ホットサンドメーカー

私的にキャンプの定番料理は「 ホットサンド 」です。



























DSC_2268_convert_20171113085521.jpg






















DSC_2270_convert_20171113085534.jpg






















DSC_2272_convert_20171113085600.jpg















何も考えずに色々な食材を挟んで、ただ焼くだけなんですが、これがまた上手い。
























手軽で失敗がないし、野外で作ると美味さが増すような気がします。





























幼稚園と小学生低学年の頃、お袋がよく「 バウルー 」というおやつを作ってくれました。






















普段のおやつは、余りご飯を小麦粉?か何かで延して焼いて、砂糖醤油を付けて焼いた、「 おやき 」が多かったのですが、たまにパンにバナナやハムやチーズを挟んで焼いた、件の「 バウルー 」が出てきた。


























それは我が家の三人兄弟(姉、姉、私)にとって、とても嬉しいおやつでした。





























先日、実家に行ったときにそのことをお袋に話したら『 バウルーなら、まだ家にあるよ~ 』とのことなので、貰ってきました。
































これが、我が家でいうバウルーです。




















DSC_2390_convert_20171120192122.jpg



























DSC_2391_convert_20171120192137.jpg




























DSC_2392_convert_20171120192625.jpg




























シンプルなデザインですが、どこにもバウルーの刻印がない。
























いわゆる、このバウルー社の製品ではないですね。






























Screenshot_20171118-140354_convert_20171120192402.png


























我が家は北海道出身なんですが、北海道はその物類を製品名で呼ぶことが多いような気がします。




























絆創膏はどんな製品でも固有商品名の「 サビオ 」でしたしね。























当時はホットサンドが流行した頃で、その代表商品が「 バウルー 」だったんでしょう。



















だから北海道におけるホットサンドメーカーの呼称はバウルーで良いんです。
























なにせ約40年前の製品ですから、その分の経年劣化が激しいですね~。




























余り削りすぎないように程々にメンテナンスしました。
























DSC_2394_convert_20171120192203.jpg





















外側は当時の面影を消さないように程々に。




















DSC_2395_convert_20171120192216.jpg
























そして、コールマンのホットサンドメーカーと比べてみた。






















DSC_2396_convert_20171120192229.jpg

























コールマンは中に仕切りがあるダブル?で、我が家のはシングル?です。
























DSC_2397_convert_20171120192242.jpg


























DSC_2398_convert_20171120192256.jpg




























中に仕切りがない方が沢山に食材を挟めるような気がしますね。




























今度、バナナを挟んで懐かしいお袋のバウルーを作ってみたいと思います。



























@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
























この間、WILD-1に行ったら、我が家のバウルーに似た商品を発見しました!























DSC_2407_convert_20171120192311.jpg























ディテールや表面の模様の意匠がかなり似ていますね・・・

















DSC_2409_convert_20171120192326.jpg




















箱を見ると㈱ハイマウントという会社で作っているんですね。





















DSC_2410_convert_20171120192344.jpg

















価格も他のコールマンやチャムス、堀田サンド、バウルーと比べると半額の値段です。






















安くて良いね~、このバウルー。









































スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ツールド・いわき ~ 本編 ~

朝5:00に起床し身支度を整え、スタート地店である「 アクアマリンパーク 」に向かいます。















結構ぎりぎりとなりましたが無事整列。






















我らはロングコース120KMにエントリーしていて、番号の若い順からグループ毎に3分間隔でスタートします。





















我らチームは同じく300番前半でしたので一緒にスタートすることができました。











IMGP0941_convert_20171115151911.jpg


























IMGP0943_convert_20171115151924.jpg






















IMGP0944_convert_20171115151938.jpg



























IMGP0945_convert_20171115151951.jpg












当日はとても寒くて、私はどこぞのテロリストのよう格好になりました。
















IMGP0947_convert_20171115152004.jpg


























DSC_2301_convert_20171115090056.jpg




















ちなみにツールド・いわきの参加賞は赤かつ首上ものばかりで、今回のネックウオーマーもヘッドカバーもここの参加賞です(昨年度はキャップでした)。











寒い寒いと言いながらも30KM巡行で走り、あっと間に第一エイドの「やすらぎの杜 駐車場」に到着です。



























いつものライドでは私の役目は殿で、遅いメンバーを叱咤激励&脅しながら走るのですが今回はプロトンリーダーとなり、チームリーダーのNOBUさんと共にメンバーを曳きます。





























第一エイドにNOBUさん、スクラトゥーラ晃、チエレステ千葉が次々と入る。















IMGP0949_convert_20171115152019.jpg




























IMGP0950_convert_20171115152031.jpg


























IMGP0951_convert_20171115152137.jpg
















第一エイドのエイド食は遠野まんじゅう、田人まんじゅう、バナナ、しそ巻き、スポドリと豊富です。


















DSC_2302_convert_20171115090109.jpg








仲間たちもしばし休憩です。














DSC_2303_convert_20171115090122.jpg














このイベントでは、このような看板が至る所にありとても走りやすいです。














IMGP0955_convert_20171115152153.jpg












約20KM毎にエイドがありますので、ペース配分がし易いですね~
























昨晩は泥酔するほどは飲まなかったので、体調は十分です。


















一番若いスクラトゥーラ晃を従え、巡行速度35KMで第二エイドを目指します。











そしてハイペースで第二エイドの「 鶴の足湯 」に飛び込む。












DSC_2304_convert_20171115151221.jpg

















よくこのペースに着いて来れたね~
















DSC_2305_convert_20171115151237.jpg












ここのエイド食といえば、この大鍋で煮る「 かに汁 」です。











DSC_2308_convert_20171115151322.jpg
























DSC_2306_convert_20171115151252.jpg















DSC_2307_convert_20171115151307.jpg
















インスタやってないけど、インスタ映えしますね~






















ここではカニ汁、塩おにぎり、バナナ、しそ巻き、スポドリが供されます。








DSC_2310_convert_20171115151334.jpg











皆で味わう。












チェレステ千葉もご満悦です。



















DSC_2311_convert_20171115151348.jpg


























DSC_2312_convert_20171115151405.jpg











このようなサイクルイベントは交通ルール厳守なので、交差点ではこのように大渋滞です。













IMGP0956_convert_20171115152206_20171119184525183.jpg


















第三エイドの「 平中央公園 」に到着です。









DSC_2315_convert_20171115151448.jpg


















DSC_2317_convert_20171115151518.jpg

















チェレステ千葉も到着。







DSC_2316_convert_20171115151500.jpg
















DSC_2314_convert_20171115151434.jpg










私もまだこのいで立ち。














FB_IMG_1509866418865_convert_20171115151827.jpg











第三エイドではカジキメンチ、カジキスティック、カジキまん、カジキサブレ、バナナ、しそ巻き、スポドリとカジキ推しですね~











DSC_2313_convert_20171115151419.jpg












ここから皆無口で黙々と漕ぎ第四エイドの「 ワンダーファーム 」に到着。












DSC_2318_convert_20171115151533.jpg












第五エイドまではメインステージである山岳ステージへ投入!






















足を使いまくります。



























もう乳酸が溜まりまくります。






















そして第五エイドの「 サイクリング公園 」に到着です。










DSC_2322_convert_20171115151602.jpg












ここのエイドは「 うにおにぎり 」がお楽しみです。























昨年はギリギリのタイムでしたので、既にもう無かったです。
























今回はありがたく頂戴します。

















DSC_2320_convert_20171115151549.jpg
















ここからは海岸沿いで気持ちの良い風景が続きます。





















IMGP0959_convert_20171115152222.jpg
























IMGP0960_convert_20171115152239.jpg





























IMGP0961_convert_20171115152252.jpg










撮影スポットの塩屋崎灯台をバックに記念写真を撮ります。












IMGP0962_convert_20171115152304.jpg






















IMGP0963_convert_20171115152319.jpg
























FB_IMG_1509866336435_convert_20171115151735.jpg

























最後のエイドである、第六エイドの「 江名港 」に到着。








DSC_2326_convert_20171115151656.jpg





















DSC_2325_convert_20171115151643.jpg




























DSC_2324_convert_20171115151630.jpg





















しかし楽しみにしていた「 海星バーガー 」がもう無いとのこと。























毎回思いますが、参加人数が分かっていてるのに何で???
















ここは水だけを補給してゴールへ向かいます。













そして最後のおもてなしであるマリンタワー前の激坂を登ります。






















コーヒー屋も登り切りました。








IMGP0965_convert_20171115152350.jpg



















夕日をバックに皆で記念写真です。























IMGP0966_convert_20171115152403.jpg




















FB_IMG_1509866344605_convert_20171115151748.jpg









そして3:10に皆で横に並びゴールです。

























FB_IMG_1509866350721_convert_20171115151800.jpg






















つみれ汁で体を温めます。


















IMGP0973_convert_20171115152530.jpg


















そして本日特別に一般開放している完成前の「 小名浜マリンブリッジ 」へ登ります。















IMGP0969_convert_20171115152453.jpg
























IMGP0970_convert_20171115152509.jpg





























IMGP0968_convert_20171115152428.jpg





























FB_IMG_1509868162491_convert_20171115151854.jpg





















いや~、ここは素晴らしいですね~。
























完成したらこのように写真を撮ることは出来ないので、みなで記念写真です。



















FB_IMG_1509866356699_convert_20171115151814.jpg





























FB_IMG_1509868151141_convert_20171115151838.jpg
















今年もとても楽しいライドイベントでした。































来年も必ずエントリーします。
















IMGP0975_convert_20171115152545.jpg



































テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : ツールド・いわき2017 自転車

ツールドいわき2017 ~前泊編~

先日、11月5日(日)に福島県いわき市で『ツールドいわき』が行われましたので参加してきました。












私はお隣の宮城県仙台市に住んでいるのですが、スタートが7:20であるため、前泊することにしました。















宿泊場所に選んだのは「 エコホテルいわき湯本 」です。























DSC_2289_convert_20171115085716.jpg





























DSC_2290_convert_20171115085735.jpg





















雰囲気バッチリですが、お値段は素泊まり2,800円とプライスレス!



















DSC_2297_convert_20171115085915.jpg




























DSC_2298_convert_20171115090040.jpg



























そして案内された場所は40畳はあろう大部屋でして、これが我らの貸し切りでした。





















DSC_2288_convert_20171115090001.jpg






















素晴らしい!


















早速、皆で取り敢えずビールで乾杯です。























DSC_2291_convert_20171115090018.jpg

















ここは素泊まりなので、ビールのを飲みながら、どこへ夕飯を食べに行くか、と言うよりどこへ飲みに行くかを相談。



























すると、すぐ隣に焼き鳥屋さんがあるらしい。



















しかも食べログによると・・・・



『宿泊したホテルで家族連れやちょっとお食事したい人におすすめと紹介していて、焼き鳥が食べたくて家族で行きました。子供がいるのでお酒は頼まず飲み物はお水で焼き鳥とご飯を注文したら、うちは居酒屋だよ。居酒屋来て水はないでしょ!と聞こえるように言われました。しかも面と向かってではなく聞こえるように大きな声でラーメンやにいけばいいのにとまで言われました。たまたま他に子連れのお客さんが来てその人もお水を頼んだらうちと同じ事を言われてました。しかも男のくせに酒も飲めないのかみたいな事も言われてました。ただ焼き鳥食べたくて行っただけなのに何でそこまで言われなきゃいけないのでしょうか
…お酒飲まない客はお断りって貼り紙してれば最初から行かなかったのに。』



















と、めっちゃ評判が悪い。






















となると、がぜん楽しみになってきた。






















どれだけ接客が悪いのか、逆に楽しみになってきた!!




























全員一致で賛成し、ワクワクしながら繰り出します。


























その場所がここ「 やきとり ふくべ 」


































DSC_2292_convert_20171115085802.jpg




















お店の佇まいはGOODですね~























DSC_2293_convert_20171115085817.jpg
























お店に入ると、そこそこお客が入っています。






















まずは、全員ビール。
















焼き鳥を一人ひとり確認するのが面倒なので、フロア担当と思しきおばちゃんに『 焼き鳥をメニューの上から下まで各3本づつ下さい! 』とオーダー。





















おばちゃん『 タレ! 塩? 』と聞くので 『 お任せしますので、一番お勧めの焼き方で! 』と私。



















そうするとおばちゃんが、なにやらブツブツ・・・




























はは~ん、もしかするとこれか!






















取り敢えず焼き鳥が次々と。






























DSC_2295_convert_20171115085847.jpg































そしてビールやらハイボールやらを飲みたくなり、フロア担当おばちゃんを呼ぶと『 何?忙しんだけど!! 』と。

























あ、は~ん、これね!


























何やら楽しくなり、追加にサンマ刺しやイカ刺し、そしていわき市名物である目光の唐揚げを注文。













目光の唐揚げなんざあ『 全員分の本数入ってないよ!! 』とお怒り気味。


















DSC_2296_convert_20171115085901.jpg























でも焼き鳥を含め、料理はすべて美味い!





















最高です!






















で、お酒を更に飲みたくなり、フロア担当おばちゃんを呼ぶと返事すらせず、こちらを見もしなくなった。

























これは、楽しい!


























非常におちょくり甲斐がある。























我らはここで一計、紙にオーダーを書いておばちゃんに渡す。






















そうすると次々にお酒が出てくる出てくる。


















我らは大いに笑い、大いに飲みました。






















そして楽しみな会計。





















すっかり、おばちゃんをからかうのが楽しくなった私、『 おばちゃ~ん、会計したいんだけど、忙しそうだから、このまま帰っても良い?!  金貰う時ぐらいは愛想よくしなよ! 』と言ったら、飛んできました。



























会計はおひとり様、約6,000円と高いね~


















でも、おばちゃん最後に『 今日は忙しくてごめんなさい、また来てくださいと 』と固い笑顔で宣う。



























良いね、良いね~、こんな所は大好きです。
























今後もエコホテルいわき湯本を定宿にしますので、また来年きますね~



































いわき市湯本の夜は楽しい!











































遊びはダブルヘッダーで!

先日は息子と【earth camp in miyagi 2017】に行ってきました。















earth campは『蔵王連峰の北の麓の澄んだ空気、森の木々と渓流のせせらぎで自然とのつながり、自然を楽しみましょう。最高のロケーションの中で、自然を感じながらリラックスした時間を共に過ごししましょう。』という趣旨らしい。















コンテンツもLiveやオーガニックマーケット、ヴィーガンスイーツやワークショップ(ヨガ、ハンゴウ&羽釜炊きご飯、瓢箪でものつくり、ロケットストーブつくり と盛りだくさんの内容です。
























そして会場はオーナーが友人の「るぽぽの森」であれば行かなければならないでしょう~


















DSC_2247_convert_20171113085134.jpg










当日は快晴で、渓流の流れも澄みやかです。














DSC_2248_convert_20171113085149.jpg


















DSC_2250_convert_20171113085201.jpg

















初夏に息子と一緒にここで隅々までシュノーケリングをしましたが、20~25Cm程度の岩魚が沢山泳いでいました。

























最初に食いついたのは「ロケットストーブ」のワークショップでした。

















DSC_2255_convert_20171113085258.jpg




















オイル缶を使っているのに作成料は6,000円と少しお高めです。
























聞いてみたら、五徳が自作らしくそれにお金が掛かるとのことでしたので、仕方がないですね~。



























完成品のみ安く売ってくれたら即買いなのにな・・・。






















DSC_2256_convert_20171113085314.jpg


























DSC_2252_convert_20171113085226.jpg



















次に息子は釘打ちに釘付けです。















DSC_2253_convert_20171113085239.jpg















やはり男子ですね~。



































ただ単に釘を打つだけですが、すごく楽しそうです。簡単な道具を100金で揃えてあげようかな~。


























息子は楽しそうにあれこれ散策です。


















DSC_2251_convert_20171113085214.jpg




















DSC_2259_convert_20171113085339.jpg






















DSC_2260_convert_20171113085351.jpg























DSC_2257_convert_20171113085326.jpg



















アウトドアイベントなので、私もあちらこちらで友人や知人と会いました。


























夕方からは、エコキャンプみちのくに移動しました。

























DSC_2262_convert_20171113085416.jpg
























DSC_2263_convert_20171113085430.jpg













夜からキャンパーの皆さまに対し「夜祭り」をしますので、我ら親子はその運営ボランティアです。






















まあ、まずは腹ごしらえですね。































DSC_2265_convert_20171113085441.jpg




















定番のホットサンドをセレクト。

















あの雑誌の付録を試してみたかったのも理由ですかね~




























DSC_2271_convert_20171113085546.jpg

















DSC_2268_convert_20171113085521.jpg

























DSC_2270_convert_20171113085534.jpg
























息子は、全身全霊でふざけてますね~。




























DSC_2266_convert_20171113085456.jpg




















DSC_2267_convert_20171113085510.jpg






















子供はそうでなければね~



























さあ、食べたらボランティアに行くよ。

























DSC_2272_convert_20171113085600.jpg





























DSC_2274_convert_20171113085612.jpg

















我らの指名はアトラクションの運営ですが、息子の役目はやって見せることです。

























これはビー玉ダーツで、ビー玉をペットボトルの飲み口部分に入れる遊びで、5玉中、3玉入ったらコテージ券のプレゼントです。
























DSC_2280_convert_20171113085625.jpg












これには大人も子供も真剣でした。

























そして夜祭の二時間はあっという間に過ぎました。
















これからは夜食です。
























夜食は本物のお蕎麦屋さんが、我々スタッフのためだけに、お蕎麦を作ってくれました。
























DSC_2281_convert_20171113085637.jpg















DSC_2282_convert_20171113085649.jpg



























DSC_2283_convert_20171113085701.jpg






























DSC_2285_convert_20171113085713.jpg


























息子は、お手伝料としてキャンプ場からお菓子セットと大きなスーパーボール、私からは1,000円を貰い上機嫌でした。






























朝から遊んでいたので、帰りの車では熟睡のようでした。

























さあ、来週は何をして遊ぼうか!





















































全日本大学女子駅伝(杜の都駅伝)2017

10月29日(日)は仙台市を舞台に繰り広げる、「第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会」(杜の都駅伝)でした。























DSC_2238_convert_20171030135244.jpg

























コースは仙台市陸上競技場から仙台市役所前市民広場までの6区間、38.0キロコースで、全国26チームが日本一の座をかけて熱戦を繰り広げます。


























今回の見どころは、前回大会で悲願の初優勝を飾った松山大学に、前人未到の6連覇を阻まれた立命館大学がリベンジを果たすのかどのなのかです。







シードの八校は去年の着位順に



ナンバー 1  松山大学  10年連続10回目

ナンバー2  立命館大学  28年連続28回目

ナンバー 3  名城大学    19年連続19回目

ナンバー4  京都産業大学  24年連続24回目   

ナンバー5  大東文化大学  7年連続7回目  

ナンバー 6  大阪学院大学  9年連続24回目

ナンバー7  日本体育大学  6年連続29回目

ナンバー8  東洋大学  5年連続5回目









我が家は3区と4区のコース上にあるので二回見ることが出来ます。





















どのくらい近いかというと、自宅玄関前から見えるあの橋が4区のコース上です。






























DSC_2224_convert_20171030135021.jpg

























だから3区の4KM地点までは自宅をTVを見ています。














DSC_2222_convert_20171030135003.jpg



















そろそろかな~、というとこで家を出る。
























当家は以前より大東文化大学を応援しています。























DSC_2225_convert_20171030135036.jpg



























1区で昨年優勝の松山大学が大きく出遅れ、3区では名城大学と立命館のデットヒートでした。































ここは3区のコース上。



























DSC_2227_convert_20171030135052.jpg




























DSC_2228_convert_20171030135107.jpg























DSC_2229_convert_20171030135134.jpg
































先頭集団は勿論ですが、地元の東北福祉大学や東北学連選抜のランナーにも熱い声援が沸き上がります。






































3区で最後のランナーを見送ったら徒歩5分の4区へ移動します。

























DSC_2233_convert_20171030135150.jpg




























雨にも関わらず沿道からは熱い声援が飛びます!





























DSC_2236_convert_20171030135210.jpg


























DSC_2237_convert_20171030135225.jpg























その後に自宅に戻りTV観戦。


























我が家が応援する大東文化大学は5区で、ごぼう抜きを達成し、名城大学に続き二位でゴールです。






























この中から間違いなく東京オリンピックにでる選手が輩出されるでしよね!






























これからも目が離せません。










































tag : 第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会

プロフィール

晴釣雨読

Author:晴釣雨読
宮城県在住、3児の父親やってます。アウトドア全般と晩酌をこよなく愛する、いたって普通のサラリーマンのブログです!

フリーエリア
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード