.jpg

















とは言っても、我ら親子はお客さんではなく主催者側スタッフとして参加です。
















キャンプ場のオーナー夫婦とは古くからの友人ですのでボランティアスタッフとしてお手伝いしました。












仙台市内では雪が無いのですが、ここ川崎町は別格でした、まさに雪国です。













ロゴスとテンマクのティーピィ-を設置します。












DSC_2942_convert_20180225125141.jpg












このテンマク製のティーピィ-は価格といい、製品性といい秀逸ですね。



















グランドシートは有りませんが、かえってそれが使用に自由度を与えていると思います。

















DSC_2941_convert_20180225125048.jpg











DSC_2940_convert_20180225124958.jpg













スタッフとして川崎町観光課と森林組合が運営します。














DSC_2955_convert_20180225125634.jpg









DSC_2960_convert_20180225125655.jpg













斧や鉈を使った巻割と火起こし(薪を細くできなかったグループは火お越しに苦労してました)、焼きマシュマロやお湯を沸かしココアを楽しみます。










DSC_2945_convert_20180225125249.jpg







DSC_2943_convert_20180225125210.jpg









そして川崎町観光課が用意した、豚汁(ここら辺では芋煮と呼びます)や竹輪コンニャクが振る舞われます。







DSC_2951_convert_20180225125525.jpg






DSC_2947_convert_20180225125311.jpg





DSC_2953_convert_20180225125542.jpg











DSC_2954_convert_20180225125613.jpg














参加者は思い思い好みのティーピー内で料理に舌鼓を打ちました。


















息子はロゴスで食事です。










DSC_2948_convert_20180225125356.jpg









DSC_2950_convert_20180225125506.jpg









DSC_2949_convert_20180225125435.jpg
















川崎町では串に刺した「玉コン」が名物ですが、同席していた川崎こんにゃく組合の会長の話によると竹輪コンニャクは新開発でここにしか無いようです。




















新たな名物に成長してくれれば良いですね!























夕方のライトアップまでは時間があるので息子は場内で持ち込んだスノースライダーで遊びます。


































このスノースライダーのインパクトは抜群で、いろいろな子から『貸してください!』と頼まれ、息子も嬉しそうに乗り方を教えていました。



























そして夕方のライトアップ。























この企画は話題のスエーデントーチ50本を灯して非日常的な雰囲気を味わってもらう企画です。











DSC_2966_convert_20180225125732.jpg















DSC_2965_convert_20180225125713.jpg

















ネットによるとスエーデントーチは「スウェディッシュ」が正式名らしく、スウェーデンの人が丸太や木材を用いて作った松明のことの総称を指すそうです。
















スウェーデンの人々のなかにはこのスウェディッシュトーチを明かりにしたり、調理用具で使ったり、北欧地区では冬場になると暖をとるために使用するんですって。






















いよいよ点火です。

















DSC_2971_convert_20180225125812.jpg
















DSC_2974_convert_20180225125827.jpg


















DSC_2980_convert_20180225125852.jpg



















DSC_2982_convert_20180225125914.jpg



















DSC_2984_convert_20180225125950.jpg


















なんかもう素晴らしい!
















息子も初めて見る光景にはしゃぎまくってました。















DSC_2969_convert_20180225125750.jpg











DSC_2986_convert_20180225130005.jpg
















DSC_2988_convert_20180225130021.jpg





















息子の記憶にしっかりと残ってくれると良いな・・・ 






















そして大盛況のうちにイベントが完了し、我らスタッフは撤収作業です。



















その中で一番大変だったのはティーピィ-の撤収ですね。












なにが大変ってペグを埋めているのですが、降雪低温のためガチガチに凍っているのをスコップで掘り出すことでした。










本当、汗かいた~。















全ての撤収が完了したら、大浴場で汗を流します。




















そして夕飯時ですね。




















息子は私が持ち込んだツーバーナーでホットサンドを自分で作り、好きなだけ食べます。


















DSC_2989_convert_20180225130036.jpg















DSC_2991_convert_20180225130052.jpg

















そしてオーナーの坂田夫婦からはお肉の差し入れでした。
















DSC_2992_convert_20180225130106.jpg



















DSC_2994_convert_20180225131942.jpg












私はここから深い深いハイボールの沼にはまり、赤目化してグダグダになりました。















飲みながら川崎町観光課の若手担当者の熱き思いを聞きながら、グラスをどんどん重ねました。















ここ、るぽぽの森でのこのイベントが定着し、川崎町に沢山の人が訪れて欲しいです!

















頑張れ川崎町、頑張れ宿泊施設付きオートキャンプト場るぽぽの森!























微力ながら、いつでもお手伝いに参上しますよ!






























テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : るぽぽの森

息子と初のスノーシューハイク

あれやこれやと息子用のスノーシュー用品を揃えたので、念願のスノーシューハイクです。









場所はいつものように二口林道です。

















DSC_2871_convert_20180204135113.jpg












ここは文字通り林道ですので、風が吹こうが吹雪になろうが道を引き返せばよいだけですから子供を連れて行くには最適です。






















息子は一通りの装備と、自分の荷物は自分で背負うとの大人の扱いを受けて嬉しそうです。




















DSC_2873_convert_20180203094908.jpg
















DSC_2875_convert_20180203094928.jpg



















DSC_2878_convert_20180203094944.jpg
















息子は意気揚々と歩き始めます。































峡谷は深い雪に覆われていて、渓魚もおとなしく岩陰に身を潜めていることでしょう。

































DSC_2879_convert_20180203095000.jpg





















歩き始めて暫くすると大きなツララがぶら下がる岩棚に到着します。
















DSC_2881_convert_20180203095014.jpg






















初めて見る光景に大はしゃぎでした。































そこから間もなくで休憩地点の冬季閉鎖中の二口キャンプ場へ到着しました。





















ここではご当地である秋保町名物の「 さいちのおはぎ 」と、我家特製紅茶で一休みです。

















DSC_2884_convert_20180203095059.jpg













DSC_2883_convert_20180203095044.jpg











ここまでの感想を聞くと『 とても楽しい!! 』とのこと。



















『 パパが雪崩で埋まったら助けてね~ 』とゾンデ棒で遊ばせる。


















DSC_2891_convert_20180203095112.jpg

















ここで後続していたカップルが来たので、席を譲り先に進みます。





















私と息子が『 こんにちは~ 』と声をかけたのですが、カップルは無言で椅子に腰を下ろしました。










私は『 何だ??なんで無言?日本人じゃないの?でも、外国人でも、どの言語圏であろうと、相手が挨拶しているだろうことは雰囲気で分かるだろう!!』と心の中で毒づいていたら、カップル男がカップル女に日本語で『 スマホの電源残ってる? 』と言ってました。
















『 あ~あ、ハイハイ。能面糞野郎、お前の彼女は超ブスだな~ 』と心の中で毒づきました。















さあ、アホバカカップから離脱して先に進みます。






















息子とふざけながら歩き、時々見る動物の足跡を観察したりしていました。























そして最終目的地&食事の場所である「 姉滝 」に到着しました。


















DSC_2892_convert_20180203095127.jpg











ここでスノーショベルを使い足場を作ります。











DSC_2894_convert_20180203095152.jpg
















気温が低いのでツェルトを張りました。




























DSC_2896_convert_20180203095228.jpg

















ザックをツェルトに入れ、ストームクッカーに火付けると、ツェルト内の温度があっという間に上昇しました。


















DSC_2898_convert_20180203095244.jpg


















DSC_2903_convert_20180203095326.jpg


















今回のメニューはすき焼きにしました。















DSC_2901_convert_20180203095258.jpg















DSC_2908_convert_20180203095400.jpg
















ストームクッカーの火力は素晴らしくあっという間にグツグツです。





















DSC_2902_convert_20180203095312.jpg




















DSC_2907_convert_20180203095346.jpg

















息子は美味しそうに食べてくれます。


















DSC_2910_convert_20180203095431.jpg





















ツェルトの中では、スノーフィールドでの汗のかかない行動の仕方や、雪崩のメカニズム、ナイフの使い方なんかを教えました。




































凄く真剣に聞いてくれます。























出発が遅かったのでご飯食べたら、もう16:30でした。





















うっすらと月も見えてきました。




















それからゆっくりと歩き車まで戻りました。












































また、遊びに来ようね~




































テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

今年初の川遊び

先日のお休みに長女と長男を連れて、今年初の川遊びに行きました。





















場所は恒例の「 前川河川公園 」です。































DSC_0661_convert_20170716003545.jpg






























今年から息子は次女が来ていたライフジャケットにステップアップしました。



















DSC_0664_convert_20170716003558.jpg




















DSC_0670_convert_20170716003702.jpg

























DSC_0669_convert_20170716003642.jpg


















まずは小さな流れで水温を慣らす長男。























DSC_0665_convert_20170716003612.jpg























DSC_0691_convert_20170716003856.jpg






















私は先日に購入したフルフェイスマスクを持ち込みました。























DSC_0687_convert_20170716003824.jpg


























DSC_0690_convert_20170716003841.jpg

























そして泳ぎだす。





















DSC_0673_convert_20170716003716.jpg
























私は川に立ち込み、息子の安全を確保します。























DSC_0676_convert_20170716003738.jpg






























息子は喜々として泳ぎ、私も一緒に何本も泳ぐ。




























DSC_0681_convert_20170716003752.jpg























DSC_0683_convert_20170716003809.jpg













































































































散々と泳ぐとお腹が減ります。






















よ~し、任せとけ!
























まずは厚めのロース肉を焼く。


























DSC_0693_convert_20170716003930.jpg






















DSC_0695_convert_20170716003944.jpg






















DSC_0697_convert_20170716003959.jpg

















次はニンニクの芽の炒め物。
























DSC_0699_convert_20170716004013.jpg






















最後に流水麺を利用した「ざる蕎麦」を出した。
























DSC_0701_convert_20170716004026.jpg






















DSC_0705_convert_20170716004041.jpg


























DSC_0707_convert_20170716004055.jpg




























流石にもうお腹が一杯でょ~























今日もよく遊びました。



















帰りしな息子が夕焼けをバックに踊っていましたので、思わず撮影しちゃいました。






























夏休みはこれから!

























また、遊びに来よう。



















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード