FC2ブログ

mont-bell パウダーライトスーツ Kid’s

冬の時期は息子とスノーシューハイクをしたりスノースライダーで遊んでいます。
















IMG_1113_convert_20190206143805.jpg



















IMG_1211_convert_20190221230918.jpg

























息子が着ている赤いウエアは、甥(今や消防の特難隊)が小学一年生の時に着ていたのをお下がりで貰いました。
















長さを調整できるとはいえ、流石に小さい。

















そんな息子も、5年生となり中学生になるまでもう少し。



















冬はあと2シーズンしか残されていたないので一大決心。





















IMG_5113_convert_20191231092731.jpg
















IMG_5304_convert_20191231083300.jpg














思い切って新調です。














mont-bell のパウダーライトの上下。























まずはジャケット。















IMG_5305_convert_20191231083343.jpg










さすがはmont-bell 。





















子供用であっても裾からの雪や寒気の侵入を防ぐウインドスカートが施されています。















IMG_5307_convert_20191231083515.jpg













この袖はグローフィットシステムといい、袖が長くてもダブつかず、すっきりとフィットすることが出来るらしい。


















IMG_5308_convert_20191231083615.jpg


















こんどはビブ。











IMG_5309_convert_20191231083659.jpg



















一見大きそうですがビブにもグローフィットシステムで成長に合わせて長さが調整できます。





















IMG_5311_convert_20191231083852.jpg



















このホックで内側に折りこむことで、長さを調整します。



















IMG_5312_convert_20191231083935.jpg



















色は息子が選びました。

















IMG_5313_convert_20191231084059.jpg





















外遊びでは子供用だからこそハイスペックなウエアを。
















大人であれば自分である程度はカバーできますが、子供には難しいですからね。

















@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


























この記事が当ブログ「晴釣耕雨読」の2019年最後の投稿です。



















だらだらと10年近くアウトドアや料理、三人の子供たちとの野遊びを記事にしてきました。

















2020年、長女は大学二年生、次女は高校三年生で受験。

















そして息子も小学6年生となります。

















中学生になれば当然に親離れです。



















これが自然の真理。



















来年は可笑しくも悲しい濃密な親子関係が、少しずつ変化して行くことでしょう・・・・



















後悔のない子離れをして行かなければと思います。



















そんな訳で、皆さま良いお年をお迎えください!

















IMG_5329_convert_20191231084240.jpg


























スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

マウンテンライトお手入れ編

先日、お安く手に入れたマウンテンライトをお手入れ。










非常に状態が良く、コバ部分の白いステッチの汚れもないことから丸洗いはしないこととした。
















IMGP3682_convert_20191222105648.jpg




















それではこんなアイテムを用意。










IMGP3681_convert_20191222105620.jpg





















先ずはシューレースを全て取り除き、折り畳まれてる部分を見てみると、やはり新品同然です。




















IMGP3683_convert_20191222105716.jpg




















IMGP3686_convert_20191222105738.jpg




















そしていつものように全体的に厚くミンクオイルを塗り込めます。
















IMGP3693_convert_20191222105920.jpg















IMGP3697_convert_20191222105948.jpg




















そうしたら三日位陰干しします。


















IMGP3698_convert_20191222110020.jpg




























その後、少し錆が浮いていた金具部分を金属磨きで綺麗にしてゆきます。


















IMGP3688_convert_20191222105802.jpg


















IMGP3692_convert_20191222105824.jpg



















ピカピカにしたら新しいシューレースの登場。


















IMGP3700_convert_20191222110139.jpg











今回は目新しさを強調するため赤をチョイス。























すると、完成!


















IMGP3703_convert_20191222110211.jpg






















いや~、とっても良い感じではないでしょうか!!



















履く機会が増えそうです。

























テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Danner30520X(マウンテンライト)

学生時代にラグビーをしていた頃、怪我をしまっくていた、影響と言うか後遺症と言うか分かりませんが、足首が緩い。
















普通に歩いていても、ちょっとして道の傾斜や段差でも、足首がグキッときて捻挫をしています。















その為、20代の半ばから私服の時の足元はブーツを履くことが多くなりました。


















現在ではDannerライト二足(ちなみに同じ色、同じモデル)、レッウイングアイリッシュセッター二足(ブラウンとブラック)、BEANブーツの計5足持っています。














ですがほぼ90%はDannerライトを履いています。















アイリッシュセッターは年2回履けば良い方です。












そんな感じでも漠然と、ブーツをもう一足欲しいな~と思っていました。




















モデルはDannerマウンテンライトです。



















新品は6万円オーバー。

















IMG_5205_convert_20191222105059.png




















なので中古を探していましたが、



















IMG_5206_convert_20191222105133.png















ネットは状態が不明だし、古着屋の売っているDannerマウンテンライトは、かなり古くて皮が硬化しているため履き続けても自分の足型にはならない。





















そんな悶々とした状態が5、6年続いていました。























そして運命の日。


















息子とセカンドストリートという古着屋のアウトドア館で見つけて、即買いです。



















IMGP3659_convert_20191222105314.jpg



















目を疑いました、お店が値付けを間違ったのではないかと・・・・
























だって価格が8,900円ですよ??????










しかもサイズもUS7(25CM)とジャストサイズ。
















もう一度、並べてみますね。











IMG_5205_convert_20191222105059.png


IMGP3659_convert_20191222105314.jpg














ほぼ新品ではないのか?????





















では、見てみますか。
















IMGP3663_convert_20191222105338.jpg

















サイドのスリットはなんのクセも付いていない。























IMGP3670_convert_20191222105428.jpg





















踵部分もそのまま。










全く減っていない。









IMGP3673_convert_20191222105509.jpg


















IMGP3680_convert_20191222105556.jpg








皮も滑らかで傷もない。


















IMG_5209_convert_20191222105214.jpg




















ビブラムソールはと言うと・・・











IMG_5210_convert_20191222105251.jpg


















とても綺麗で擦れていない。














IMGP3671_convert_20191222105449.jpg





















シューレースを通す金具部分は少し錆。












IMGP3664_convert_20191222105401.jpg




























臨場を終えた感想。






















 『 多分、履いたのは5回程度で、その後は下駄箱に放置してから売った 』です。
















今年で一番の良い買い物となりました!



























テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : Danner30520X

仙台うみの杜水族館

先日、ある休みの朝。











息子の強烈なフライングボディーアタックで強制的に起こされる。























どうやら、昨夜に水族館の年間パスポートを買ってあげる約束をしたらしい。





















全く覚えて無いんですが・・・・




















速攻で準備をして起床から30分で家を出ました。





















目的地はここ「 仙台うみの杜水族館 」。










IMG_5011_convert_20191214150851.jpg














仙台の水族館といえば「松島水族館」でしたが、震災の影響や大人の事情によりこちらに移転しました。

















私は初めての訪問で、息子は学校の野外活動で来た以来の2回目らしい。

















IMG_5012_convert_20191214152907.jpg

















そしてご所望の年間パスポートです。
















IMG_5013_convert_20191214153001.jpg













ここの水族館の特徴は奇をてらった展示ではなく、ここ三陸の海に住む魚を展示しているということでしょうか。

















入り口に入るとすぐに「 マボヤのもり 」がお出迎え。













ホヤ養殖の様子が分かりますが、私は美味しそ~、日本酒飲みたいなどと思います。












IMG_5018_convert_20191214153131.jpg
















そしてここがメインの大水槽の「 いのちきらめく うみ 」です。


















IMG_5020_convert_20191214153224.jpg

















三陸の海がそのまま展示されていて、サーディンボールが素晴らしく時間を忘れて鑑賞することが出来ます。



























水族館で写真を上手く撮るのは難しいですね。















IMG_5026_convert_20191214153339.jpg













奥松島にある月浜漁港周辺で珍重されている「 ボッケ(ケムシカジカ)」です。














IMG_5028_convert_20191214153647.jpg









鍋も美味し、刺身で引いてキモ醤油で食べると、日本酒が足りなくなるほどです。










酒が進む、進む!











銀サケたち。











IMG_5030_convert_20191214153745.jpg





















アナゴ、美味いよね~











IMG_5036_convert_20191214154011.jpg















震災前までは週末となれば、堤防に泊まり込みで釣ったものです。














早朝に捌いて、白焼きにしたり、刺身にしたりして日曜の早朝から焼酎のロックを飲みながら旬を味わいました。








牡蛎棚。









IMG_5037_convert_20191214154134.jpg




















牡蛎は松島の名産です。











シーズンとなればたくさん食べてます。



















椎名誠のエッセイに影響されて、牡蠣殻を殻を器にして生牡蠣に「ボウモア」を注いで食べたものです。















ボウモアとはスコットランドのアイラ島で蒸留される上質なスコッチウイスキーです。













タイドプールの様子。













仙台では「蒲生干潟」が有名ですが、東日本大震災の大津波で風景がすっかり変わってしまいました。













IMG_5039_convert_20191214154238.jpg



























我家の50歩前にある広瀬川上流を表現した様子。
















IMG_5042_convert_20191214154339.jpg



















岩魚と山女魚ですね。
















IMG_5043_convert_20191214154425.jpg
















渓流釣りに情熱を傾けていた頃は、ロットとテントを背負い釣った魚を食べながらキャンプをしたものです。




















その時は焚火の前に岩魚の塩焼きを並べ、ビールを飲みながら友人(まあ、ほとんどは相棒のコーヒー屋ですが)と夜更かしをしていますした。



















あっ、そろそろ時間です。








息子お待ちかねの「うみの杜スタジアム」でのスタジアムライブです。












イルカ、アシカのパフォーマンスにバードが登場します。



















IMG_5050_convert_20191214154514.jpg











今の時期はクリスマスイベントでした。












































もう、スンゴイ!












私が一番興奮していたのかも知れません。



















心を落ち着かせながら、館内散策を再開します。




















色分けイルカの展示です。


















IMG_5059_convert_20191214154657.jpg



























これはもう、パンダだね。










飼育が難しいヨシキリザメはこの日で飼育から493日目のようでした。



































おさかな君が寄贈したイシガキウグ。















IMG_5061_convert_20191214154752.jpg








IMG_5062_convert_20191214154853.jpg




















チンアナゴ















IMG_5065_convert_20191214155102.jpg























そして鶴岡市の加茂水族館で大ブレイクしたクラゲの展示。
















IMG_5067_convert_20191214155202.jpg
















IMG_5071_convert_20191214155329.jpg




















IMG_5068_convert_20191214155245.jpg












最後の方にある海獣ひろばでペンギンを。
















IMG_5072_convert_20191214155516.jpg

















IMG_5073_convert_20191214155747.jpg



















とてもとても楽しかったです!











せっかくの、年間パスポートですから通いますよ~























テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

チーム「ナクレ」の忘年会

先日、私が加入(一番端っこ中の、端っこですが・・・)している実業団自転車チーム「ナクレ」の忘年会が開催されましたので参加してきました。










ナクレは直木賞作家の熊谷達也さんがGMで、ミシュランレストラン(ちなみにオーナーの緒方シェフがトップライダー)がスポンサーのチームです。









チームナクレ紹介


















会場は当然にナクレです。













IMG_5093_convert_20191209142442.jpg

















先ずはオーナーシエフの緒方さんからの挨拶。


















IMG_5080_convert_20191209142025.jpg














そして熊谷達也から戦歴報告。






























そして乾杯!













今回の料理は緒方さんではなくスーシェフの方が作っているので、緒方さんも酒宴に参加します。






















そして凄い料理、料理!






















しかしながら、私は食べ慣れないので何が何という料理やらさっぱり・・・・















IMG_5082_convert_20191209142058.jpg














IMG_5083_convert_20191209142115.jpg















IMG_5084_convert_20191209142132.jpg

















IMG_5085_convert_20191209142147.jpg



















取り敢えず最初はこんな感じで。

















IMG_5081_convert_20191209142042.jpg

















そしてまた、料理、料理。


















IMG_5086_convert_20191209142218.jpg















IMG_5087_convert_20191209142307.jpg















IMG_5088_convert_20191209142323.jpg















IMG_5091_convert_20191209142410.jpg















IMG_5090_convert_20191209142356.jpg



















IMG_5089_convert_20191209142341.jpg








IMG_5092_convert_20191209142426.jpg



















どれもこれも最高に美味しくてお腹が一杯!





















来年はもっとメンバーとの交流を深め、ライダーとしては無理なのでサポートメンバーとしてチームに貢献したいと思います。































プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード